So-net無料ブログ作成
コマーシャル ブログトップ

◆AC(旧・公共広告機構)のCMで注目の金子みすゞ [コマーシャル]

東北関東大震災の後に、民法各局ではAC(旧・公共広告機構)のCMを連日流していて、

そのCMのために、意外な本に注文が集中しているそうです。


『遊ぼう』っていうと 『遊ぼう』っていう。

という詩から始まるCMだそうです。

icon
icon


大正時代の詩人・金子みすゞの「こだまでしょうか」という作品。

『ごめんね』っていうと 『ごめんね』っていう。こだまでしょうか、いいえ、誰でも。

人と人との優しい会話のきっかけになることを願って2010年に制作されたCMだそうです。

「やさしく話しかければ、やさしく相手も答えてくれる」
という言葉でCMが終わる・・


「わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集」に収録

icon
icon

「わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集」
icon


☆ AC=JAPAN ADVERTISING COUNCIL(公共広告機構)

・ACの理念
公共広告機構という名前は昨年の7月1日からACジャパンに社名変更されていますが、この団体の理念は「広告のもつ伝達力、説得機能を活かし、社会・公共の福祉に貢献すること」ということなのだそうです。
広告活動という枠の中で、社会貢献をしようということなんですね。
その活動が38年続いているそうですよ。

・ACの組織
最初は本当に少ない企業の集まりだったが、現在は一般の企業、新聞・ラジオ・テレビ・雑誌などのメディア、そして広告会社など、約1200社が参加するボランティアの組織になっているとのこと。
ACはこの三つの業種の会社のコラボレーションで動いていて、参加している企業には自社のCSR活動、つまり社会的責任における活動の一環としてご参加している、ということです。

・ACの仕組みの最大の特徴
ACの仕組みの最大の特徴は、広告費がゼロなのだそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
コマーシャル ブログトップ