So-net無料ブログ作成
見えない世界 ブログトップ
前の20件 | -

◆Unexpected [見えない世界]

この国でも、ほんとうのことは、公表されない。


国際ジャーナリスト・中丸 薫氏が公表しているように、

横田めぐみさんは金正恩の実母であるとしたら、
日本の拉致問題にどう対応するだろうか。

김정은(キム・ジョンウン)は、

もう済んだこと、彼女は死亡した、と、突っぱねる。

そして、解放するとしても、
彼女を除いた他の拉致されている人のみ ?



いずれにせよ、

我われ一般人は、仮バージョンの人生を生きているのかもしれない。



もし、エリア51の真実を知ったなら、

あなたの人生観は180度変わるだろう。



と言った某氏の言葉。



彼らの空飛ぶ物体を眼前で目撃し、

彼らの乗り物に乗って異次元空間を移動。

さらに、彼らの星へ。



その経験を体験者が告白しても、

経験したことがない人は、

半信半疑か、信じられないかもしれない。



様ざまな種がいて、

ある種が突然空間からあなたの前に出現したとすれば、

人に似た種であっても驚くに違いない。



しかし、今日分かっていることは、

半数以上が人間と似通った姿形をしているということ。

そして、いずれの種も、今日の人より遥かに進んでいること。



3本指の存在は縄文時代からこの国にも出現していた。



彼らに遭遇した人は、見たままを土偶として残していった。

おお、八ヶ岳山麓・縄文銀座!



こうしている間にも、どこかの誰かが、

彼らとコンタクトを取り、彼らの乗り物に乗っている。


どこかの誰かが、彼らにヒントをもらっている・・

世界の向こう


セソング

Sponsored Links





タグ:ET & Human
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

◆Who controls the ・・ [見えない世界]

テレビで宇宙関連の真面目な番組を放映する時、


視聴者から投稿された質問に応えるのは、
かぎられている。


いわゆるUFO関連やETについてのものは外される。



茶化した娯楽番組の形を取るものでは、

「信じる信じないはあなた次第」と。



これは、オカルト系の都市伝説ですよ!

と、おちゃらける。



しかし、

実際アブダクションを体験していたり、

彼らのある種とコンタクトを取っていたり、

彼らの乗り物に乗ったことがあったり、

ある星へ行ってきた人は、

そんな番組には出られない。



彼らがどのような存在であるかを知っているから。



それが、人に似ていてもいなくても、

彼らが人間よりはるかに高度なテクノロジーを

持っていて、彼らの概念を把握することが出来ないから、

死ぬほど怯えても当然かもしれない。



こうしている間にも、

世界のどこかで、

特定の誰彼が、

テレパシーを受け取っているに違いない。

世界の向こう


<~~~~~~~~~~~~~~~~
セソング季節の花☆ぶんげい&しかく

 


タグ:ET&human
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

◆Contradict [見えない世界]

すべての面で想定外というか、


人間の想像を超えたところにあるならば、


人は彼らに対して、判断基準となる


概念を持ち合わせていない。


科学者であろうと誰であろうと。


 


それもさまざまな種が地球に出入りしているとなれば、


さらに混迷を極めることになる。


 


一例をあげれば、


光速・秒速30万キロを超える乗り物。


次元間の移動。


人間には出来ない光の操作。


テレパシーで意思を伝える。


 


エネルギーの研究家・O.I氏の携帯画面に


UFOを出現させてコンタクトを取って来た、


など・・。


 


現在の人間の科学では不可能なこと。


 


また、


世界の限られた人にコンタクトを取っているため、


それ以外の人には、現実のこととして受け止める


ことが出来ない。


 


そこに至るのには、


それなりの事情があったが、


それは一般人にどうこうできる問題では


ないと・・。


 


世界の向こう


~~~~~~~~~~~~~~~~

◆インターネット☆ぶんげい&しかく


スポンサードリンク




 


タグ:ETと人間
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

◆Strange state [見えない世界]

同時代を生きていて、


違和感というか妙に思えるのは、

共通の認識がない世界が実在していること。



国によって違う習慣や伝統だったら分かるが、

そうではないことだから。



好むと好まざるとにかかわらず、

同時代を生きているにもかかわらず、

異なる世界を生きている人が、

少しずつ増えていること。



望まなくても、

その世界を知ってしまう人もいる。


Sponsored Links





それは、

異次元の扉の向こうを体験してしまうこと。



箝口令が敷かれていようといまいと、

ある日突然訪れる!



それは、とても個人的体験に思われる。



なぜ、私が、僕が、俺が・・



どの種が現れるかは分からない。



小さな緑色のクリ―チャーか

2メートルを超える人間と同じような存在か

明らかに宇宙服と思われるものに覆われているか



3メートルほどのFlying Object か

漆黒のトライアングルの周囲がライトで囲まれているか

何十キロもある宇宙船から現れた輝く物体か

家の壁を通り抜け、突然あなたの部屋に



あなたの頭にメッセージが届く

大雨が降るような音がつづいた後に



とつぜん映像が送られてくる



あなたが気づいた時、

あなたは不思議な部屋の中にいる



あまりに突然なことに怯え、

動転する・・

「どういうこと・・どうなる・・」



経験したことがない人にとっては、

それを聞いても、

信じられない。嘘! と。

世界の向こう
~~~~~~~~~~~~~~~

☆文芸と資格  インターネットコーナー


Sponsored Links





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

◆Everybody greet the good New Year, please! [見えない世界]

hai.jpg

Hope you all have a good New Year !


Miriam Delicado, UFO Contactee:

Almost 30 years ago, I was told that 2017 would be a powerful and turbulent year for the planet. There is good news as well. Join me and find out some of what the Star Beings shared with me about the year 2017 and why it is important.
I was taken onboard a UFO for three hours in 1988. The experience changed my life. Join me as I share and document this sometimes exciting, scary and amazing experience !

世界の向こう
~~~~~~~~~~~~~~~

☆おいしい食べ物  インターネットコーナー


Sponsored Links





タグ:遭遇
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

◆Retrieval [見えない世界]

おなじ人としてこの地上にいても、
人は様々に異なったことをしている。


ある意味まったく目立たない仕事。

そう、ビジネスになっている人も。



突然死した人を導く仕事。

バス停でバスを待っていたが、

突然車が突っ込んできて、

亡くなった人。



ご本人は、まったく心の準備が出来ていないまま、

亡くなってしまった。



このようなことは、
世界中で日々起きている。



自らが死んでしまったことを認識できないままに。



死後の魂は、死んだとは思っていないから、

バス停で、バスを待ち続ける。


このような人を行くべきところへ。



そう。

迎えに来たガイドに出会わせ、

行くべきところへと案内する仕事。



そうしたことが出来る人は、

他人の夢の中へ入って行き、

共に同じ夢を見ることが出来ると。



そのような世界へ行き来していれば、
いわゆるUFOにもETにも遭遇すると。


これを読んでいる方の中にも、

そうしたことが出来る人がいるに違いない。

世界の向こう
~~~~~~~~~~~~~~~

☆おいしい食べ物  インターネットコーナー


Sponsored Links




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

◆Please keep this a secret [見えない世界]

かの国の医師の何人かは、

ETの世界をかなり深いところまで研究している。



これまで行われてきた人間へのアブダクションや

彼らの空飛ぶマシンや彼らがやって来た星々や、

宇宙の次元のあれこれについて。



光速を超える彼らのマシンやその構造については、

わが国でもそれなりに知られるようになった。



彼らのマシンに乗った日本人。

これまで口外しなかったが、

徐々に口を開くようになってきた。



かつて、エリア51で働いていた人も。



Alien little grey は、

脳が進化し、IQが高くなり過ぎた分、

体が弱り消化器官もない。

1200歳から1500歳くらい生きるが、

ミトコンドリアに損傷がない。



野菜やゼリーは食べる。

白鳥座星人も、1200歳は生きる。



知性を持った宇宙植物がいる。



地球人の科学では、判断基準となる概念がない。



だから、体験者の話を聞くと、

頭がおかしい、という一般人が多いかもしれない。



突然現れとつぜん消える。

壁を通り抜けて現れる。


そんな風にしか見えないから。

世界の向こう
~~~~~~~~~~~~~~~

☆おいしい食べ物  インターネットコーナー


Sponsored Links




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

◆These Beings Came Through The Walls [見えない世界]

These Beings Came Through The Walls



米国は情報自由法により、

CIAは、1978年 12/14

397件のUFOに関する

情報のうち、340件を公表し、残りの57件は、

国家の安全に重大な脅威となるため、公表を差し控えたい、

とし、公開されなかったが、UFOの事実を認めた。



これに関するニュースを、日本では公表していない。

むろん、それに関係しているETのことも。



ロシアでも、メドヴェージェフが、

国内にETが住んでいることを暴露している。



また、

アポロ13号は、ETに救出されていたことも、

元空軍大佐、ロス・デドリクソンにより証言されたが、

わが国では公表されていない。



そのため、

一般市民はUFOとかETの実在を知らないでいるかもしれない。



さらに、

火星から来たヒトがいる。金星から来たヒトがいる。

シリウスから、プレアデス星団から・・



などと聞いても、

地球以外には、生き物が見つかっていないと信じている人にとっては、

単なる作り話としか思えないだろう。



ましてや、

「夜、私の部屋の壁を通り抜け、小さな円盤が部屋に現れ、中から小さな人みたいな生き物が・・」などと聞いても、

作り話としか思えないかもしれない。

世界の向こう


~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆みっけ食べ物  いろいろコーナー

☆いちい通り(onlineshopping&foretelling)


 



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

◆Night dream contact [見えない世界]

地球上で彼らとのコンタクトを強く願い、
アストラルのトレーニングを続けてきた国内の人々。

中には著名人も実在する。

一方、
彼らの側からの働きかけで、
コンタクトを取り続けているひと。

後者の最初は、
アブダクションという形を取ったかもしれないが、
それはすでに終わっているかもしれない。

国内では選挙、核を巡っての戦い(憲法)、
消費税・・

別次元と3次元。
別次元にいることが多い彼らも、
必要とあらば、3次元にやってくる。

一般人が彼らと真にコミュニケーションを取る方法として、
Dream contact、 という方法がある。

偽善は彼らには通用しない。
純なハートが必要だろう。

一部の邪悪な勢力に呑み込まれないよう・・

世界の向こう


~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆みっけ食べ物  いろいろコーナー

☆いちい通り(onlineshopping&foretelling)


スポンサードリンク



タグ:Dream contact
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

◆No longer [見えない世界]

10年前だと信じられなかったが、

今では信じられる。



彼らに似せて造られた人間のことは、

Bibleに記されている。



が、神とETとがすぐには結び付かなかった。

10年たって、現実をみようと思うようになった。



今日現在、個人的には、

ハイブリッド種も次第に認める方向に向かっている。



トカゲと人間のハイブリッド。

猫とのハイブリッドは最近知った。



ヘビとのハイブリッドは絵画や彫刻では知っているが、

実物は見たことがない。

エジプトの奇妙な像も、想像できるようになった。



彼らが人間に見える周波数で姿を示していることも分かって来た。

人間が核兵器を持つようになってから、頻繁に彼らの空飛ぶマシンが

現れるようになったことも。



個人的には、

もはや未確認飛行物体(UFO)ではなく、実在するIFOになった。



世界中で、彼らとコンタクトを取っている人。

太陽系の惑星や衛星にも地球の地下にも、

シリウスやアンドロメダやプレヤデス、ゼータレクチュリン、

さらに名前も知らない星々から、

知的生命体がやって来ていることを認識し始めている。



私の部屋を訪れた半透明の存在は、

地底人だったのか、イナンナの使いなのか。



彼らに会いたければ、

純粋な気持ちでいることが必要かもしれない。


良好な関係を持ちたいのなら。


彼らは周波数を合わせ、

人々の眼に見えるよう行動するケースが増えている・・

世界の向こう


~~~~~~~~~~~~~~

☆セソング  ぶんげいとしかく

☆いちい通り(onlineshopping&foretelling)


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

◆Time machine [見えない世界]

最近よく見かける我われの上空の空間の変化のこと。

亜空間が開く、
とか、

渦巻きが見えた、周囲が波打っていた・・

そこから、とつぜん、あの空飛ぶマシンが現れた、と。


スマホを上空に向けて撮っていても、
その波みたいなのが写っていた。

そういうこと。

我われの空間に重なっている別の空間から、

我われの空間へひょいと現れる。



それと、

一般人にも見えるETの空飛ぶマシンやETの姿。



姿は変えているかもしれないけれど、

ともかく、人の眼に見える。



我われは無意識であっても、

次元間を出たり入ったりしている。



それで、

彼らETに出遭ったり、未だにUFOと呼ばれている次元を飛び越える

彼らのマシンをしばしば目撃する。



ましてや、彼らが人間に見せる目的で、我われが日常生活している空間に、

意図的に現れる場合は、一般人にも見られることに。数分ホバーリングしている巨大な物体すらも。


かつては、非日常的だったことが、今では日常的に誰でも目撃する。

世界の向こう
~~~~~~~~~~~~
セソング  ぶんげいとしかく

スポンサードリンク



タグ:多次元

◆Teleportation [見えない世界]

夢を見ている時は、夢と一体だが、



目覚めると忘れることが多い。



それが、寝ている時に見る夢。





このところ、見えてきたこと。



それは、いわゆる Space Craft を見ると、

それまで見えなかったものが見えるようになる、

とよく言われることを実感し始めたこと。



幽霊とは違うかな?



パソコン画面が省エネで真っ暗になっていた。

数分居眠りをしたみたいだった。



眼を開けた時、その黒い画面の中に人が現れ、

私が目覚めたのを知ってか、スウーっと逃げるように後ろへ移動していった。



振り向くと、台所の洗い場の方を向いた後姿があった。数秒後に消えた。



よく、排水溝へ消えると聞くけれど、離れていたのでそこまでは見えなかった。



守護霊にせよ、地底人にせよ、生霊にせよ、・・



誰かは、ちょっと思い当たらないのだが、忘れられない体験をした。



人の体験談を聞いたことはあったが、初めて自ら体験した。



国内でも、テレポーテーションの経験がある人や、彼らの乗り物に乗った人の話を聞くが、そうした経験をする人が、どんどん増えるのかもしれない。



我われの住む空間には、別の空間がいくつも重なっていると言われるが、生身の体が突然、瞬間移動したら、それが現実だということ。



彼らETにとっては、日常的なことかもしれないが。

s3.JPG



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆占いコーナーぶんげいとしかく ☆セソング♪♪
スポンサードリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

◆Astral [見えない世界]

昨今の学校教育では教えないが、今日、人間以外の知的生命体やSpace Craft について、全く知らないという人は少なくなっていると思う。


人間の科学では証明できないから、この国の学校教育では取り上げなくても、異議を唱える人は少ないだろう。が、暴露してしまうと、すべての基本概念が足元から崩れ落ち、立ち位置を失ってしまうという予測もつく。


だが、現実には、そうしたことがある、と直感的に察知していると思われる。


世界中で、太古の昔から存在していたことに気づいてはいても、未だ人間には証明する確固たるテクノロジーがないから。



否、人間と総称で呼んでいても、実は神と呼ばれてきたETやハイブリッドが実在してきたし、現在制作中であることも、気づき始めている人が多くなっていると思われる。



彼らの土偶やテラコッタが世界中で見つかり、人間には到底不可能な建造物などや発掘されたマシンを見るにつけ、どうも、一般人とは異なる存在が遥か昔から関与しているらしい、と。


そして、個人的にも、これまでの人生で体験しなかったことを体験しつつある。


Dr. Steven Greerが、彼らの世界はAstral の世界に似ている、といった類のことを10年ほど前に言っていた。


これまで見えなかった世界が見えるようになる。嘘だと思っていたことが現実になる。

なぜ、彼らのある種はコンクリートの厚い壁の向こうに移動できるのか?

突然消えるのか?

何故彼らは浮遊できるのか? なぜ、火星まで20分で行かれるのか?


それは、これまでの概念を変えないことには立ち入ることが不可能な領域だ。

s3.JPG



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆占いコーナーぶんげいとしかく やくだつ市場



タグ:地球の現実
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

◆Mystery of KOJIKI [見えない世界]

恐ろしいことは、

人間も含めて、善悪の基本認識がないヒューマノイドが増えた場合、


良識ある一般人は生き残るのがとても難しくなるということ。


今日の世界で起こっている様を見れば、安穏とはしていられない。


いつでも殺戮の危機に直面している。


自分の目の前にいる人は同じ人間ではないかもしれない。


今日、外見は似たような姿をしていても、実体は違っている可能性があるということ。


良識人でも、何者かに脳をコントロールされれば、とつぜん想像しがたい行為に出るかもしれない。あるいは、気づかぬうちに、体内にチップを埋め込まれているかもしれない。記憶を消されてしまえば。


SFやミステリー小説だったら救われるが、明かされていない秘密が潜んでいる。


表向きは何らかの病名が付けられるかもしれないが、その実・・。


この国も、そろそろ対応しなければならないときが来ているのかもしれない。

s3.JPG



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆占いコーナーぶんげいとしかく やくだつ市場


タグ:縄文時代
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

◆Another version of reality [見えない世界]

別バージョンの歴史は、

我われ一般人には
あまりにも信じがたいけれど、
確実に実在している。


どういうこと?


どういうこと? という問いを発する方も。


それは、我われのすぐそばに実在していても、
見えない、感じ取れない、
したがって存在しない、

ということになる。



太古の昔から空飛ぶ物体は実在してしていた。


むろん物体の中にいたのは、

人に似て(ヒューマノイド)いても、人間ではない。


太陽系の惑星とその衛星に、

いわゆるETが実在し、地球との間を行き来していても、

また、地球の地下や海底に実在していても、

公表はしない。



現時点で公表したら、

大混乱が生じるだろうから。


あらゆる基礎概念を覆すことになるから。



しかし、

ETと呼ばれる彼らとコンタクトを取り、

彼らの星へ行っている人も。


また、かの国々の軍関係者は、

彼らのテクノロジーを学び共同作業を進めているだろう。


そして、

一般人には知らせる必要がない、

と言っている一方で、携帯電話から戦闘機に至るまで、

彼らの知恵を借りてさまざまなものを作り上げている。



AIロボットと生活するようになり、

結婚することになっても、

子供は遺伝子操作によって持つことが出来れば、

それはそれでやって行かれるのかもしれない。


現在、ある種のETたちがある年齢に達したら、

養子を迎えるように。

キャプチャ.JPG
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ぶんげいとしかく ♪女子の乳酸菌サプリ セソング

◆Have you received telepathy from ET ? [見えない世界]


リサーチャーのMr.Hayashi は、

ETからのテレパシー交信は、

外から聞こえるものと

自らの頭の中で聞こえるものとがある、

と述べている。



エリア51でETと一緒に働いたチャールズ・ホール氏は、

彼らが近くで人間と話すときに送受信のできるマシンを使っていた、

と言っていた。



私の場合、外からの声を聞いたことはなく、

頭の中で、というのがあたっている。



一度は横浜市で一番広い公園へウォーキングに行った時。

夕方の時間で、辺りは暗くなりかけていた。



公園の外周をめぐる舗装された道路で、

ベンチの側へ歩いて行った時、

何か気になって上空へ眼をやった。



灰色の雲でおおわれた切れ目から、

黒い羽根の乗り物が現れ、

右手の方へ移動して行き、

やがて雲で見えなくなった。



それで終われば、何か黒いものが飛んでいった、

くらいで忘れてしまったかもしれない。



しかし、

再び同じ雲のあたりからそれは現れ、

同じコースを飛んで雲で見えなくなった。



そして、

3度目にも同じあたりから現れ、

しばらく飛んで雲の向こうへ消えた。



その時、私の頭の中で、

「おい、見ていたのか?」

という声が聞こえた。



しばらく空を見上げながら、

「オマエノタメニミセテイルンダゾ、キヅイタカ?」

と言っていたのか、考えた。。



やがて、

私は首が疲れて視線を芝生に落とした。



人が乗るグライダーでも飛行機でもないと思った。

ライトも点いていなかったし、無音だった。

黒い二枚羽の飛行機のように見えたが、

人間が乗っている乗り物には思えなかった。

無人だったとしても、全く音はしなかったし、

奇妙な印象だけが脳裏に残った。



そして、頭の中で聞こえたあの意思を伝えるメッセージ。

脳に直接交信してきたのか?

☆世界の向こう★
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ぶんげいとしかく ♪女子の乳酸菌サプリセソング


タグ:テレパシー
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆Planet X [見えない世界]

太陽の側に現れている地球の10倍あると言われる物体は何なのか?

そもそも、太陽の周辺は謎だらけ。

太陽に入ったり出たりするUFO?

あの恒星の中は一体どうなっている?

太陽の反対側、つまり、地球から点対称になっている部分に、もう一つの星が?


巨大な謎の物体は、太陽光線を避ける方法で一般人でも機器があれば撮ることが出来ると。

以下の画像:
https://youtu.be/6Rw5-X8CNaU

NASAはもちろん、この国では、太陽の側のこの存在について決して公表しない。

ニビルだとしても、ETの母艦だとしても、ファティマの太陽だとしても。

その実態が知らされたら大変なことになる。

これまで隠されてきた人間の秘密にメスを入れ、暴露してしまう。
https://youtu.be/W8h-AVGKYwM


遥か昔からETがこの地球と人類誕生に関与している。

経済も科学界も宗教界も大混乱。

世界の複数の国に関与している彼ら。地上に地下に海底に。

太陽系のすべての惑星に。
https://youtu.be/94XBN3aHKFo


そして、

彼らが人間より途方もなく進んでいて、

今日のテクノロジーの多くが、彼らから学んでいることを。


彼らのことを世界の人間に知らせてほしいと言う訴えを拒否し、

彼らとの約束を破って来た人間の代表。
https://youtu.be/dKdLo26dPEc


今日、世界の多くの人がそれらの現実を知っていても、
一般人にくまなく公表することは出来ない。

☆世界の向こう★
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ぶんげいとしかく ♪女子の乳酸菌サプリ  セソング

タグ:PLANET X
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆They were flying in the air from Ancient [見えない世界]

例えば縄文時代、

彼らは自由に上空を行き来していたに違いない。
八ヶ岳山麓からペルシャへ・・

なぜなら、今日のように地上から迎撃されることも、
スクランブルをかけられることもなかったから。

人間はピストルすら持っていないのだから、
彼らETは、何の心配もなく、
青天井の乗り物で上空を飛び回っていた。
kameufo.JPG
この国の神社にあるような、亀の格好をした空飛ぶ乗り物を操縦して。

そう、今日、それらの証拠が世界に残っている。
aufo.JPG

人間は、それを単なる空想や神話として、
あるがままの現実を、
一部の人を除いて受け容れなかった。

どんなに長生きしても、100年余りの寿命の人間と、
800年は生きる一般のET。

さらに、
神と言われる彼らは、数千年から数万年生きると。

信じられない、受け入れられない人間。
今日の我われの先祖が、彼らによって遺伝子操作されたなんて。
科学的に造られたなんて!?

いつもふれているように、
お猿さんが人間の科学を証明できないように、
人間もまた、
5万年以上も進んでいるであろうと言われる彼らETの科学を証明することが出来ない。

だが、
今日、彼らが45万年も前から地球人に関与していたことを認め始めている。

が、
現在でも、月はエイリアンの前哨基地だと、物理学者で天文学者のカール・セーガンが言っても、火星にも金星にも、木星にも、彼らがいて、火星には多くの人間が地下で暮らしている、などと聞かされても、そんなの嘘だ、と一般人の多くはいうだろう。

ましてや、火星まで20分で行かれる、なんて言われたら、
オマエアタマガイカレテル、
なら、どうして莫大な費用をかけて人間はロケットを打ち上げているんだと。

さもありなん!地動説だって、一般人に受け容れられるのに500年かかったのだから。

☆世界の向こう★
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ぶんげいとしかく ♪女子の乳酸菌サプリ  セソング


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆Still unacceptable reality [見えない世界]

地球人の科学を遥かに超えていることが想定されても、地球人の科学で証明できないことは、
その存在を認められない。


そのため公表されないが、公表されなければ無いと思っている人が多いのではないだろうか。


別の空間から突然現れ、別の空間へ突然消える。


人の肉眼で確認できない。

ましてや、ある人の肉体へ入り込み、同化し、その人になったりその人をコントロールするなんて、嘘だろう。実態はどういうことなのか、何らかのマジックなのか、と。


ある時点で、突然姿を消す人。周囲の人が探しまわったが行方が分からない。


2時間後に帰ってきたが、記憶がない本人。


世界中でアブダクションに遭っている人は推定1億人と聞いても、

実際体験しなければとても信じられない。そんなの病気じゃないか、と。

しかし、体内に残されたチップ。


妊娠後に再びアブダクションを経験し、胎内の子を抜き取られたという体験者。

この種のアブダクションを研究しているドクターは認めているが、一般の産婦人科医は応えに戸惑う。


亡くなる前に、ETから学んだ多くのテクノロジーやETの写真を公表したフィリップ・コーソウ元米国防総省の情報将校。携帯電話、動物や人の体内に埋め込むチップ、レーザー、IC回路、反重力・・などなど。


太古の昔から人は彼らETと関わりを持ち、神として交流していたことが、世界中に残っているテラコッタや土偶、レリーフなどを見ることで推測できる。


宇宙服を着た、また、歩行補助装置を身に付けた彼らの姿。ハイレグパンティーを穿いたイナンナ。仮面をかぶり、人に似せていても人とは違っている存在。


宇宙を航行している彼らには時間の概念がないと聞いても、神と言われる存在は、地球時間でどれくらい生きるのか?


我われと同じ人間だと思っていた歴史上の存在は、実はETだったり混合種だったと聞いても、どういうこと? と。


世界中で彼らと遭ったり彼らの乗り物に乗ったことがある人が、奇異な目で見られることなくやっていかれる日が、この日本にも訪れるだろうか。
https://youtu.be/R3mcTThxjo4




☆世界の向こう★更新!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ぶんげいとしかく ♪女子の乳酸菌サプリ セソング




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆Buddha and Mithras Blue Eyes [見えない世界]

fji.jpg
地球に関与している知的生命体については、

見て来なかった現実を見極め、
新たな認識を固めていったら良いのだと思う。

世界のリサーチャーの検証を追ってきた結果、
世界各地で発掘された

遺跡、テラコッタ、土偶、土器、レリーフ、壁画。

それに、絵画や彫刻やもろもろの建造物、
ランドマーク各種。

実際には、もっと多くの物証があるのかもしれないが、
実証がむずかしいことから曖昧のまま。

今日では、世界中に彼らETと出会いコンタクトを取っている人がいるが、

日常生活では、それらに無関心でも生活できるため、まったく気にかけていない人もいる。


また、自ら目撃したり体験しなければ、信じられない人もいるから、

空飛ぶ物体・UFOの存在すら未だに認めていない人がいるかもしれない。

未確認飛行物体(UFO)ではなく、実在する飛行物体なのだが、未だにU文字を付けて呼んでいる。

それらの中には、ETが飛ばすものと、彼らから教わったテクノロジーで人間が飛ばすものがあるのだが。



★神仏と呼ばれるET:

三十二相八十種好(さんじゅうにそうはちじゅっしゅこう)

それらの中のいくつかを上げてみると、

ブッダは青い目とコバルトブルーの髪をしていて声が良かった。

ブッダの手と足の間には水かきがあった。偏平足で足の甲がもり上がっていた。

立った時は手が膝まで届いた。なで肩で舌が長く歯は40本。身体は黄金色に輝いていた。

光輪が見えた。・・

※ブッダは、ストダーナ・ゴータマと人間・マヤとの間に、ペルセポリスで生まれた二分の一ハイブリッドだった。

ミトラの誕生時に訪れた3人のマギの内の一人が、ブッダの父・ストダーナ・ゴータマだった。

それが、後のキリストの誕生として受け継がれた。 つまり、元は神は一つで、アフラマヅダという存在だとリサーチャー(Mr.Hayashi Etc)はいう。また、アヌ王がアフラマヅダと呼ばれた時期があったかもしれない、と。

ブッダ(セッダルタ・ゴータマ)は、

青い目とコバルトブルーの髪をしていて手と足の間には水かきがあった。

つまり、人間ではなかった、と。

☆世界の向こう★
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ぶんげいとしかく やくだつ市場 セソング


タグ:ブッダの姿
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の20件 | - 見えない世界 ブログトップ