So-net無料ブログ作成
検索選択
歯の予防 ブログトップ

◆歯周病 歯磨きーいっぽんいっぽん [歯の予防]

日本人の成人の8割がかかっているといわれる生活習慣病の一つが、


歯周病


朝食後と夜寝る前の2回が一般的な歯磨きと言われていますが、


このところ、毎食後にやっていますが、


会社とか勤めていた時は、昼はまったくやっていませんでした。


勤務先でも、昼食後、いつも歯磨きしている人がいましたね。




歯は悪くなって初めて大切さが分かりますね。




私の場合、磨いても、質が悪かったですね。


しかし、歯磨き指導も、時代とともに変わってきたようにも思います。




歯科クリニックで歯磨き指導を受けたのは、齢とってからでした。




もう、疾うに歯周病になっていたのですが、


虫歯は気にしても歯周病のことは軽んじていました。




昨今では、糖尿病はじめ、心臓病や脳梗塞、肺炎などの要因と言われていますが。




先ほど、チェックの項を見ていて、


すべて経験ありでした。




【チェック項目】


・歯を磨くと出血

・歯茎が赤く腫れる

・歯茎からウミが出る

・冷たいものや熱いものがしみる

・起床時、口中がネバつく

・口臭がある

・歯のすき間にものが詰まる

・歯石が付いている

・歯茎が長くなってやせてきた

・歯がグラグラする


※一つでも当てはまるものがあれば、早めに専門医で診察受けたほうがいいとのこと。


歯ブラシは少し小さめで毛先がまっすぐで3列の植毛タイプで、


少し柔らかめを選ぶこと。




歯の状態は人によって異なるので、具体的には、


歯医者で直接指導してもらうのが望ましいということです。




力を入れ過ぎず、小刻みに軽く振動させるように磨くといいのだそうですが、私は無意識に力を入れているので、根元をいっぱい減らしてしまいました。そればかりではない、と歯科医師からと言われましたが。



また、さまざまな効能をうたった市販の歯磨き粉が多くありますが、


正しい歯磨きをすれば、歯垢は取り除けるので必要不可欠ではないと、


大塚歯科クリニック院長の大塚健司さん。




夜は歯磨き粉なしで一本いっぽん、丁寧に磨くと良いのだそうです。


(講師は、大塚歯科クリニック院長の大塚健司さん)


みなさんも、私のようにならないよう、歯は大切にしてやってくださいね!



大塚歯科クリニック
いろいろ市場


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

◆歯周病、油断大敵! [歯の予防]

歯周病っていやですね。


それは、どんな病気でもいやですが、生きているということは、避けては通れないことですから。



齢とともに4人に3人は歯周病に罹っているようですね。



歯周病:歯肉からの出血、口臭の悪化、口内のネバつき、歯肉の腫れ、膿が出る、硬いものを噛むと歯が痛む ・・



私は、若いころにもいくつかの症状が出たように記憶しています。



クリニックで歯磨きの指導を受けてから、自分のブラッシングが間違っていたことを知りました。



どうしてもブラシに力が入ってしまい、歯茎に近いあたりを削ってしまいました。握り方も間違っていましたね。


長い間の習慣です。



ていねいに、少し時間をかけてブラッシング。忘れるとすぐ症状が出てきます。[猫]

歯はあらゆる病気に関係してくるので、後の祭りですね。




どうしても、悪くなってから気付くので、予防に注意しないといけないのですが、怠け者なので。




◆歯周病治療









タグ:歯周病
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
歯の予防 ブログトップ