So-net無料ブログ作成

◆ダ・ヴィンチ・コード [BOOK]

『ダ・ヴィンチ・コード』

The Da Vinci Code



ダン・ブラウンの長編推理小説

アメリカで2003年に出版され、44言語に翻訳され7000万部の大ベストセラーとなった本。

推理小説と言いながら、事実に基づいていると述べた著者。

以来、多くの研究者による論争が行われるようになった。

Leonardo da Vinci (レオナルド・ダ・ヴィンチ)の、

ウィトルウィウス的人体図,岩窟の聖母マリア,モナ・リザ,最後の晩餐、など、

レオナルド・ダ・ヴィンチ作品の謎に始まり、多くの流説を結びつけた。

世界的大ヒットを記録。

44言語に翻訳され7000万部の大ベストセラーとなった。


『最後の晩餐』に秘められた謎とは、何だったのか。

イエスの隣りにいるのは、使徒ヨハネなのかマグダラのマリアなのか?

マグダラのマリアは娼婦ではなかった! 

イエス・キリストの妻で、子供を宿しキリストの死後フランスへ逃れた。

バチカンには、その秘密文書が保管されているのか・・


医療機関と医師 ただよう愛



タグ:最後の晩餐
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

『潮騒』の島 [BOOK]

『潮騒』

定期便に揺られ東京から5時間半。神島は、三島由紀夫の『潮騒』の舞台になったところだと讀賣新聞「本よみうり堂」で知った。恋人たち誘う温かい島、だと。
小説では、「歌島」とされている、と。
互いに引かれ合う漁師の若者・新治と海女の少女・初江。一度は父親に仲を引き裂かれるが、新治はライバルと共に乗り込んだ船で手柄をたて、初江と結ばれる。
1953年。小説の取材のため神島を訪れ、漁協組合長宅に約一ヶ月にわたって滞在したという。
「僕はお客さんじゃないんだから、下で皆さんと一緒に食事します」
そういって、漁協組合長宅の一階の板の間で家族と共に食卓を囲んだという。



--------------------------------------------------

☆【文芸と資格】: ☆作家の街:桜色の部屋

--------------------------------------------------

★『消えた高校生』 ★白鷺の飛翔(性がテーマ)

--------------------------------------------------




☆『どくとるマンボウ回想記』 [BOOK]

北杜夫さんが、
☆『どくとるマンボウ回想記』(日本経済新聞出版社)を
出したとのこと。
斉藤茂吉の息子で、作家・精神科医。
なんと、1927年生まれ。年齢でエネルギーが減ったのか、

かつての躁鬱病にもならなくなったとか。好々爺ですね。

どくとるマンボウ回想記

☆文芸と資格:私のメインのHPです。たのしくお得な情報も載せています 。 music 5曲流しています。いろんなページへ散歩してみてください!
☆【のあいちい】のHP


★『教室の悪魔』 [BOOK]

☆東京都児童相談センター・山脇 由貴子著 緊急出版されました! 

★『教室の悪魔』(ポプラ社・山脇 由貴子著)  子どもたちの国に悪魔が来ている・・心理カウンセラーの 山脇由紀子氏が、この作品で、「いじめ」の仕組みを解き明かしました!・・いじめている子も突然立場が逆転して「いじめターゲット」に されることを知っている・・

☆B&S【文芸と資格】:

☆私の次のブログ・「しみるブロ」も覗いてみてください。☆しみるブロ:

☆キッチン用品お買い物案内:

教室の悪魔 見えない「いじめ」を解決するために

教室の悪魔 見えない「いじめ」を解決するために

  • 作者: 山脇 由貴子
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2006/12/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


☆お問合せより [BOOK]

月の砂漠の歌 (1983年)
説明
創林社
乃阿 一葦(のあ いちい)

※上記作品は、過去にラジオでも放送されたものですが、出版社閉鎖に伴い絶版となりました。悪しからず。国立国会図書館始め、各地の図書館検索をしますと、どこにあるかが判明します。

☆「しみるブロ」:
(私のブログの中では、画面が一番美しいものです。クリスマスにちなんだ画像です。覗いてみてくださいね)

白鷺の飛翔

白鷺の飛翔

  • 作者: のあ いちい
  • 出版社/メーカー: 新風舎
  • 発売日: 2003/07
  • メディア: 単行本


★性についての本です。 [BOOK]

ー『白鷺の飛翔』(新風舎\1,260)ー
☆性の問題とは、インターセックスの女性と性同一性障害の人との出会いによりストーリーが展開します。読み直していて泪が止まらない作品です。読売新聞(ハマの本棚)ほか、で大きく取り上げれた作品です。  

*「のあ いちい」のHP: