So-net無料ブログ作成
検索選択
健康被害 ブログトップ

◆偽造薬(ニセ薬)による健康被害、死者 [健康被害]

ヨミドクターを読んでいて、

偽造薬により健康被害を起こした人のことを改めて再認識しました。

2005~10年で、国際的に問題となっている偽造薬により健康被害を起こした人は、
世界で少なくとも1337人に上り、うち424人が亡くなっていたことが厚生労働省研究班の調査でわかったとのこと。


偽造薬とは、不当な利益を得るため、正規の薬に似せて販売されているニセ薬のこと。

調査は、10年までに発表された英語の学術論文で、偽造薬について記載のある1608件のうち健康被害とその原因が書かれたものを分析し、把握できた25件をまとめたという。


それによると、被害の発生国は発展途上国64%、先進国36%で、解熱鎮痛・せき止め薬36%と最も多く、次いで糖尿病治療薬と性機能改善薬がともに12%だったという。

把握事例の4割を占める10件が2005年以降に発生している。

具体例としては、
抗がん剤の一種ベバシズマブの偽造薬で目の治療を受けた80人が急性眼内炎を起こした中国の例(2010年)や、血液の凝固を防ぐ薬ヘパリンに中国産の偽造原料が使われたと見られ、785人がアレルギー反応を起こしたアメリカの例(2008年)などがあったという。

 今回の調査結果に国内の被害事例はなかったが、
調査に当たった金沢大の木村和子教授は「偽造薬の健康被害は表面化しないものが多く、今回の調査結果も氷山の一角。日本でも最近、インターネットの個人輸入で被害が出ており、危険性をもっと認識する必要がある」と。


◆木村 和子 (きむら かずこ)金沢大学教授
東京大学 薬学部 薬学部製薬化学科卒
東京大学 修士課程 薬学系研究科 薬品物理化学修了
薬学博士
・受賞学術賞
Award for the Best Questioner(2004/07/15)

医療機関と医師


健康被害 ブログトップ