So-net無料ブログ作成
フリーエネルギー ブログトップ

◆Space ship に乗ったが・・ [フリーエネルギー]

宇宙船に乗ったという、
James Gilliland 

回転する光の輪・トーラス現象を見た、と。

また、

レイン・アンドリュースという女性も、招かれて宇宙船内に入ったという。

二人ともトーラス現象(回転・循環する光の球体)を見たというが、
共に政府から大掛かりな嫌がらせを受けている、と。


これまでにもふれてきた、

セルビアの電気技師で発明家のニコラ・テスラ (お金を融資していた、モルガンは銅線が必要なくなるからと手をひいてしまった)


発電機をつくったアダム・トロントニー、


フリーエネルギーを低価格で利用できる装置を開発したJohn Bedini は、研究室を襲われ販売断念


カナダのJohn Hutchison は、フリーエネルギー電池を発明し、物を浮き上がらせることに成功したが、政府と警察から強制捜査され、やめさせられたという。


また、以前ふれたことがあるEugen Mallove 博士は2004年に撲殺された。


実験に成功した科学者たちは、みな、封じ込められてしまっている。


その背後にどんなエネルギーがあるか、ということから、UFOエネルギーに気づかされるからだと。


ピラミッドの頂点にいる者からすれば、石油・ガス・石炭のすべてが不要になっては困るのだ。



というわけで、この技術は世界中で証明されているのに、実用化されていないというのだ。 


日本のあの方も、今ではまったく前面に出て来なくなっている。


医療分野で言えば、使いつづけられる薬が優先される。医学界が製薬会社から資金を得ていることは多くの人が周知のこと。(治療法の弾圧)


世界には、誰かの欲望のために実現されないことがある。良い方法だと分かっていても。


そこで、立ち上がったのが毎回ふれている、
UFO DISCLOSURE PROJECT

を13年前に立ち上げた、スティーブン・M・グリア 医師だった。


Dr. Steven Greer : Contact, Disclosure and Free Energy


http://youtu.be/eTAJpm91eII




彼も、巧妙な方法で殺害されそうになったが、腕利きの外科医であったことで、その迫害から抜け出すことが出来た。


こんなにも重苦しい歴史を背負って人類は暮らしている。ただ、その実態が巧妙にコントロールされ隠蔽されている。



現在、NASAが運用中の宇宙機は非常に多く、我われの太陽系については多くの情報を把握していると思われる。



それらを公開したら、人類は大混乱に陥ることは明らかだ。これまでの常識が多くの分野で覆ることになるからだ。




だから、少しずつ、認識を深めていってほしい。ある日突然、未知との遭遇で大混乱を起こさないように・・


Dr. Steven Greer


http://youtu.be/JozCsfnatNk



★世界の向こう ☆医療機関と医師






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆A 'Serious', "Short Doc・・ [フリーエネルギー]

ついこの間まで、見えない空間のことは意識しませんでした。


我われのすぐ側に別の次元が重なっている、ということは、アメリカの天才女性物理学者、リサ・ランドールの理論から、イメージすることがありましたが、異星人がこの地球に太古から関わっていて、現在アメリカ政府を助けている、ということも知りませんでしたから。


見えないものはない、嘘だろうという感じですね。


ところが、エリア51から始まり、ケネディの暗殺、フリーエネルギー研究者が次つぎと命を絶たれ、世界中に、いわゆるUFOの目撃者がいて、彼らにアブダクションされた実体験者の告白を聴き、



これは、ジョージ・アダムスキー、ビリー・マイヤーが言っていることは本当かもしれない、から、
Omnec Onec、アレックス・コリア、Ching Hai、Charles J Hallらが言っていることに耳を傾け、



アメリカ軍が地下工事中に彼らに遭遇し、軍人たちがことごとく殺され、一人だけ残った軍人Phil Schneiderは、そのことを公に講演して歩いたが、今度は闇の地球人に暗殺された、という遺言のようなビデオを観て、



ああ、これは作り話ではない、と思いましたね。



平行して、ボロネジやジンバブエの大勢の子供たちの前に現れたUFOとエイリアンたち。

それらはみな、


13年前に、UFO DISCLOSURE PROJECT
を立ち上げた、スティーブン・M・グリア 医師の活動を背後で裏付ける証拠となっていったのです。



見えない存在がこの地球をいっぱい訪れている、ということは、前回ふれた、井出治さんの話で、
よりいっそう現実味を帯びてきました。



彼は、すぐ側に現れた存在に直接質問を投げかけているのです。



「あの、ミステリーサークルは誰がつくったのか?」



「ああ、あれは、ボク」と自らを指さしたというのです。もちろん、人間が作ったと言われるもの以外のサークルについてです。


何人でつくったのかと訊くと、一人でつくったというのです。

何かシステムを作動させ、同時に複数個つくったと。


それは、光速を遥かに超えた乗り物で移動する彼らだったら、上空から何かのテクノロジーを使って人間から見れば、神業と思われることをやってのけるのですね。Alien God と言われる彼らですから。



第3起電力・超効率インバータ(デゴイチ)で知られる井出さんですが、
最初の不思議体験は、小4でUFOを見たこと。幽体離脱、テレポーテーション、と。

それから、携帯画面にUFOが突然現れた。空に渦が見え、UFOが飛び出し、携帯カメラの中に現れた、というのです。



日本の「かぐや」が、月面映像を公開しなかった。NHK&JAXAが秘匿してしまった、と。

現在、井出さんもコントロールされているのかもしれない。


公表したら、科学界はじめ、あらゆる分野が覆ることになる。「かぐや」の情報を隠すため、その後の「はやぶさ」の情報でカムフラージュした、と。

スティーブン・M・グリア 医師登場
A 'Serious', "Short Doc", on UFO's, Aliens, Disclosure, & Free Energy. MUST WATCH! 2014






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆ゼロポイント・エネルギーと背後の闇 [フリーエネルギー]

ーUFO DISCLOSURE PROJECT 会場での質問(13年前の)に応えてー


▼ 新聞記者の質問に


Q.エイリアン複製航空機(ARV)について ?


UFO DISCLOSURE PROJECT
代表・スティーブン・M・グリア 医師が応えて:


A.これは非常に高度な反重力で、ゼロポイント・エネルギーを用いた推進力システムによって作動する。


推進力システムは、ロッキード社やノースロップ社、SAIC社や他の複合会社によって開発されたものです。


軍の諜報機関と航空宇宙開発請負企業との協力によって生産されたものです。


ゼロポイント・フィールド・エネルギーとは、場全体のエネルギー場のことで、、そこに存在するエネルギーが流動的に、化石燃料や環境汚染なしにこの惑星を運営できる全ての動力を発生させることが出来るものです。



特別な相関関係によって慣性を消滅させ、反重力効果を生み出すものです。
UFO ディスクロージャー・プロジェクト

UFOエネルギーは、空中から無制限に取り出せるもので、以前ふれた、原子の間の空間を取り出すという、常温核融合。

グリア 医師は、ゼロポイント・エネルギーについて、


「私は実際にこれら[の装置]が作動しているのを見たことがある。当然、その発明家は脅迫されてきました。ユージン・マローブ博士のことで、彼は2004年5月に命を奪われたが、彼と私はこれに取り組んでいた」と。



そして、グリア 医師は、


無法な闇の計画の中ではすでに完全に開発されています、とも言っている。


量子真空または、「ゼロポイント・エネルギー場」から、とても洗練された方法でエネルギーを抽出するこれらの工学技術により、化石燃料と原子力の産業が不要になるからです。化石燃料と従来型輸送に関連する分野は、世界経済の中で7兆ドルを占めます。




もしこの情報が明るみに出たなら、人々は、 石油、石炭、集中的な施設などが不要であることを直ちに知るでしょう。


グリア 医師が、UFO隠蔽陰謀グループから、スカラー電磁気兵器(トム・ビーデン博士の本で、縦波の波形がいかにしてこの種の作用を伝達する媒体になり得るかを説明している。それは、一つの細胞、あなたのDNAまで送り込むことができる。共鳴現象により。人類はこの技術を1950年代から持っている)で攻撃され、癌を生じさせられ、再び立ち上がるのに18ヶ月かかったと。彼だけは腕の良い外科医だったから奇跡的に助かったが、他の学者は全員亡くなったと。


UFO ディスクロージャー・プロジェクト



これに関連して、日本の「井出 治」(緑十字社クリーンエネルギー研究所所長)が、

ユージン・マローブという、MIT(マサチューセッツエ科大学)の教授は、 常温核融含などの研究もされていた方ですが、自宅で他殺体という形で発見されたようです。マロープさんだけではなく、私がこの研究を始めて関わった人たちのうち、優秀な方ばかりがなぜか4人も似たような形で亡くなっています。

フリーエネルギー分野では、私が最初に興味を持った「EMAモーター」の発明者がやっぱり亡くなりました、と。


UFO ディスクロージャー・プロジェクト


ただよう愛 医療機関と医師





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
フリーエネルギー ブログトップ