So-net無料ブログ作成
検索選択

◆体温 測る場所はどこが良いの? [検温]

私もふだんの体温が低い方で、朝ばかりでなく今年の猛暑の夏でも足は冷たくなっていました。

これは、
頚椎症が原因であることが、MRIの検査結果で分かりましたが、発症する前でも体温が低めでした。
その場合、いろいろと病気が出やすいようですね。



   ところで、検温する場合、わきの下か舌下で測ることが多いのですが、正直、どちらが良いのだろう、と日頃思っています。



  そこで、調べていたところ、
 読売新聞の医療相談室で、旭川医大病院麻酔科蘇生科准教授の高畑 治医師が検温についてふれていました。 



◇一定時刻に同じ部位で測定



 それによると、
 体温は測定部位によって異なるだけでなく、朝は低く、夜は高くなり、日々の体温変化を正しく見るには同じ部位で一定時刻に測ることが大切だということです。



 わきの下と舌下のどちらがよいということはないが、水銀体温計の場合、正しい測定には、



わきの下で10分、舌下で5分かかる。このことは、体温計の注意書きで読んだような気もしますが、



わきの下では、わきをしっかり閉じ、できる限りじっとしていることが大切だというのですが、10分間というのはけっこう長いですよね。



それで、
舌下の方がより実際的だとおっしゃるのです。



 最近は、水銀より測定時間が短く、精度も高い電子体温計があるのでそれを使ってもよい、と。(私も、デジタル体温計を持っていますが・・)



 普段の体温は個人差があり、何度以下ならよくないとか一概には言えないが、
体温が低いと、疲れやすかったり、さまざまな病気への免疫力が落ちたりするそうです。



 それと、体温を上げたい場合、漢方治療が有効な手段の一つだと高畑 治医師はおっしゃっていますね。
日本東洋医学会のホームページの漢方専門医に相談してみることにもよいでしょう、と。



 以下に調べてあげておきました。



◆日本東洋医学会のホームページ



 そして、まずは日常生活の中で体温が下がる状況がないか、振り返ってみること。
例えば、冷たい食べ物や飲み物を多めにとれば、体温が下がり、ダイエットなどによる過度のストレスも血行を悪くし、体温低下を招くとのこと。



 また、体を温める作用のある根菜類を多めにとるなど、食生活に気を配り、過度のストレスを避けることで、改善できることも決して少なくないともおっしゃっておられます。



 そこで、以下に根野菜をあげてみました。私はカブが好きですね。



◆根菜類:
カブ、ダイコン、ハツカダイコン、ワサビ、ホースラディッシュ、ゴボウ、チョロギ、ショウガ、ニンジン
ラッキョウ、レンコン、ユリ根


◆医療機関案内
◇◇◇◇◇◇◇◇
電子体温計
icon

レビューを書いてポイント10倍!楽天24時間注文受付!【円高還元 YDKG-s】シチズン 電子体温計...


◆自由市場


タグ:検温の仕方
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康