So-net無料ブログ作成
検索選択
エッセイ ブログトップ
前の30件 | -

◆夢の世界に現れる人々 [エッセイ]

夢の世界に現れる人々


齢をとって、夜の眠りが持続せず、浅くなってきたことで、

とてもよく夢をみます。


そして、目覚めた後、その内容をしっかり記憶しているのです。


6月に亡くなった姉が、8月のお盆前に現れ、

他人では分からない内容のことを話して消えていきました。

上下とも真っ白ではなかったけれど、白に近い服装で、

画いてみてと言われれば、ほぼできます。


諏訪郡に生まれた私は、
先祖に巫女がいたのではないかと思い始めています。


応神天皇の時代あたりから、

古代イスラエル人がタイリョウにやってきて、

諏訪大社の村が数多くあったことが分かったからです。


むかしの諏訪の地の土着信仰は「ミシャグチ神」

ー諏訪大社の祭政体はミシャグチ神という樹や笹や石や生神・大祝に降りてくる精霊だったー

「ミシャグチ神」とは、ヘブライ語で「イサクの犠牲」という意味だということは以前ふれました。


古代イスラエルと当時のこの国との習合ですね。この国の人々は、神仏のようなものは、多くあればご利益も増えるのではと、ミックスするのが得意ですが、それは逆かも。


頭首・真幸さんの孫の守矢早苗さんは、七十八代目です。

一代30年としても、2000年を超えますね。

諏訪大社がいかに古いか。豪族・物部守屋の名を聞いたことがありますか?

聖徳太子が捏造された人物でも、「厩戸皇子(うまやどのみこ)」は実在したと言われていますね。


夢の世界に現れる人物は、あちらから望んでやってくるのか、夢をみる本人の願望なのか、

この実体も現段階では曖昧ですね。


死後の世界の解明、次元の解明。

地球外の宇宙人は別ですが、一般的地球人には分かっていないと思います。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆コオロギ鳴いて少し涼しく秋の匂い [エッセイ]

朝晩、ようやく少し涼しくなり、コオロギの鳴き声も響き渡っていますね。

夕方散歩しているワンちゃんたちの足取りにも余裕が感じられます。


少し前まで、歩道を歩くワンちゃんたち、

大きく口を開け、

ハアハア、とつらそうでした。

アスファルトの歩道。

陽が出ていると、
足裏がとても熱く、
大変そうでしたね。

ほんとうに、直ですし、
人のように皮膚で涼しくできないから、
口を開け舌をだしハアハア・・

熱中症寸前にも思え、見ていて可愛そうでしたね。


やっと、少し安心して見られます。


今日の夕方のウォーキング。

私の方も、久しぶりに、夏前の長いコースを歩けました。


出会ったワンちゃんたちも、
うれしそうでしたね!


今日出会ったワンちゃんたちは、小型犬が多かったですが、
みな、安心して見送ることが出来ました。

速読できたら・・キャンペーン




タグ:コオロギ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

◆断捨離、時代は変わった! [エッセイ]

断捨離という言葉が流行るようになり、今では日常語になって居ますが、

私も、ここ1年半ほどで、家財を半分に減らしました。


大地震が来ても倒れてくるものを出来るだけ減らしておこうと、
大きく背の高い本箱を解体し、ガラス戸があるタテに細長いて食器棚、古くなった箪笥、本箱、ステレオアンプなど、
みな粗大ゴミとしてお金を払って処分しました。


また読んだもの、一度も読まずに積んでおいた本の類。数百冊。古すぎて、1円にもならないものが多く、資源ごみの曜日に仕分けして出し続けましたね。


階段の上り下りがつづいたので、ここ数年痛み始めていた膝に水がたまり、クリニックにも行ったのですが、

変形性膝関節症ですね。


4か月して、水は半分ほど引いて行きました。その間、ストレッチやウォーキングも続けていましたよ。

処方して貰った薬は、経皮鎮痛消炎剤のみで、サポーターはドラッグストアで買いましたが、膝裏に水がたまってからは、使用を止めました。



ということで、

断捨離

関連の記事は読むようにしていました。

そこで目に留まったのは、

川崎市の女性が、思い切って自宅を処分した、という記事です。

空き家が社会問題になっている昨今。

息子たちが実家に住むことはもうないと判断し、決行した、と。

 「身の回りの物や古い家具はバザー、廃品回収、粗大ゴミなどに分けて断捨離」し、本当にすっきりしたとのこと。

現在は、1人用の賃貸住宅で年金や預貯金をやりくりして快適に暮らしているとのこと。

「子育てのため家を購入した多くの人は、家の始末に頭を抱えているのではないでしょうか」と。

 

こうした問題は、地方の方がさらに大変になっていると思いますね。


私の郷里の生家も、大きな旧家を解体するために兄夫婦が老体にムチ打って働き、息子夫婦が兄夫婦が亡き後に処分するための費用を貯めているのです。息子の家族は、近くにローンで家を建てて暮らしていますから。みなその支払いのために働いているわけです。


その小さな村地域でも、20とか30の空き家が出来ていると。

後継ぎがいない。子供がいても都会で暮らしていたり、子どもがいなかったりで、無縁者が増えている。


と書きましたが、私の子供の頃にになりましたが、その頃は、小さくても、魚屋さん、雑貨店、など最小限、暮らしに必要な物は入手できたのです。今では、車でだいぶ行かないと、商店が一つもありません。


ただよう愛


タグ:ダンシャリ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

◆「かごめかごめ」から日本を思うー諏訪大社のある地に生まれて [エッセイ]

かごめかごめ

「かごめかごめ」「とおりゃんせ」「花いちもんめ」など近所の子供たちと歌って遊んだのは、

小学校の低学年までだったでしょうか?



その当時、都市伝説、などという言葉は流行っていませんでしたね。

素朴な田舎の童でした。



たとえば、

「かごめかごめ」



童謡と言われれば、当時疑うほどの知恵もありませんでした。

意味は分からなかったけど、



ちょっと不思議な感じが遠くの方でありました。

ことばで表現できないほどの。



かごめかごめ


かごめ かごめ
かごのなかのとりは
いついつでやる
よあけのばんに
つるとかめがすべった
うしろのしょうめんだーれ



上記のようでした。

これって、地方によって歌詞が異なるのですね。



「花いちもんめ」


「勝ーって嬉しい花いちもんめ」
「負けーて悔しい花いちもんめ」
「どの子がほしい?」
「相談しーましょっ」
「そうしましょっ」

ー相談がはいってー

『きーまったっ』
「○○ちゃんがほーしいっ」
「××ちゃんがほーしいっ」
ー○ちゃんと×ちゃんが出てきてー
『ジャーンケーン ポン』
勝ったほうの子が負けた子をつれて自分達のチームにいれる。



上記のようでした。



昨今、知らずにうたっていたこれらの歌の背景に、

複雑な日本の歴史を思うようになりました。



そして、

われわれが知っていることは、ほんの一部なんだ、

日本史、世界史、地球史、宇宙史(人の体を作っている物質は宇宙の中の1%だと・・)、



ああ、ほんのわずかしか知らないまま、土にかえってしまうんだ、と。

(諏訪大社のある地に生まれて、ルーツを想う)


最初から読む「ただよう愛」


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆線香花火 [エッセイ]

湖上を彩る4万発の花火 諏訪湖の花火、最大のイベント


が、今年もやってきましたが、

http://www.suwako-hanabi.com/



年齢とともに、
残すものを選ぶ

という人生の処理試行に変わってきました。

断捨離と一般には言われますが、自らにとって一番大切なものから、
優先順位で残していく、理想の形ですね。

今年は、6月6日に一回り年長の姉が旅立ちました。
実母は、私が5歳の時に眼前で脳卒中で倒れ、臥したきりの植物状態に陥り、私が8歳の時に他界しました。

姉は早めの結婚で、実母が亡くなってまもなく結婚で家からいなくなりましたから、
私にとって母に代わる存在もなくなってしまいました。

盆がやってきて、
姉が夢に現れました。

姉との思い出に、
線香花火があります。

私がいくつの時だったかはっきりしませんが、
嫁いだ姉がお盆に帰ってきて、
生家の庭でいっしょに花火をやりました。

そのときは線香花火だけでした。
花火の細い火花が静かに辺りを明るくしていきました。
マッチ棒の先より少しだけ大きい球形の火の塊が残り、

ポツン、と地面に落ちました。

あの静けさの感動は、何にたとえたらいいのか。

魂の息づかい

長いようで短い、
人の一生を思います

最初から読む「ただよう愛」




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆黒ちゃん、いるかな? [エッセイ]

黒ちゃん、というのは、新横浜駅前公園の川の土手にいるノラちゃん。
まん丸の目が金色に輝き、ニャン、と短くなくネコちゃん。


梅雨の合間の晴れ模様。
デジカメ持参で、いつものウォーキングコースへ。

しかし、
お目当ての黒ちゃんはどこかへ雲隠れ。

それで、次の一枚。

IMG_0192.JPG
中央に横たわっているところ分かりますか?

エイズ(猫エイズ=FIV)に感染していると獣医さんから言われているネコちゃんは、

鳥山川の土手で日向ぼっこしていました。

数回呼ぶと顔を上げますが、こちらへ上がってくる元気がありません。

動作もとてもスローで、いつも疲れた感じですね。
餌やりのおばちゃんが来た時だけ、ゆっくりと餌へ向かいます。
猫のエイズは喧嘩によるもの、セックス、なめる、などの行為で感染するとのこと。
人と猫の間では感染しないそうです。


それから、すぐそばの日産スタジアム(元横浜国際競技場)へ行きました。

スタジアムには、東西南北のゲートがありますが、

IMG_0194.JPG
西口ゲートです。


そして、ゲートの前で3匹のワンちゃんを並ばせて写真を撮ろうとしているお姉さん。
承諾を得てから、一枚撮らせてもらいました。

IMG_0195.JPG


下の画像は、北口ゲートの下から撮りました。

IMG_0193.JPG


さらに、

新横浜公園内の花壇から2枚。

IMG_0196.JPG

IMG_0197.JPG

お目当ての黒ちゃんは撮れなかったけど、晴れて良かったです!
なお、このネコちゃん関連のブログは、

猫の部屋




タグ:ネコと人
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆オオヨシキリに魅せられて [エッセイ]

新横浜公園、



芝生と新緑が心を和ませてくれるいつもの散歩コース



鶴見川の遊水地を利用しての横浜市で一番ひろ~い散歩コース。



園内にひかれた水辺に葦や樹木が茂っている辺り、



あちこちで呼び合うように鳴く抑揚のある複雑な小鳥の鳴き声。



数日前はウシガエルの低い地響きのような鳴き声が響いていましたが、



今日は、この声がひときわ大きく響き渡っていました。

梅雨入りとはいえ、晴れ渡った青空。

ほどよい風が頬を撫でてくれます。





姿が見えないので、声のする辺りをあちこち歩き回り、

小さなその姿を見ることが出来ましたが、名前が不明。



ネット上でずいぶん探しました!

この鳥の名前。小さいので、視力の衰えた私には、姿で見分けることは無理でした。

それで、鳴き声で探し当てました!



オオヨシキリでした!



オオヨシキリ:

http://www.youtube.com/watch?v=SSQud-bNOv0



ウシガエルの鳴き声:

http://www.youtube.com/watch?v=EIFq8I7UHIU



どちらも不思議・・





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

◆司馬遼太郎著 「オランダ紀行」 [エッセイ]

本集め、積んどいて部屋が狭くなり本は古くなって捨てるだけでは、
もったいないと思い、

ブログ小説「ただよう愛」を書くのと同じくらいゆっくりペースですが、

「オランダ紀行」(司馬遼太郎著)を読み始めました。

「本と旅の世界」も比較的長いこと続けていましたが、昨年の猛暑で体調を崩してから止めました。


さすがに、齢を取るとともに、親せきでも他界する人が多く、世代交代を実感しています。


ついこの間会った人が次々と居なくなって、さみしいかぎりです。誰でも経験することとは言え。




眼と頭、頸椎を痛めるので、ブログも三分の一に減らしました。



ということで、司馬遼太郎さんがご健在のときにはまったく読む気が起こらなかった著書を読み始めました。



読者が読みやすくまたひきつける工夫もよくされているな、と思いつつ読み進めています。そうでなければ、冒頭で投げ出してしまうことも多い読書のこと。今の私の状態では尚更です。それが、小さい文字を追いつつもゆっくりでもいいから読み続けようと思うのですから。

勝海舟や福沢諭吉が、咸臨丸でアメリカ西海岸にたどり着いた万延元年の春のこと、からオランダ紀行は始まります。
佐久間象山、そして、医者・杉田玄白や前野良沢が出てきます。

読んでいて、ほんとうに良く勉強していて、さらに読者の興味を引くように綴っているな、と思いつつ読み進めています。




街道をゆく 35 オランダ紀行 朝日文庫 / 司馬遼太郎 シバリョウタロウ 【文庫】





☆司馬遼太郎 小説家、ノンフィクション作家、評論家
1923年(大正12年)8月7日~1996年(平成8年)2月12日)
大阪市生まれ
『梟の城』で直木賞受賞
『竜馬がゆく』『燃えよ剣』『国盗り物語』『坂の上の雲』ほか

◎受賞歴
直木三十五賞(1960年)、菊池寛賞(1966年)、毎日芸術賞(1968年)、吉川英治文学賞(1970年)、日本芸術院賞・恩賜賞(1976年)、読売文学賞(1982年・1987年)、朝日賞(1983年)、日本文学大賞(1984年)、大佛次郎賞(1988年)、文化勲章(1993年)



ただよう愛





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

◆白ちゃんとカラス [エッセイ]

今日も白ちゃんに会ってきました。

先に行った老夫婦が、白ちゃんたちに、
キャットフードの粒をたくさんあげていました。

私は、
「食べる小魚」をドラッグストアで買っていきました。

ところが、キャットフードの粒の方が、猫好みにこしらえてあるようで、
白ちゃんと、もう一匹白いネコがいたのですが、「食べる小魚」には目もくれません。

とにかく元気でいるので安心です。
呼ぶと側に来るのですが、
もうだいぶノラちゃんの身分に慣れてきたようで、

スルッと方向転換していきます。
寒いのにも慣れ、強いノラちゃんになりつつあるようです。

動物愛護法で訴えた人が居たようで、
「猫に餌をあげないでください。ご近所の方が迷惑しています」

という看板が減り、

「カラスやハトに餌をあげないでください」というのに替わりました。

でもまだありますが。

カラスやハトはもともと野生の生き物で、遠くまで飛んで行って餌を探せますからね。

飼われていたネコが捨てられるのはかわいそうですね。
公園内には、人が餌をあげなければ食べ物はほとんどありませんし、
周囲はビルが多いですから。

私は、その先の、スタジアムのある新横浜公園をウォーキングして、
帰りにもう一度、「食べる小魚」を置いた場所へ立ち寄ってみました。

キャットフードの粒も、「食べる小魚」もひとつ残らず消えていました。
食べたのは、カラスかネコかは分かりませんが。

ノラちゃんも6、7匹は居ますから。
カラスはいつも食べ残しを狙っていますしね。

やくだつ市場




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

◆年の瀬にこんな所へ [エッセイ]

いつもウォーキングで行く新横浜駅前公園。

昨年の暮れに、新顔の白いネコちゃんを見かけ、気になっていました。

年が明け、そのネコちゃんに今日も会いました。

前回は、お腹が空いていたのか、寒くて反応する元気もなかったのか。

今日は日が当たり、石段の所でそのネコちゃんを見かけ、声をかけ頭や首を撫でてあげました。

ベンチの方に向かって歩きながら、

「白ちゃんおいで」と呼ぶと後を追ってきました。小さい子猫ではありませんが、まだ子供のネコであることが身体から分かります。

それまでは、家で人の膝に乗ってかわいがられていたと思われます。

私がベンチに腰掛けると、膝の上に上がってきて前足を折るあのスタイルで尻尾もくるりと身体に巻いて座ったのです。

野良猫だと追い払ったり蹴飛ばしたりする人もいますから、周囲を気にしますが、
白ちゃんは、私を大丈夫な人と判断したのでしょう。
ネコの体温が私の膝に伝わってきました。
安心して目をつぶっています。

昨年の捨てられる前までは、そのようにかわいがられていたのでしょう。

私は30分ほどそうしておいてやりました。
犬の散歩、ウォーキング、自転車で通り過ぎる人。
みな、ちらりと私の膝で眠るネコを見て通り過ぎて行きます。

私は白ちゃんを連れて帰って飼える状況ではありません。

少しの間だけでも、安らぎを与えてあげたいと思ったのです。
飼いネコからノラちゃんにさせられ、不安で寒い日々を送っているに違いありません。

その公園にいるほかのノラちゃんたちは、すでにみな成猫の顔をしていますが、
この子はまだ違うのです。

「白ちゃん、また来るからね」

私がそういうと、白ちゃんは私の膝から下りてベンチにうずくまりました。
ちゃんと分かっているんだ。

暖かくなるまで元気でいるんだよ。
ベンチから下りない白ちゃんを、私は何度も振り返って見つめました。

猫の部屋



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

◆目に見えない世界 [エッセイ]

今日はこちらは日中晴れて陽射しが暖かかったことで、



横浜市で一番広い新横浜公園のベンチで、



『星の王子さま』 サン=テグジュペリ著をゆっくりと読み終えました。



以前パラパラ見た時とはだいぶ印象が異なりました。



大人になると、多くの人は自らが子供だったときのことを忘れてしまうのですね。

風が吹いても気持ちが変わったり、小さな虫を見ても、花を見ても、木の梢に目をやっても、

雪が降っても、初めて会った大人のひと・・



と、ほんとうに驚きに満ちてドキドキ、ワクワク、あるいは怖がったり・・




フランス人のパイロットだった彼が、このような大人の童話、しかも子供が読める作品を書いたことは驚くべきことですね。これほど世界の大人と子どもに読まれてきた本も少ないですね。



大切なこと

それは、

目に見えないもの


ただよう愛



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

◆星の王子さま [エッセイ]

「星の王子さま」って・・
サン=テグジュペリというと、 「星の王子さま」の作者として知られていますが、



彼は、この作品を書かなければ、世界中の人に知られることはなかったでしょうね。



今日、病院の待合室で、バッグに入れて行った「星の王子さま」を読み始めました。



過去に、手元にあることを忘れ、2冊買い、1冊は春にブックオフへ。

それは、積読本が多すぎて、見つからず、買ったためですが。



それにしても、フランス人のパイロットだった彼が、このような大人の童話ともいえる作品を書いたことは興味深いですね。





読み始めてみて、過去に手に取った時より、この本の深さというものに感動しています。



その彼が、自らのファンによって撃墜され死亡したとは。



第2次世界大戦中の1944年7月のこと。



偵察機を操縦していたサン=テグジュペリは、ドイツのパイロット、ホルスト・リッパート曹長によって。



ホルスト・リッパート曹長は、その偵察機にサン=テグジュペリが乗っていることを知らなかったわけです。



彼がパイロットを目指したのはサン=テグジュペリの作品に影響されてのことだったと。



ああ、なんという・・


しかし、

「星の王子さま」は、世界中の読者の心の中で生き続けています。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

◆「みだれ髪」(吉岡しげ美)を聴き小説を書く [エッセイ]

ミニコンポで、




「みだれ髪」ー短歌ルネサンス 晶子を歌うーを聴きながら、




みだれ髪 吉岡しげ美 CD






ようやく、




ブログ小説




小説「ただよう愛」




を更新することが出来ました。




吉岡しげ美さんのこのCDには、28曲収められていますが、




ピアノを弾きながら歌った全曲、かつて会場でみな聴きました。




シンガーソングライターって良いですね。


吉岡さんは、大学でもずっと教鞭をとっていると思いますが。




けっこう世界を飛び回って歌っていますね。




私にはあのようなパワーはありません。




小説は、結構のた打ち回らないとかけません。


与謝野晶子というひとも大変な方でしたね。鋭い感性と激しい情念を秘めていたのだと思います。




小説「ただよう愛」




タグ:創作
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

◆竹とんぼ、楓の種から [エッセイ]

ウォーキングがてら買い物に行く道すがら、見事な形のものがいっぱい付いていたので、
もらってきてデジカメで。

IMG_0026 (400x300).jpg

楓の種
竹とんぼみたいですね。


カナダ国旗は、中央に赤い楓の葉がありますね。

サトウカエデ(Sugar maple)
The Maple Leaf Flag(「メイプルリーフ旗」とか。

楓の種=自然界にある滞空型竹とんぼ


竹とんぼといえば、子供のころは竹を削って皆で作ったものですが、

兄弟の中でも特に器用な兄がいて、なんでも手作りでしたね。

戦後のことで、お金がないしお店でも売っている品数も少なかったと思うけど、

その兄のおかげで、トランプ、かるた、橇、スキー、印鑑、机、ロケット(こうもり傘の円柱部分で)など。


そのように器用な兄でしたので、最後は国際線のキャプテンになりました。

病気で16年前にリタイアしましたが。



で、

両手で柄の部分を挟んで、グルッと回転させて飛ばすのですが、

結構遠くまで飛んで楽しいものですよね。



それについては、

ベルヌーイの定理というのがあるそうです。

揚力が大きければ、より高くとばすことができるが、その方法には、2通りあって、

1. 羽根の回転数を大きくする。 2. 羽根の仰角(ピッチ) を変える。


◎竹とんぼの飛ばし方には、

・揚力が小さくとも、羽根への空気抵抗を減らして回転数を長い時間維持して高く飛ばすことができる小さな仰角を与える。
・大きな空気抵抗で回転数が急速に低下するけれども、大きな揚力で一気に上昇させることができる大きな仰角を与える。

の二つに大別できるとのこと。

実際に作って飛ばしてみると、分かるんですね。


そういえば、いつもウォーキングで行く公園に、紙飛行機を輪ゴムで飛ばしているおじさんがいます。

ほんとうに、天高くどこまで迄も風に乗りぐるぐると大きなカーブを描いて飛び続けるのです。

ときどき、男女の大学生らしき若者もいますので、その感じから大学教授の趣きですね。

いい大人も紙飛行機の作り方を教わって飛ばしていますね。

それもまた楽し、ですね。


やくだつ市場



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆スイカズラ、すいかずら、忍冬 [エッセイ]

このところ、

ラジオから流れる

すいかずら」の歌詞の部分が印象に残っていたのですが、


今読んでいる

『響きと怒り』(フォークナー著)の、

第2章、クエンティンが主人公の後半で、

スイカズラ」が頻繁に出てきます。




小説の方は、兄妹(兄・クエンティン、妹・キャディ)の会話で、それも過去と現在を行き来しながら描いてゆく、あの意識の流れの実験的手法で。とりわけ、においのことで再三出てきます。




それで、改めて、この花についてふれることになりました。




唄の方は、

以下で、


湯原昌幸 さんです。


「すいかずら~金銀花~」 唄:湯原昌幸


作詞:石原信一 作曲:田尾将実




もしも生まれ変わる
そんなことがあれば
君とふたたび出逢い
恋の続きをしよう
黄昏のなか ほのかに白く
すいかずらの花が
ひと枝の上 ふたつ寄り添い
命灯し合うよ
どれだけ君を 愛せただろう
泣いて笑って
かけがえのない 君だと気づく
ただ いとしい
~~
~~

~~


どれだけ君を 愛せただろう
泣いて笑って
かけがえのない 君だと気づく
ただ いとしい






ただよう愛



タグ:本と歌
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

◆八十八夜、純愛の香り [エッセイ]

5月1日 八十八夜


立春を起算日(第1日目)として88日目、つまり、立春の87日後の日


今年は、うるう年なので。

平年なら5月2日、閏年なら5月1日なんですね。




こどものころは、

「♪夏も近づく八十八夜…」という茶摘みの歌をうたったものです。








朝、4時ころのラジオで、




今日の誕生日の花言葉は、

すずらん」だと言っていました。



幸福の再来」とか純愛だと。




調べていると、今日の誕生花は、

プリムラ・ポリアンサ(西洋サクラソウ)というのも出てきました。




花言葉は⇒「可憐」だそうです。




こどもの頃って、

ほんとうに純で、可憐、なところがあるのでしょうか?




きはずかしいようなちょっと甘い香りがただよいますね。




やくだつ市場



タグ:花言葉
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆ハナミズキの季節 [エッセイ]

今年も桜から


ハナミズキの季節がやってきましたね。





まだ、桜が満開になっていない地方もあるでしょうが、



毎年、春の花々が見られるって素敵なことですね。



子供の頃は、


生家の庭に、さまざまな花が四季折々咲き誇っていたことを思い出します。




ダリアやグラジオラス、向日葵、ヒヤシンスなどが浮かび上がってきます。




お盆シーズンには、山に桔梗とか田舎でお盆花と呼んでいた黄色の花を兄弟で取りに行ったことを思い出しますね。




仏様にあげると言って・・




しかし、庭の花たちを見ていて、家に母が居ないことを忘れようとしていたのではないかと思う。




やくだつ市場

タグ:ハナミズキ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆桜雨 [エッセイ]

雷がとどろき、



古木で巨木ともいえる桜並木がつづく坂道を



家路を急いだのですが、



雨といっしょに桜の花びらが



ハラハラと風に吹かれて降っています



競っているような



同調しているような



そんな風情で



桜雨が



ふと、怪しくも映ったのです・・










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

◆フロリダと日本、スカイプで [エッセイ]

このところ、


IP電話が鳴っても出られませんでした。


PCを開いている時間が相手と違うので、

フロリダの友達が、

IP電話の方にかけて来るのですが、



こちらは鳴っていることが分かっても

寝床から起きだすことが出来ません。



腰痛ですぐには立ち上がることが出来ないからです。



およそ2週間。

腰痛対策体操やストレッチやゆっくりウォーキングを試みていたのですが、




ここ2、3日暖かくなったので、痛みが和らいできました。

まだ容易に寝返りが打てないほど痛みますが、


ひところの痛みほどではありません。

ああ、もうおしまいか、と思うほどでした。



パーキンソンで寝たきりになった姉を見舞いに行ってきたのですが、

長時間電車に乗っていたことと、

寒い地方だったことが影響したようです。



しかし、難病に襲われ、自分の思うように体を動かすことが出来なくなってしまった

人はどんなに辛いことでしょう。



日本でも10万の人がパーキンソン病に罹っていて、その数は増えているようです。



パーキンソン病になる人はドーパミンが減少して、ふるえや筋肉のこわばり、
または幻覚や幻聴などが出てくると言われています。


アメリカのレーガン元大統領やボクシングのモハメド・アリもこの病気にかかっていたことが知られていますね。




で、今日は、2週間ぶりにスカイプで話すことが出来ました。



話していて、アメリカと日本との違いに驚かされることが多いですね。

4人に3人が再婚・・


Oh Adeleの歌・・


やくだつ市場


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆移り変わる花びらの味わい [エッセイ]

私の住んでいる集合住宅は、




一山を丸ごと人間の住む住居にした感じの所。




もう、40年以上経っています。




それで、


桜の樹木たちは以前からその山に生息していたものをそのままま残した状態で建物を建設していった感じです。




直径1メートルほどの桜の古木があちこちにあり、広い敷地に、数年以内に植林した桜の木を除き、


9割以上がそれらの桜の古木たちです。




樹木の肌は色つやどころか、年老いた亀さんの甲羅以上に古びていてボロボロ状態です。




それでもほとんどの古木たちは、このシーズンになると、


みな、


花咲かじじいの桜のように、目いっぱい花開いて辺りを明るく染めるのです。




そして今日など、南風にのって、ふわりふわりと花びらを落としています。




私は、




願わくば花の下にて春死なむその如月の望月の頃 (西行)





というような心境にはとてもなれません。




幼くして母を病死で亡くした者の心は深く傷つき、


桜と死とを結び付けて考えたくはないのです。




死にたくはありませんが、死なない人はいないので、老衰による自然死のような感じが理想です。




そうしたことを考えずにはいられないほどに、昨年今年と亡くなった人が多いのです。


一番若い人は、42歳でした。


小2の子がいました。


自らの過去と重ねないわけにはいきません。




桜の花びらがハラハラと落ちていくのを見ると、


人の命のことを考えてしまいます。







インターネット案内







タグ:桜の花びら
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆三匹のネコ [エッセイ]

夜中の3時ころ。




3匹のネコが登場する夢を見ました。



シーンは生家です。




信州の姉を見舞いに行ってきて、


電車に長く座っていたためと寒かったせいか、


帰宅してひどい腰痛が再発。


寝返りも打てない状態での夢。




私は生家の2階へ上がる階段を、


ビニール袋に入った餌を手にのぼっていました。




私の先に1匹、後に2匹。


1匹は肥えていて怖い感じのボスネコ。白と黒のぶちだったかな。




1匹はやせ形で体が長かった。


そして、もう1匹は、2番目のボスといった感じで、餌を睨みながら走っている茶色のネコ。




2階の床を歩いて表に出ると、そこはトタン屋根。


ネコたちは早く餌をくれと言っている。




そこでネコたちは隠居の1階へと消え、


私はネコたちから逃れて母屋の屋根伝いに姿をくらます。




でも、餌はあげるつもりだった・・







今、ブログで書いている小説「ただよう愛」で、


新横浜駅前公園の野良猫たちが登場している。




登場したネコたちはそこのネコたちであることを、


目覚めてから思い出した。


浅い眠りなのだ。




それにしても、


ネコたちは怖いほどのパワーを放っていた。




「痛い!」電流がふたたび腰に走り悲鳴が口を突いて出た。




ただよう愛





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

◆桜とハナミズキ、愛のかけはしに! [エッセイ]

桜の開花宣言がありましたが、強風でみな飛ばされませんように!



われわれ日本人にとって、

桜はさまざまな色彩を添えていますね。



願わくば花の下にて春死なむその如月の望月の頃 (西行)


扇にて酒くむかげやちる桜 (芭蕉)



私の生家には、坪庭に、春になると辺りをパット明るくしてくれる桜の木がありました。

しかし、その当時、不幸なことが続き、その華やかな桜がよくないと、伐採してしまったのです。



ところで、

アメリカと日本のかけはし

として桜が話題になりますよね。


アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.のポトマック河畔の桜並木。世界の名所の一つになっているとか。
明治の終わりごろに、アメリカのタフト大統領夫人の希望により、当時の尾崎行雄東京市長がプレゼントしたものだとか。



そして、


ハナミズキの返礼と里帰り桜


1915年(大正四年) アメリカ側から感謝のしるしとしてハナミズキが日本に届けられました。

花ことば・「返礼」と言われるハナミズキは、アメリカでは最も愛される木のひとつなんですね。


そして、前述のアメリカ合衆国の桜の「子孫」とされる桜が日本の各地に植えられて「里帰り桜」とよばれているんですね。

世田谷の成城学園の近くにある祖師谷公園の桜もそれだとか。



さらに、

2003年には、瑞ヶ池公園に日米友好の桜が植樹されたとのこと。


日本人にとって、

さくらやハナミズキが

希望のかけはしになって欲しいと私は思うのです。


森山直太朗 さくら


ただよう愛


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆裕次郎、「粋な別れ」と現実 [エッセイ]

坂北村の姉のところへ行ってきました。



パーキンソンで、寝たきり状態で、


デイケアは車いすです。


自分のことが自分で出来ない寝たきり状態はかなしいです。


ES細胞もiPsもまだ実験段階。


中国や韓国へ行っても、不明部分が多いですね。




いつどんな病魔や不遇の事態が自らに及んでくるか、


曖昧な存在、それが人間ですね。




原発が、放射能が、地震が津波が・・


今日の一日。それが大切。


明日のことは分からないのが本当のところ。




帰宅してほっとした時、スカイプが鳴り、


1時間半ほど。




パソコンを閉じた時、


「粋な別れ」のメロディーが頭に流れました・・




☆歌 石原裕次郎 作詞・作曲 浜口庫之助 




命に終わりがある
恋にも終わりがくる
秋には枯葉が小枝と別れ
夕べには太陽が空と別れる
誰も涙なんか流しはしない
泣かないで泣かないで
粋な別れをしようぜ




歌詞の信ぴょう性ではなく・・


生きるというということの側面。




私は、枯葉が落ちても、涙が流れることもありそうです・・




親はもちろん、親の兄弟姉妹もぜんいん他界してしまいました。


一生は長いようで、夢のように過ぎ、終焉が訪れます。




人は土から生まれ土にかえる・・


これもまた、です・・








ただよう愛



タグ:人生
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆春一番が来なかった関東! [エッセイ]

昨年の半分くらいだという花粉。

私の場合スギ花粉ですが、ここ2、3日ひどくなりましたね。

風が強いので、飛びまくっている感じ。

でも、例年より少ないだけ症状の続く期間も短く助かります。


ところで、気象庁によると、


関東地方では今年は「春一番」が観測されなかったとのこと。

2000年以来の12年ぶりということですが。


春一番の定義というのは、

「立春から春分までの間で、低気圧が日本海で発達し、初めて南寄りの強風(毎秒8メートル以上)が吹き、前日よりも気温が上昇する現象」としているんですね。

今年は2月4日の立春から3月20日の春分まで、低気圧が日本海を何度も通過したのに、南風さんが、関東地方で観測されなかったというんです!

世界のどこかへ旅立ちたい人へ

タグ:春一番
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

◆フォークナーを、&「もうひとつの土曜日」(浜田省吾)を聴きながら [エッセイ]

フォークナーの


『響きと怒り』を読みながら、




二つの小説をブログで描いています。




『響きと怒り』はまったく読み進めることが出来ないですね。


主人公がなんという名の人物なのか・・




そもそも、小川国夫のものを見て、


このフォークナーというノーベル賞作家を知ったのです。








現在と過去を行き来する、場面転換小説なんですね。


子供の頃って、大人が見たら些細で価値がないことに思われても、


主人公である子供にとっては、それがすべてだったりするんですね。






私がブログで描いている小説は、




ただよう愛

清里の道

という題のものです。




現実を描けば目を背けて逃げたくなり、


非現実を読めば、現実がリアルの色彩を帯びて浮かび上がってくる。




最近、40年も50年も前の学友が夢に登場してきます。


夜見る夢です。


ふだんは意識下にあり、まったく思いもしない人々なのに。




人が、こんなにも悲しのは、命に限りがあるからだと、


今日わかったのです。


・・・


・・


Somewhere in this town.

He will dry your tears

running down your cheek.




浜田省吾 「もうひとつの土曜日」を聴きながら





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

◆Kiroroの歌う「未来へ」 [エッセイ]

今日、ラジオからあの歌声が流れてきました。

☆玉城千春(たましろ ちはる・ボーカル担当)と☆金城綾乃(きんじょう あやの・ピアノ・キーボード担当)

2人は沖縄県立読谷高等学校の同級生で、今では二人とも母なんですね!


たまに聴くと、涙が出てきます。


その歌詞で、


その優しさを時には嫌がり
離れた母へ素直になれず

という部分。


私はそうした体験をする前に、5歳の時、眼前で母は脳出血で倒れ、植物状態で伏したままになってしまいました。
そして、私が8歳の時に起き上がるようになったのですが、間もなく帰らぬひととなってしまったのです。

私は授業中に呼び出され、長い道のりを歩いて帰り、医師や家族が取り巻く母の枕元で姉に促され、「かあちゃん!」と叫びました。
母はかすかに目を開け、頬からス-っと一筋の涙がこぼれ落ちました。

ひとの未来は実に不確かなもの。辛い現実にであっても、人はたえていかなければなりません。
前を見つめて。


未来へ/Kiroro
作詞・作曲 玉城千春

ほら 足元を見てごらん
これがあなたの歩む道
ほら 前を見てごらん
あれがあなたの未来

母がくれたたくさんの
優しさ愛を抱いて歩めと
繰り返したあの時はまだ
幼くて意味など知らない

そんな私の手を握り
一緒に歩んできた
夢はいつも空高くあるから
届かなくて怖いね
だけど追い続けるの
自分の物語だからこそ
諦めたくない不安になると
手を握り一緒に歩んできた

その優しさを時には嫌がり
離れた母へ素直になれず

ほら 足元を見てごらん
これがあなたの歩む道
ほら 前を見てごらん
あれがあなたの未来

その優しさを時には嫌がり
離れた母へ素直になれず

ほら 足元を見てごらん
~~~
~~

未来へ向かってゆっくりと歩いて行こう




ホームページ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

◆小中学校の先生たちのことーあるアンケートより [エッセイ]

朝日新聞の小中学校教員に対するのアンケート結果についての記事を読み、

先生の仕事というのは、親とは違うが、ある意味で親に代わって子供たちを育てる仕事だと思いましたね。

その意味でやりがいもあるが、
「体も気持ちも疲れ果てた」と思っている先生が62%いても頷けますね。

人と人とのぶつかり合いですから、ほんとうにエネルギーがいる仕事で、

「燃え尽き症候群」になっている現状にも納得です。

それだけ一生懸命に子供たちに接しようとしているのだと思います。

「求められる資質能力で何が重要か」の質問で、
126人(26%)が「児童生徒に対する教育的愛情」と答え、次いで、
93人(19%)が「実践的指導力」、
76人(15%)が「コミュニケーション能力や対人関係能力」だったとのこと。

また、
「やりがいを感じる時」は、
「児童・生徒の成長を実感する時」が337人(69%)、
「よい学級づくりができた時」53人(10%)。

「困難に感じること」では、
「仕事の多忙化・困難化」209人(43%)、
「生徒指導」97人(20%)、
「保護者との人間関係」52人(10%)。

そして、
行政側は学力を高めたい、に重きを置いても、教師側は
子どもの成長を大切にする、に思いがいっているというズレが生じることにも頷けますね。

学力を高めるといっても、子供たちの心が豊かに育っていなければ、砂上の楼閣になってしまうと思いますね。
バランスよく成長していくことが望まれるわけで、土台が危ういのに学力向上を望んでも仕方がありません。

そんなに多くのことを教員にばかり期待するのではなく、親や教師や、社会全体でになっていくのが子育てなんだと、
私も、いい齢になって実感しています。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

◆原田知世さんと森村桂さんのこと『天国にいちばん近い島』 [エッセイ]

ラジオを聴いていて、


原田知世さんの歌がリクエストされ、


いくつかのことが思い出されました。


人の出会いと別れ。
若いころには思いが及ばなかったことあれこれ。





一つは、


「天国にいちばん近い島」の試写会に行ったこと。


もう一つは、「天国にいちばん近い島」の原作者、森村 桂さんのこと。





天国にいちばん近い島

横浜の駅ビルの一つで。元同人仲間の方とご一緒でした。
仲人をされた方です。再婚の。

互いの目を見ながら森村さんと2、3言葉を交わしました。
森村さんに会ったのは、それが、最初で最後、でした。

彼女が忘れ去られないように、
以下に記しておきます。


☆森村 桂(もりむら かつら)
1940年1月3日~2004年9月27日)
日本の作家。父は作家の豊田三郎。母は歌人の森村貞香。
公立小学校入学後、学習院初等科に編入。
学習院女子中等科・学習院女子高等科を卒業後、学習院大学文学部国文学科に入学。
大学在学中、19歳の時に父と死別。
大学卒業後、女性週刊誌(誌名未詳)記者となる。
2ヶ月で退社して暮しの手帖社に入社。短期間で退社。
1964年にニューカレドニアに一人旅に出る。
1965年エッセイ『違っているかしら』でデビュー。
ニューカレドニア旅行の体験を描いた旅行記『天国にいちばん近い島』を発表。

その後、エッセイや小説を書き、1960年代末には、書店ではノーベル賞作家の川端康成と共に、
個別のコーナーが設けられていたと言われるほどの人気作家となる。
1970年代には「森村桂文庫」約30巻(講談社)が刊行される。

1984年 『天国にいちばん近い島』が原田知世主演で映画化され、本は200万部を越える大ベストセラーになる。
これが、NHK朝の連続テレビ小説『あしたこそ』の原作にもなる。

1985年に軽井沢に手作りのケーキとジャムの店「アリスの丘」を開く。
趣味で始めた絵画も「アリスの丘絵画展」を全国で開くほどになる。

探検家の谷口正彦と結婚するも後に離婚。

2番目の夫・三宅一郎と再婚。
三宅氏は、共同経営者兼プロデューサーとなる。

再婚後も精神を病むことが多かった。

2004年9月27日、うつ病のため入院していた長野県内の病院で自死。享年64歳。

皇后美智子さまが、葬儀の際、弔辞を読まれた。

☆アリスの丘ティールーム(現在、三宅一郎さん経営)
住所 軽井沢町長倉4-170
電話 0267-42-8253
営業時間 10:00~18:00(GW、8月は延長の場合あり)
定休日 無休
駐車場 あり
メニュー カフェ
お値段 ケーキ各種 500円

○ホームページ:
http://www10.ocn.ne.jp/~aliceoka/
※ご訪問の際は、情報確認をしてくださいね。年中無休(不定休有)となっておりますから。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

◆休眠口座ありませんか? [エッセイ]

休眠口座のことが話題に上っていますが、

私はお金に困り、2年ほど前に通帳のあるものについて銀行回りをしたことがあります。



一つの銀行は統廃合で無くなってしまったのですが、2札の通帳を合わせても千円か2千円くらいだったでしょうか。



倒産してしまっても、
預金保険機構に問い合わせ、通帳、印鑑、本人証明があれば、10年経っても払い戻しができるとのこと。



郵便局は10年とうたっているので、無理のようですね。



私は実際払い戻してもらったのは一か所でした。それも移転していたのでだいぶ探しましたが。





後は、統廃合で移行した銀行に行き、新たに通帳を作ってもらい、それからカードで引き出しました。



一つは、そちらの銀行に行くか本店へ行ってください、と言われ止めました。
交通費や手間を考えると、その方が大変ですから。



休眠口座の有効期限は、銀行によって違いますが、基本的には何年経っても、通帳、印鑑、本人証明があれば、銀行の場合は、払戻が出来るとのことです。



東日本の被災地のために、 休眠口座のお金を活用したいというのならば、本人宛に何らかの方法で知らせてもらいたいですね。



ただ、この金額は日本国全体だと莫大なものですよね。



私の場合も、転職したとき、職場の都合で開設銀行を一方的に決められたことが多かったですから。


また別の会社に勤めると、別の通帳が出来ますから。



一人一円でも、130,000,000円くらいになりますからね。



みなさんも、一つや二つあるのでは??




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

◆栄光の架橋、そして-Wisława Szymborska- [エッセイ]

先ほど

ウォーキングしていて、


いつしか、頭に流れ始めていたメロディーがありました。

タイトルが容易には浮かんで来なかったのですが、




ようやく出てきました。




ゆずの歌う

栄光の架橋」でした。




改めて聴いて、


泪ボロボロです。








 誰にも見せない泪があった

 人知れず流した泪があった

 決して平らな道ではなかった

 けれど確かに歩んで来た道だ

 あの時想い描いた夢の途中に今も

 何度も何度もあきらめかけた夢の途中


 


いくつもの日々を越えて 辿り着いた今がある

 だからもう迷わずに進めばいい

 栄光の架橋へと…




作詞・作曲 北川 悠仁(きたがわ ゆうじん)






そして、先日亡くなったノーベル賞受賞詩人の詩




なんという幸せ


なんという幸せ

自分がどんな世界に生きているか

知らないでいられるのは


人はとても長く

生きなければならないだろう

世界そのものよりも

断固としてずっと長く


せめて比較のためにでも

他の世界を知らなくては


人をしばり、厄介なことを

生み出す以外には

何も上手にできない

肉体の上に飛び上がる必要がある


研究のために

図柄の明快さのために

そして最終的な結論のために

時間の上に舞いあがること

この世のすべてを疾駆させ、渦巻かせる時間の上空に


この見晴らしから

些細なものたちに、ちょっとした挿話たちに

永久の別れを言おう


ここからならば、一週間の日数を数えるなんて

無意味な行為に

見えるにちがいない


手紙を郵便ポストに入れるのは

愚かな青春のいたずらに見えるし


「芝生を踏むべからず」の注意書きは

狂った注意書きに見えるはず


-Wisława Szymborska-




ああ、




栄光の架橋
とは・・




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の30件 | - エッセイ ブログトップ