So-net無料ブログ作成
検索選択
睡眠障害 ブログトップ

◆不眠 睡眠障害 睡眠時無呼吸症候群 [睡眠障害]

 国民の5人に1人が睡眠の問題に悩んでいると聞きますが、私も、不眠症の仲間だと思います。

 睡眠障害は多岐にわたっているんですね。

寝ている間に呼吸がしばしば止まる病気=睡眠時無呼吸症候群も、自分では気づいていないこともありますから困りますね。

 不眠症だけでなく、夜十分に眠っているのに昼間眠気が強くて居眠りが生じるもの過眠症もありますし、睡眠・覚醒の時間帯が、望ましい時間帯からずれてしまうものや、睡眠相後退症候群(すいみんそうこうたいしょうこうぐん)などを含む概日リズム睡眠障害(がいじつリズムすいみんしょうがい)。
夜の睡眠中の異常行動や異常な運動、むずむず足症候群(夜寝床の中で、足を中心に不快な感覚が生じ、このために眠れなくなるもの)などさまざまですね。

でも、翌日会社での仕事があるのに眠れないというのはとても不安です。 

 「レム睡眠」(夢を見る浅い眠り)
 しかし、寝付いてから約1時間半から2時間は、脳を休ませる深い眠りで、その後に1回目のレム睡眠が始まって、だいたい10~30分続くそうですね。

 その後は、深い眠りとレム睡眠を繰り返すというから何度も夢をみていると思いますが、目覚めたときに覚えているのは少ないですね。

 起きてから、夢を覚えているときは浅い眠りかと思っていましたが、そういうわけではないそうです。

 夜中に何度も目が覚めたり寝付くまでに30分以上かかったりする場合は不眠症が考えられるといいいますので、私の場合は不眠症です。

  私の場合は、年に1、2度金縛りになることがありますが、そういう時って、疲れているときが多いですね。これも、睡眠障害が考えられると言われますね。
 私の場合は、若い頃は、昼間急に眠くなる(ナルコレプシー)ことはまれでしたが、最近それが出てきました。
 
※ナルコレプシー(narcolepsy):
日中において場所や状況を選ばず起きる強い眠気の発作を主な症状とする睡眠障害。


 睡眠時間が6時間未満の場合、糖尿病や高血圧などを発症する危険が高まったり、イライラ感が増して日中の集中力や記憶力が落ちたりすると言われます。

 私は血圧は低めですが、糖尿病の傾向があります。このところ、運動と食事で基準値に近いですが。
 夜も起きることなく、7、8時間眠れると翌日体調が良いと思いますが、年齢とともに、そうした夜は少なくなりました。

 みなさんはいかがでしょうか?

◆医療機関案内

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
睡眠障害 ブログトップ