So-net無料ブログ作成

◆桜、さくら コブクロ、森山直太郎の歌 [エッセイ]

まだ寒い日がつづいていますが、もうしばらくすると、あの

桜の花の季節がやってきますね。

桜といえば思い出すのが、郷里の坪庭にあった桜の木。

シーズンになると、坪庭の中では一番の若木でしたが、道との境の垣根に咲く、あの若やいだ華やかな桜の花を思い出します。見る者の心を躍らせるあの美しさは、怪しささえも含んでいます。

しかし、その桜の若木も、ある日切られてしまいました。
その当時、兄、そして父とつづいて病気で入院したからです。

家の庭に桜の木があると不幸が起きる、という理由だったようです。
どうしてか。切られてしまった後に郷里に帰った時に聞いてみたのですが、返事は返ってきませんでした。

あまりにも華やかな桜の花に負けてしまうからだろうか、と勝手に結論づけていましたが、今思うと、パッと咲いてすぐに散ってしまう、儚い命だからだろうか。そしてまた、しかし、翌年また咲くではないか、終りではない、などと思い返すのです。

やはり、あの華やかさ艶やかさに負けてしまうから・・とまた。

ところで、桜といえば、私は、

森山直太郎の「さくら」、そして、コブクロの「桜」もとても好きです。

「今なら言えるだろうか、いつわりのないことば・・」

コブクロの「太陽と月のように・・春の風を浴びて・・桜の花びら散るたびに・・」

何度聴いても感じるところがあり、涙が溢れてきます。

近所の桜の古木も、もうしっかりと蕾をもっていて、開花の時を待っています。



   


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◆文芸(のあいちいHP)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0