So-net無料ブログ作成
被爆対策 ブログトップ

◆福島原発事故ー被爆対策ー日本産科婦人科学会 [被爆対策]

福島原子力発電所(福島原発)事故のために被曝された、あるいはそのおそれ がある妊娠中あるいは授乳中の女性のためのQ&A

※以下、のリンク先にて詳細、ご確認ください。

平成23 年3 月15 日
日本産科婦人科学会

日本産科婦人科学会、被曝対処情報



◆被曝によりどのようなことが起こりますか?
・甲状腺がんの発症率が高くなります。



◆被曝量と甲状腺がん発症には関係がありますか? もし、あるとしたら、
どの程度被曝したら甲状腺がんになりやすくなるのでしょうか?

・被曝量が多いと甲状腺がんになりやすいとされています。
甲状腺がんになりやすくなる被曝量については50 ミリシーベルト(1 ミリシー
ベルトは1,000 マイクロシーベルトと同じ量ですので、マイクロシーベルトで
表すと、50,000 マイクロシーベルト)以上とされています。
例えば、時間当たりの被曝量が2,000 マイクロシーベルトの環境にいると、25
時間で総被曝量が50,000 マイクロシーベルトとなり、甲状腺がん発症の危険が
高くなります。


◆甲状腺がんの発症予防法はありますか?
・ヨウ化カリウム錠(50mg 錠を2 錠)を被曝後なるべく早期に服用すると、
予防効果があるとされています。

ヨウ化カリウム錠にはどのような副作用があるのでしょうか?

など・・
※詳細は、日本産科婦人科学会ホームページでご確認ください。
日本産科婦人科学会、被曝対処情報


タグ:被爆対策
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
被爆対策 ブログトップ