So-net無料ブログ作成

◆骨・軟部腫瘍 整形外科 [手術]

 骨・軟部腫瘍の悪性のものについては、外科手術が一般的かもしれませんが、
骨にできる腫瘍(骨腫瘍)は、良性でも骨折の危険性や痛みがある場合には、手術を行うことがあるそうです。

日頃から脚にかかる負担が大きいダンサーとかスポーツマンのひととかのほうがなりやすいのかもしれません。

検査は、やはり
MRI(磁気共鳴画像)で撮るほうが良いようですね。

ところで、
類骨骨腫は、骨にできる腫瘍の一つだそうです。

類骨骨腫は痛みを感じさせる物質を分泌するんですね。

痛みにはアスピリンなどの痛み止めが効くようですが、手術で回復するのなら、薬を飲み続けるより良いかもしれませんね。

手術は一般的に腫瘍とその周囲を削り取って、跡には骨の主成分でできた人工骨を埋め込むようです。

 CT(コンピューター断層撮影法)で腫瘍の場所を確認しながら皮膚を3ミリほど切開して、先端に刃がついた細い円筒状の器具を差し込んで、回転させてピンポイントで腫瘍を削り取るんだそうです。

 慶応大病院(東京都新宿区)整形外科に森岡秀夫というこの種の専門家がいらっしゃるようです。
 森岡医師によると、手術法で治療した約30人の患者で再発した例はないということです。
関連リンク

◇◇◇◇◇◇◇
◆自由市場

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康