So-net無料ブログ作成
検索選択
被災地での眼科 ブログトップ

◆被災状況下の目の治療ー緑内障、結膜炎 [被災地での眼科]

被災状況下の目の治療ー緑内障、結膜炎・・


ラジオを聴いていると、

今回の東日本大震災で被災地にいる方や原発の放射能から避難されておられる方たちの

目の病気について、眼科医の方がゲストでいくつか注意点を話していましたね。

先ず、
緑内障の方は、目薬を点けつづけないと、目が悪くなるので、というアドバイスをしていました。

眼科医の数が少ないので、避難所や被災地の方は、可能ならば、自らの目のことを、
身近に居る医師が何科の専門であっても、その方に訴えることが必要だと。

医師の側からも、是非とも声かけをしていただきたいですね。

また、
結膜炎は他人にうつるので、注意が必要だと。
対処法は、
炎症を弱める点眼薬や混合感染を防ぐ意味で抗生物質や抗菌剤を点眼すると良い、と。
感染予防には、
抗菌薬を使えば良い、ということですね。

ほかの人が見て、目が赤い人がいたら、目薬をつけるように教えてあげると良い、ということです。

今回の被災状況から長丁場になると考えられるので、全国のみんなで応援していかないといけませんね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
被災地での眼科 ブログトップ