So-net無料ブログ作成
検索選択
アレルギー ブログトップ

◆自己注射薬が2011年秋に保険適用された-アナフィラキシー [アレルギー]

アナフィラキシー

ハチに刺されたり、アレルギーのある食物を食べたりした時、
呼吸困難や意識消失など急激な症状があらわれることを「アナフィラキシー」というのだそうだが、
緊急時に使用して症状の改善を図る自己注射薬が2011年秋保険適用されたんですね。

アナフィラキシーとは、食べ物や蜂の毒などが体に入った時、過剰に反応するアレルギー反応の一つ。

国立病院機構相模原病院臨床研究センター・アレルギー性疾患研究部長の海老沢元宏さんによると、
日本では年間約60人がアナフィラキシーショックで死亡するという。

半数はハチ毒が原因で、残りは食物や薬によるものか、原因不明だという。

症状を緩和する自己注射薬「エピペン」を使うのが効果的だという。
エピペンは、アドレナリン(別名エピネフリン)が入っており、気管支を広げて呼吸困難を改善するほか、心臓の機能を増強して血圧を上げ、ショック症状を和らげる。

しびれやせき込みなど、アナフィラキシーの初期症状が出た時点で、太ももの前の外側に注射するのだという。
 
エピペンは当初は保険がきかず、処方料なども含め1本約1万5000円と高価で、患者団体は保険適用を求めてきたが、
2011年9月に保険が適用され、
薬価は10,950円(0・3ミリ・グラム)、8,112円(0・15ミリ・グラム)で、
3割負担だと約3300~約2400円程度になる。

朗報ですね!


☆海老澤 元宏(エビサワ モトヒロ)国立病院機構相模原病院 アレルギー性疾患研究部長
東京慈恵会医科大学医学部卒
1991年米国ジョンス・ ホプキンス大学医学部内科臨床免疫学教室に留学
医学博士号取得(東京慈恵会医科大学)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
アレルギー ブログトップ