So-net無料ブログ作成
検索選択
PET検査 ブログトップ

◆がん、PETで、早期発見 [PET検査]

☆PETとは?

これは、愛玩動物のことではありません。

PET(ペット)は、がんの検査方法の一つです。

陽電子放射断層撮影」という意味です。

Positron Emission Tomography(ポジトロン・エミッション・トモグラフィー)

の略です。

癌は、日本人がもっとも罹りやすい病気の一つですが、体に何らかの変化が起きてから見つかることが多いのですね。

ある程度進んでからでないと発見しにくい病気でもありますし、いつもと様子が違い、もしかしたらと思っても、病院に行くのは気が重いですし。。

PET(ペット)では、特殊な検査薬を使用して「がん細胞に目印をつける」というのがPET検査の特徴なんですね。

PET検査は、がん細胞が正常細胞に比べて3~8倍のブドウ糖を取り込む、という性質を利用するんですね。

ブドウ糖に近い成分を注射し、しばらくしてから全身をPETで撮影します。

するとブドウ糖(FDG)が多く集まるところがわかり、がんを発見する手がかりとなります。

従来のレントゲンやCT、MRIなどの検査は、写し出された造形からがんを見つけますが、
PETはこのように細胞の性質を調べてがんを探しだしのですね。

PET検査を実施している医療機関は、今では全国にあります。

検索すれば、すぐ見つかりますよ。

◆医療機関案内 

★PET検査ネット:
http://www.pet-net.jp/



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
PET検査 ブログトップ