So-net無料ブログ作成
検索選択
作詞家 ブログトップ

◆岩谷時子さん、さようなら! [作詞家]

岩谷時子さん、お疲れさま、そして、さようなら!

知らずに聴いていたあの歌この唄が、
岩谷時子さんの作詞だったと知り驚いています。

ほんとうに充実した一生でしたね! とてもまねができません。


作詞として、
印象に残っているのは、

『愛の讃歌』(「巴里の唄」の劇中歌)
『恋のバカンス』(ザ・ピーナッツ)
『ふりむかないで』(ザ・ピーナッツ、作曲・宮川泰)
『君といつまでも』(加山雄三、作曲・弾厚作)
『お嫁においで』(加山雄三、作曲・弾厚作)
『夜空の星』(加山雄三、作曲・弾厚作)
『恋の季節』(ピンキーとキラーズ、作曲・いずみたく)
『涙の季節』(ピンキーとキラーズ、作曲・いずみたく)
『逢いたくて逢いたくて』(園まり、作曲・宮川泰)
『ベッドで煙草を吸わないで』(沢たまき、作曲・編曲 いずみたく)
『おまえに』(フランク永井、作曲・吉田正)
『いいじゃないの幸せならば』(佐良直美、作曲・いずみたく)


などですね。


訳詞では、

『愛の讃歌』(越路吹雪)
『ラストダンスは私に』(越路吹雪)
『ろくでなし』(越路吹雪)
『サン・トワ・マミー』(越路吹雪)
『幸福を売る男』(越路吹雪)
『ケ・サラ』(越路吹雪)
『マイ・ウェイ』(尾崎紀世彦)
『百万本のバラ』(小田陽子バージョン)


岩谷時子さんは、
合唱曲や校歌もたくさん作詞されていたんですね!
まったく知りませんでした。


★岩谷時子 作詞家、詩人、翻訳家
1916年(大正5年)3月28日生れ。本名:岩谷トキ子
1939年 神戸女学院大学部英文科を卒業後、宝塚歌劇団出版部に就職。
宝塚歌劇団の機関誌である『歌劇』の編集長を務めた。
歌手・越路吹雪のマネージャーを務めた。
2013年10月25日 肺炎のために東京都内の病院にて他界。97歳。
・受賞歴
第29回菊田一夫演劇賞授賞
1993年 勲四等瑞宝章
2009年 文化功労者


やくだつ市場


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

◆コトバの魔術師・阿久悠 [作詞家]

言葉の魔術師・阿久悠






作詞家・作家 「唄は時代に存在する」と言った阿久悠




映像的、視覚的時代をいち早くキャッチした時代の申し子。










愛さずにいられない/熱き心に/あの鐘を鳴らすのはあなた/雨やどり/雨の慕情/アモーレ/ いくじなし/一夜かぎり/宇宙戦艦ヤマト/ウォンテッド/ウルトラマンタロウ/うわさ/ 勝手にしやがれ(歌手・沢田研二)・・・・・・・




そして、沢田研二の歌う「時の過ぎゆくままに」(youtube)のコメントに、




i can listen to this song forever and never get tired of it... i can look at Kenji forever and never get tired of him... there's no one in the world resembles him, long live the amazing Julie!




とコメントが残されていたのも印象的・・





タグ:阿久悠
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
作詞家 ブログトップ