So-net無料ブログ作成
検索選択
火星移住 ブログトップ

◆Humans On Mars [火星移住]

火星には、そのむかしヒューマノイドがいっぱい住んでいた。

いや、ずっと住んでいるのかもしれない。多くが滅亡した後も。

地下で、ひっそりと暮らしていた。


超能力者に訊くまでもなく、多くの証言がある。

4500万年前の火星を語る地球人がいる。


☆Humans On Mars and Their Machines
https://youtu.be/nbsoK62QJlk



我われ太陽系の惑星はどうなっているのか。ほんとうのことは一部しか伝えられていない。


火星と地球を行き来している地球人がいて、そのことを告白しても、



そんなことないだろう、という。


嘘だと言われた方が、気持ちが落ち着くのだろう。



余りにもかけ離れた、非現実的な世界のことに思われるから。



それほどに、現実を見たくないのだ。



これまでの常識がすべて錯覚だったなんて思いたくない。

20分で、かの国のジャンプルームから行かれるなんて、

そんな馬鹿な!



時空装置何て、タイムトラベルなんて、SFの世界のことだろうって。



では、なぜ火星にピラミッドがあるの。人面岩があるの?



赤い大地で生き物がいないのなら、なぜ、NASAは、火星の表面をカバーして映しているの? Google Mars。



カバーの下の世界を見せたら、気が狂ってしまうほどの現実が顔を出す・・。


おお、何て恐ろしいこと。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
国内・海外旅行 インターネット 病気と病医院




タグ:Humans On Mars

◆Humans On Mars and Their Machines [火星移住]

月ばかりか、

太陽系に関係する惑星、衛星のすべてで何らかの秘密が存在するのか。

身近な所で火星。


この惑星はどうなっているのだろう。


地球に暮らしているコーンヘッド(長頭人間)の人々は、

火星からやって来たとも言われるが、もしかすると、そのような人は地球上には存在しないと思っている人がいるかもしれない。



それほどに多くのことがこの国では隠されている。



決して差別ではないので誤解して欲しくないのだが、6本指の人がかの国に存在することも知らない人がいるかもしれない。



この地球上には、みな同じ種が暮らしていると思っているのではないだろうか。これも差別ではなく、さまざまな種が、太古の昔から同じ地球に暮らしていたり、別の星へ帰ったりしているということ。ただ、これまで公表されなかった。



世界中で、こんなにも多くの人々が、彼らの空飛ぶ乗り物を目撃し、ある人はその乗り物にのせてもらい、ある人は彼らの星へ行って治療してもらったり、ある人は彼らの家族と親しく交流していたり。



しかし、一方で、そんなのみんなフェイクだろうという。



アイゼンハワー大統領のひ孫娘が、火星には10万人の人が移住した。タイムトラベルは、1970年から80年代で完成した、と言っても、そんなバカな、と吐き捨てるように非難するだろう。

彼女自身がジャンプルームから15分から20分で火星に到着した、と告白しても。



火星に映し出されているヒューマノイドは、地球からの移住者か、それとも、生き残った火星人と言われる人々か、あるいは、別の星からやって来た種か。



驚きの火星の表面。アメリカの男性がNASAが公開している数多くの火星の写真が赤色のベールで修正されていることに気づき、フォトショップで赤色を取り除いてみた。



火星の真実とは?
https://youtu.be/yEnBtY4oDuM

赤色のベールが無くなったことで、火星の表面の凹凸がはっきりして、火星の表面に何かがいるのが分かる。


さまざまな猛禽や猛獣が。また、ワニや蛇のような爬虫類が。化石かもしれないけれど、目がはっきりと写っている。



The Cities, Earth Comparison, The Entities
https://youtu.be/EeJtNGIbiEE



これが現実なら、火星には水もあり恐ろしい獣達が生きている。人間を食べる生き物、あれもほんとうだった?

町が存在し、地下への入口らしきホールがいっぱい見える。

☆Humans On Mars and Their Machines
https://youtu.be/nbsoK62QJlk

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ☆川村明宏が開発した「速読の学校 オンライン講座」のキャンペーン (1/27迄) 国内・海外旅行 インターネット 病気と病医院




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆It isn't SF, the timetunnel&timetravel are reality [火星移住]

ローラ・マグダリーン・アイゼンハワー(アイゼンハワー大統領のひ孫)が伝えるタイムトラベルについて以前ふれた。

https://youtu.be/IWjADsLPfRs


1970年から1980年代までには、タイムトラベルのテクノロジーは完成したと彼女は公言している。


かつて、ETとの間に密約を結んだアイゼンハワー大統領。彼らのテクノロジーを教わる代わりに、地球人のアブダクションが実行されることになった。




リサーチャーの矢追純一さんも、ずっとUFO問題を追いかけてきた一人。


ああ、別の時間軸が我われの周りに回っている。我われの空間の外側の空間。そこへ移動すれば、タイムトンネルで、現在過去未来への旅が出来る。1978年 タイムトンネルは成功していた。空軍基地の中に実験室があった。




タイムトラベル フォン・ノイマン博士とベルガの父・フレデリック・クーパー博士。




宇宙人には、人間にそっくりなのと小さい(アンドロイド)のとがいる、と。

https://youtu.be/Ex6LQa51koY




三つのUFO製造会社(ロッキード社・ノースロック社・・)からエドワード空軍基地とは地下で連結されている。


ああ、重力を自由にコントロールする。




超能力基地、チャイナレイク。海軍兵器センタ―の超能力兵器。




まさに、NASAは表向きで、裏では、アダムスキー型UFO(直径15メートル)で・・




火星まで、20分で行かれると、ローラ・M・アイゼンハワーも断言した。彼女も体験済みに違いない。アイゼンハワー大統領が何をしてきたか熟知しているに違いない。






つい10年前には信じられなかったこの国の人々も、今では、信じられる人も増えたに違いない。


ああ、この国の人々も目を覚まさなくては。世界は激変している。



ローラ・M・アイゼンハワーは手紙の中で、


アイゼンハワー大統領(曽祖父)が心配したのは、このままでは軍産複合体と手を結ぶ低級な宇宙人にアメリカが支配されるということになる。大統領は、そのため別な宇宙人と交流を持ちました。それは金星人と呼ばれる人々です。




ローラは2010年、弁護士と共にある共同声明を出した。「プロジェクト・ペガサス」だ。




プロジェクト・ペガサスとは。テレポーテーションによって過去や未来に行く実験が行われた。

彼女自身が参加して2006年に火星にある地球人の植民地に行ったと証言している。

https://youtu.be/Ex6LQa51koY


ああ、この国の人々は、表向きの世界に目を奪われ、途方もなく飛躍している隠された現実を受け容れられなくなっているのではないのか。




現在の地球世界はどうなっているのか。終わりのない殺戮。これはいったい何なのか。背後に、途方もない秘密が・・・





~~~~~~~~~~~~~~~~~~
インターネット ☆本場の蟹  みっけた市場







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆Tell us Real Mars [火星移住]

火星移住・Mars Oneについては、これまでいくどかふれてきた。

MARS Anomalies ?


元カナダ国防相・ポール・ヘリヤー氏が地球に来ているという、
プレヤデスやゼータ・レクチュリン、それに、土星の衛星・アンドロメディア、そして、
火星や金星から来て、互いに交流している、という彼らは、地球人の火星移住をどう見ているのか。




こんなにも多くの Spaceship Spacecraft Mothership が、世界中で目撃され、異星人たちも目撃されているのに、特定の人だけが彼らと関わりを持っているだけで、一般人には、未確認飛行物体であり続け、脳内の想像上の産物としてあり続けている。




しかし、その一方で、 「マーズ・ワン」計画」が進行している。



オランダの民間非営利団体「マーズ・ワン」が企画する人類火星移住計画。

アメリカは独自に進めているようだが、それは秘密にされている。




一般から希望者を公募し、当初よりは遅れたようだが、2025年に移住を実現させるという Mars One。




2013年の募集に対し全世界から20万人以上が応募、2015年2月に最終候補者100人が発表された。



火星への片道移住の最終候補




人類の火星移住計画を進めているオランダの民間非営利団体「マーズ・ワン」は、

計画の足がかりとなる火星移住の参加者について、

約20万人の希望者から、

最終候補者100人を選んだと発表した。




希望者は一流の科学者や技術者が目立つ一方、

「火星ですし屋を開業したい」というメキシコ在住の日本人女性シェフなども。


いずれも火星で生涯を終えることを承知で移住に挑む真の挑戦者たち。




2024年から、火星に向かう24人。




一方、酸素の問題や放射線の問題が現実のこととしてある。



これは、地球外から地球に来ている彼らのことに思いを馳せれば、宇宙服を着て地球人に会っていた太古の土偶、フィギュア、テラコッタが現実味を増す。





今度は、人間が火星に行くのだから。


しかし、最悪の場合、狭いコロニーの中だけでの生活ということにもなりかねないのではないだろうか。





コロニーから一歩外に出れば、酸素はなく放射線を浴びる。宇宙服を身につけないわけにはいかないが、Space craft で飛び回ることが出来るのだろうか?





アメリカは、空飛ぶ自動車を2年後に発売するというが、約2000万円で、飛行機のライセンスもとらなければならない。



空飛ぶ自転車はどうなるのだろう?




☆男女半々で、夫婦や無職の人もいるというが、最終的に日本人は何人になるのか。



マーズ・ワンの発表によると、

100人の内訳は男性50人、女性50人で、年齢は19~60歳。



北米39人、欧州31人、アジア16人、アフリカ7人、オセアニア7人など。



日本人は、男女5人ずつというのは読んだことがあるが、実際どうなっているのか、この国では公式にはふれていない。

 



米CNNテレビ(電子版)は、有力候補とみられる英国人2人の声を紹介したが、日本ではノーコメント。





やはり、
この手のことは、秘密なのだろうか。




一方で、エイリアンと会って意思を通じ合っているという日本人がいるかと思えば、そうした存在が地球に来ていることすら信じない人々。




やはり、奇妙な社会なんだ。妙な犯罪ばかりが目立ち、政治には無関心。本当のことは知らされない。


Tell us Real Mars



~~~~~~~~~~~~~

海外・国内旅行 やくだつ市場







タグ:火星移住
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆Strange Objects on the Moon [火星移住]

Mars One


火星行きの人選が進んでいるが、


もはや、月に進出することは出来ないということが、背景にある。




月の裏側には、彼らの基地があることが、

公表されなくても、もはや半ば常識的になっているのかもしれない。






お月見とか、ウサギとか、十五夜お月さん。子供の頃のそうしたイメージが吹き飛んでしまった。




日本の学校では、現在でも、地球以外の星には知的生命体は見つかっていないと教えているのだろうか。


U F O in Shizuoka


こんな不思議な人間世界。


見た人がいっぱいいても、

それが存在しないと。






永いこと秘匿してきた事実。




いまや、

NASAも事実をカバーするのでなく、

暗に Google で見られるようにしている。


Classic U.F.O.'s and Flying Saucer Pictures




リサーチャーのHiroshi Hayashi さんも、

このことに触れている。






我われ一般人は、

今でもその事実を受け入れることが出来ないのだろうか?






これまでのすべての既成概念を変えなければならなくなるから。






見たものは見た、と言いつづけてきた Mr.Hayashi




これと同じものを、見上げた上空に、夫婦で見てしまったから。

そこから彼の探求が始まった・・


Strange Objects on the Moon




Oh Prometheus !







世界の向こう






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆縄文・弥生時代のUFO [火星移住]

知らないから安心して生きていられる。最近そう思うようになった。


この宇宙の地球という星に誕生して、人はそれぞれどのような一生を送ることになるのか。



それは、予測がつかないが、もしかしたら、何者かによって、

100人100様、決められ、操られているのかもしれない。



宇宙の知的生命体。我われが暮らしている天の川銀河の太陽系の地球。



全宇宙は、死と再生を繰り返し、現在も過去も未来も区別がつかない同じ一点にあるのかもしれない。

宇宙的な観点に立てば。



太陽系もエイリアンによって創られたという声もある。




ああ、何ということか、今日元気でいる人も、

明日は分からない。2023年の火星移住が気にかかる。私からすると孫の時代になるかもしれない。


それがもし、現代版ノアの洪水でないことを。必要最小限の人間が火星に移住した後、残りの地球人をどうにかしようというのか。何者かによるManipulationが働いていないことを願う。



我われのDNA はどこで決められたのか? 自然発生的にか。



太古のむかしから、といっても、彼らはいつから来ていたのか。



思うに、縄文時代って、どんな世界だったのか。

発掘された縄文・弥生の土器・土偶。土偶は人間を含め、知的生命体の姿かたち。



数千年前に造られた土偶・土器。その中の宇宙服をまとった異星人。人間の仮面をかぶった彼ら。

出雲大社で発掘された大きな土器には天空の神社と異星人とUFOが描かれていた。




八ヶ岳山麓で発掘された縄文土器・土偶の数々。それらの中に明らかに異星人の宇宙服と思われるものが出土している。そして謎に満ちた縄文ヴィーナスと仮面の女王も。空想で造ったのではないと思う。モデルがあると。その存在が、この地球に深く関わっていた、と。そして、今日の我われの中にある種のDNAを刻み込んでいる。精神も物質であるという学者もいるではないか。



それにしても、世界中にこんなにも多くの物証がそろっているのに、彼らの存在を公的に認めようとはしない。


静岡県磐田市、堂山古墳で発掘されたこの土器は、ほんとうに傘なのか。上下の関連性がなくただ積み上げたというこの物体。

これは、当時の人々が見た天から下って来たUFOではないのか。

http://youtu.be/xgEGZH7wIuQ



世界の向こう  やくだつ市場  医療機関と医師






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆Mars Urban Texture [火星移住]

歩道を歩いていて、10メートルほど先を行く人がいる。ごく普通のことで、特にこれといった思いはなかった。一瞬視線を車道に向け、再び前方に目をやった。
あれ? 先を歩いていた人はどこへ行ったのだろう。あの辺は右へ別れる道はないはずだが。左は車道で誰も歩いていない。変だなあ。


先ほどその人が歩いていた所まで行き、もう一度左右を見た。おかしい、生垣はあるがここには脇道も建物もない。あの人はどこへ行ったのだろう?

これと似たような経験をした人はいませんか? これって、地底人だったことも考えられます。スルッと別の空間へ移動してしまった。地上へ現れる時は、どこにでもいそうな地球人の姿かたちなので、それが地底人などということは思いもしないわけです。


日常生活は、いつもと同じであることを前提にものごとを考えたり感じたりしていますね。


我われは、地球人の常識にしたがって物事を想定しています。熱過ぎたら一瞬たりとも生きていられない。

零下150℃の星では人間は生きて行けない。


しかし、彼らの Spacecraft は、火山活動をしている火口へ入って行き再び出てくる。一時的に光を放つプラズマ現象ではない。太陽に出入りしていると言われるSpaceship、Spacecraft の類。

彼らは、地球の工学を使ってはいない。はるかに進んだテクノロジーを使っていて、地球人の常識外の世界で生きているようだ。



月にはエイリアンがいっぱい居て、地球人が入る余地がないと分かり火星へ行くことにした。

火星は、現在ロボットによる探査が行なわれていて、2023年に火星移住が実施される予定だが、


NASAやESA(European Space Agency)は、火星の情報を相当詳しく持っていると思われる。太陽系にはどれくらいの探査機が周回しているのか。アポロだって、中止宣言され、実際は飛ばされていたのに日本にはそれらの情報がまったく流されなかった。


以下の、
Gerhard Neukum・・for the original resources 

によって編集された映像や日本語の解説から、火星の実態が浮かび上がってくる。
火星考古学


今、初めて地球人の前に、火星の土木工学が現れる。地球人をはるかに凌ぐ彼らのテクノロジーが。


火星はダストストームの惑星。部厚いダストの下に眠っている目を見張るような古代都市群がどこまでもつづく。マイナス150℃と言われる火星の北極圏でさえも。


現在の厚いダストの層を除くと、埋もれている古代都市の表面が現れる。火星の都市は、明らかに壮大なスケールの、おそらくはグローバルなスケールの都市構造に従っている。そういったグローバルな都市計画に従って組織的に建設されている、と。


地球の都市は、ある意味、自然発生的に形成されてきたが、火星はまったく異なるテクノロジーによって計画的に形成されていた。


ああ、

Spreme Master Ching Hai

が言っていたことがほんとうだった・・


4千万年前、火星の文明は発達しすぎて崩壊してしまい、現在はダストストームの下に眠っている・・

生き残った0.2%の火星人は、地下でテスラのいうフリーエネルギーで生活している・・

しかし、とりわけ地球外文明が存在する証拠となる画像は、この地球では厳しい検閲に遭い公開禁止になっている・・

世界の向こう やくだつ市場


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆Again,Where did Humans come from? And where do Humans go to ? [火星移住]

2023年火星移住・Mars Oneについてふれてきているが、



冷静に考えてください。



片道切符で地球に戻ることはない火星移住。




火星に住める可能性が薄いのなら、


そのような無謀なことをするでしょうか?




否! 


Spreme Master Ching Hai


は、火星の地下を中心に、火星には400万の火星人が住んでいると言っています。 火星人は地球人が来て、彼らを探し出すことを嫌っているが。




コートニー・ブラウン博士は、人には、リモートビューイングの能力が備わっていると言っている。




過去や未来、遠隔地の世界が見える能力が人には備わっているというのだ。見える人には見えているのだろう。




Spreme Master Ching Haiは、金星にも行ってみてきたとも言っているのだから。体外離脱のような方法ばかりでなく、金星へは spacecraft で行ってきた可能性もある。






我われ一般人にしても、


今日秘匿されつつも、ほんとうのことを伝えるべきだと思っている人々により、それらの情報が提供されている。




Google earth,Google Moon,Google Mars が提供されている。それらで観ることが出来る。




NASAも、ISSも、かぐやも、情報を提供している。マスクされつつも。




火星に氷があれば、酸素もつくれる。


しかし、隠されていたり、情報がもみ消されたりしているが、実際はどうなんだろう。




実は、


ある場所には木が生えていて、氷もあり、湖もある。




Mars One 計画をしている彼らも、移住しようと思っている彼らも、それを知っているのではないだろうか?




火星の人気地区とされている、シドニア地区




そこには、エジプトや日本にあるものと同じものがある。




カイロ近くにあるギザのピラミット、スフィンクス・・そして堺市にある仁徳天皇陵・・




ああ、愚かにも、我われには知らされていないだけなのだ。


彼らの地上での標識。




ピラミットが、そして、世界最大級の仁徳天皇陵に似たものが、


なぜ、火星にあるのだ。人面岩が、なぜ生命の痕跡はないと言われている火星に、


存在するのだ。




エジプトのカイロとは、アラビア語で、火星




我われの知らない所で真実は歩き回っている。




すべてが巧妙にコントロールされ隠されている。


見えない空間のごとくに!




Again,Where did Humans come from? And where do Humans go to ?




日本人による解説、そんな馬鹿な嘘だろう! と言いながら以下、観てやってください。

「火星の大地で前方後円墳を発見!」






ただよう愛





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆Mars - Buildings in the distance? [火星移住]

Mars One & real Mars


2023年火星移住・Mars One について以前ふれたことがある。Mars Oneが提示する要件に合いさえすれば、地球に住む誰もが、このプロジェクトに応募することができる。



既にあるテクノロジーを組み合わせて火星移住計画をデザインするのは、オランダの民間ベンチャー企業。


4月22日(月)火星への無帰還調査隊Mars Oneの隊員募集が公式に始まった。


開発者の計画では、この最初の植民団が火星に到着するのは2023年4月22日だという。




2015年7月には宇宙飛行士候補生24名が選ばれ、7年をかけて訓練が行われる。


派遣は4名ずつのチームで行われる。




Mars Oneの第1回ミッションの4人のチームを火星に送るのにかかる飛行コストは60億ドルで、


その後、2年に1度行われる飛行コストは40億ドルとなるそうだ。


最初のコストは、このリアリティーショーの放映権の販売でほとんどをまかなう予定で、放送は候補者選考の段階から行われるという。




マーズワンの大きな特徴は、火星探索に行く人々が片道切符でミッションに参加するということ。


行ったら残りの人生をずっと火星で過ごすことになる。




ここが可能と不可能の分かれ道。




もし、火星に着陸した人間を地球に戻そうとすれば、地球からロケットを打ち上げる以上の巨大な装置が火星で必要になるが、それを可能にするテクノロジーはない。


装置を組み立てるだけの人間も工場もなく、戻ってくるためには、現在予測される100倍以上のコストがかかる、と。




また、身体としては地球上の60%ほどの強度しかなく、地球に戻るのにさらに6ヶ月かかることを考えると、最初のチームが地球に戻って暮らせるようになるのはほとんど不可能だと。





最も重要な資質は健康で頭の良いことだという。無人島でもずっと一緒にいてもいいと思うような相手であることも大切だと。飛行士たちは信頼し合いながら問題を解決していけるような、気が張らない関係でなければならない。




火星で喧嘩をするわけにもいかないので、リードすべき時はリードし、従う時には従えるような性格が求められる。




選ばれた人は、その後7年間の訓練をして、生命維持装置の修理を行ったり、骨折を治療したり、簡単な手術もできるようにするが、こうしたことは頭さえよければ修得可能な技能だという。




孤立した状況では男女両方がいるチームの方が良いとされているが、男女半々にこだわるよりは、組み合わせの良さを優先するという。いろいろなチームができるだろうが、28歳から60歳、あるいは65歳までとなる。応募の最低年齢が18歳なので、訓練をへて火星に行くまでには28歳になっているし、またあまり高齢だと体力面で火星で行う作業に耐えられないから。





さて、その火星の実態はどうだろうか? 



火星人は地球人が来ることを望んでいないと、Spreme Master Ching Hai



地下を中心にテスラのエネルギーを利用して生活しているという彼ら。



菜食中心で協力し合いながら平和に暮らしている彼らは、肉食の地球人に見つかるのを恐れていると。




地球よりも歴史が古い火星。どのような現実が展開されるのか、実態が地球で放映されることになっているが、私はそれまで生きていられないだろう。




しかし、公表はされないが、秘密裏に 彼らETI の spacecraft で、火星に行っている地球人がいるのではないかと思ったりする。




やはり、彼らと地球人のテクノロジーは開きが大きい。

Mars - Buildings in the distance?



コンパクト家電有り  ただよう愛







タグ:火星移住
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆火星移住計画着々と!Rover Landing on Mars [火星移住]

2023年、
人類火星移住計画・Mars One について、

以前のブログで
でふれました。

関心がない人も多いと思いますが、
人類火星移住のための計画は着々と進んでいます。

何故先に月に移住しないかって?

一般市民には巧みに秘匿され続けているので、知らない人がいるかもしれませんが、
月にはエイリアンがいっぱい。地下都市に住み、月を彼らの星との中継地にしているんですね。
アポロが行って確認済みなんですが、地球から見える表側にも、現代のデジタル望遠鏡で、spacecraft やエイリアンが動く様子も見えるとか見えないとか・・。

それにしても、フリーエネルギーの問題もあって、
未だに知らないでいる人も多いかもしれません。
NHKでは報道しませんから。

いわゆる、彼らの乗り物は、未確認飛行物体だと思っている。
心理作用がUFOを見せたり、エイリアンを見せたりしていると思い込んでいる人がいる。
世界の多くの人により確認されている飛行物体なのに。

月の地下には元地球人もたくさん住んでいると読んだことがありますが、
私は見ていないので分かりません。住居は、金星と同じようにドームになっているのでしょうか。
生命維持装置とかがあり。でなければ、彼らにより改造されているか。


それにしても、奇妙な時代です。
一方で、ごく一部の心の強い人が彼らの乗り物に乗り、○○星に行ってきて、
その実情を伝えているかと思えば、おとぎ話だと思っている人も多いわけです。

ただ、宇宙服を身に着けないでその星に降り立つことは出来ないのでは、
と思います。地球人は、3次元体ですから。彼らが、何らかの方法を講じていれば別ですが。

NASA TV Capture of MSL Curiosity Rover Landing on Mars

Aug. 6, 2012
8月6日 午後14時半、火星探査車キュリオシティー着陸。
着陸 成功の確認シグナル地球に届く 火星探査車キュリオシティー「ゲール・クレーター」着陸

地球と火星の距離から、探査機 から地球までの通信に14分間くらいかかるようです。

以下、アニメーションで分かり易く見せてくれます。
http://youtu.be/gwinFP8_qIM

2023年、人類火星移住のため着々と進んでいます。

ただよう愛 医療機関と医師と診療



タグ:火星移住
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
火星移住 ブログトップ