So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ETの足跡 ブログトップ

◆Another door way [ETの足跡]

Cascade Mountainで、

愛犬のSuzyを何らかのテクノロジーで消され、

恐れおののきながらも、

無我夢中で相手を棒で殴りつけたJonathan Reed。



我に返り、かろうじて、途中から対象を撮影した

Jonathan Reed は、

Alian Creatureをシートにくるみ車に乗せた。



学者としての彼は、

Alian Creatureを貴重な対象として

保存したいという思いが働いたに違いない。



家に着いた Jonathan Reed は、

そのAlian Creature が

腐敗しないよう、車庫の冷凍庫に入れたという。

その時点で、Jonathan Reed は、

Alian Creature はもう助からないと思ったに違いない。



が、その後、様子を見ようと車庫の冷凍庫の扉を開けてみると、

死んでいると思っていたAlian Creatureの姿が消えていた。



だが、その直後から、

政府関係者を名乗る黒服の男たちが現れるようになったという。



その後、
彼の泊まったホテルが火災に見舞われたり・・

命が狙われるようになったが、

Dr. Steven Greerのケースのように、

Jonathan Reedは、

今日まで生き延びることが出来ている。



そして何より驚くことに、

あのAlian Creatureは生きていて、

今日でも、

Jonathan Reedとの間での交流が続いているという。



あの体験を通して、

いつしか、互いを尊敬するようになっていった・・



今日、この地球上には、さまざまな種と

特異な交流を持っている人が実在している

・・・

世界の向こう

Sponsored Links





タグ:ETとの遭遇
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

◆No one knows where・・ [ETの足跡]

No one knows where they are from

河童はどこから来たの?

聖徳太子って、本当は誰で、どこから来たの?

法隆寺の、さむらい像は、誰なの?

神武天皇はどこから来たの?

クリーンエネルギーの研究者・I.Oさんが、
あの世界をこれ以上公開しないよう止めたのは、
誰?

甲府に空飛ぶマシンで42年前に現れたのは誰で、
どこから来たの?

世界の向こう


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

!(^^)!北海道の蟹!  ぶんげいとしかく




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

◆Radioactivity [ETの足跡]

1972年、高知市介良(けら)に現れた超小型UFO。中学生らが何度も捕獲し、そのたびに消え失せたというあの事件もリアルだが、


1975年2月23日夕方、甲府市小瀬町に現れたETはもっと現実味を帯びている。それにしても、42年も前のこと。


夕方6時半頃、山梨県甲府市小瀬町の小学2年生のKとY君が上空に2機のオレンジに光るUFOを目撃した。
接近するUFOから逃げたが、別の1機が葡萄畑に着陸し、降りてきたETと遭遇することになった。


別の場所では、保険の集金に向かう車の前に立ちはだかり、フロントガラスに4本指の手を当てた。130センチほどで、亀のようだった、と。遭遇した女性。


葡萄畑に着陸した円盤型の空飛ぶマシンは多くの住人に目撃されていた。

現場から放射能も検知された。


しかし、この事件にしても、ニュースを知らない人が聞けば、作り話と思う人もいるだろう。


だが、今日、日本中で様々な空飛ぶ乗り物が目撃され、アブダクトされた体験を告白する人も出ている。


それでもまだ、公式発表されない今日の状況がある。


ETにもさまざまな種がいて、UFOといっても、さまざまな空飛ぶ乗り物がある。



彼らの乗り物で、彼らの星に行ってきた日本人。もはや、未確認ではなく世界中で十分確認されているが、それでも嘘だと思っている人もいるだろう。


初めてETのどれかの種に遭遇した場合、やはり、怯える人が多いのではないだろうか。
Oh 神と呼ばれてきたおそるべきETの種。耳を傾ける時かもしれない。

世界の向こう
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

!(^^)!北海道の蟹!  ぶんげいとしかく


スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆Thyself is thy Foe. [ETの足跡]

aisatu.JPG

紀元前、はるか昔に地球を訪れたETは、

壁画の形でも証拠を残していった。



痕跡にしても、人を指導しての場合と、

彼らが直接残していったケースがある。



ナスカのラインや地上絵のように、

目的地への空路を残していった場合があるが、

それにしても、上空から見る機会がない人間には

理解しがたい。



上空から俯瞰すればそれと分かっても、

地上を歩き回っている人間には把握できない。



ETにも種類があり、

人間とETの種との間には非常に開きがあるが、

彼ら同士の間にも、

それぞれ開きがある。



今日では、

ナスカのラインなど関係なく、

いとも簡単に地球の目的地に行くことが出来る

テクノロジーを持ったETの種が地球を訪れている。


それにしても、太陽系の惑星一つとってみても、
彼らのことは一般人には知らされないまま、
むかしの学説を押し通していることが多い。

それを分かっている範囲で知らされても
驚嘆すると思われるが、
それすらも曖昧にされている。

一度きりの人生だとしたら、
何も知らずにこの地上から消えてゆき、
その人が存在したことすら忘れ去られるのだ。

キャプチャ.JPG
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ぶんげいとしかく ♪女子の乳酸菌サプリ やくだつ市場
タグ:ETの実在
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ETの足跡 ブログトップ