So-net無料ブログ作成
検索選択
手足口病 ブログトップ

◆手足口病の患者数、過去最多に迫る! [手足口病]

手足口病が猛威…患者数、過去最多に迫る (ヨミドクター)

乳幼児の手や足、口の中などに発疹ができる手足口病の患者数が、過去最多だった2011年7月中旬に迫る勢いで増えていることが11日、国立感染症研究所が発表した速報値でわかった。

国立感染症研究所は、流行が9月頃まで続く恐れもあるとみて警戒を呼びかけている。

速報値によると、全国約3000か所の小児科から報告された患者数は、
今年8月2日までの1週間で1か所あたり平均10.26人。
過去最多だった11年7月11~17日の10.98人に次ぐ患者数に達したという。

都道府県別では、
宮崎(19.61人)
新潟(19.59人)
宮城(18.73人)
山形(18.67人)
の順。

全国平均を超えているのは、関東や北陸、東北にかけての各都県が中心だが、
大阪(11.26人)も多めとなっている。

原因となるウイルスには数種類の型があり、今年は重症化しにくい型が主流だという。
ただ、7月以降に増えている型は、手足以外に発疹が広がることも多いという。

感染研感染症疫学センターの藤本嗣人室長は
「秋頃までは、流水とせっけんで小まめに手を洗い、おむつ交換時には便に触れないようにするなど、予防策を心がけてほしい」と。

医療機関と医師


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
手足口病 ブログトップ