So-net無料ブログ作成
救命措置 ブログトップ

◆救命措置(心肺蘇生法)が改定 AED [救命措置]

=救命措置(心肺蘇生法)の指針が改定された=

 心臓と呼吸が止まった人に対する救命措置(心肺蘇生法)の指針が4年ぶりに改定された。

 両手で胸を押す心臓マッサージを優先し、人工呼吸(口と口をつけて息を吹き込む)は必ずしも行う必要はないとされた。

―《一般に心肺蘇生を行う時には》―
〈1〉まず、倒れた人の肩を軽くたたきながら大声で呼びかける。
〈2〉反応がなければ、周囲の人に119番通報や、心臓に電気ショックを与える自動体外式除細動器(AED)を持ってきてもらうよう依頼する。
〈3〉正常な呼吸がない場合には直ちに胸骨圧迫を開始する。
胸のほぼ真ん中にあたりにあたる心臓の上を両手を重ねて繰り返し強く押す。

 従来は、できるかぎり最初に人工呼吸を2回行い、その後に胸骨圧迫を30回と人工呼吸を2回、交互に繰り返すよう定めていた。

 新指針では、ただちに胸骨圧迫を始めるよう改められた。
人工呼吸ができないか、ためらわれる場合には、その後も胸骨圧迫のみを続ければ良いとされた。

 人工呼吸は省略してもよくなった分、胸骨圧迫はより強く速いテンポで行うよう改められた。強さは、胸骨の沈む深さ(成人の場合)が従来の「4~5センチ」から新指針では「少なくとも5センチ」に。テンポは1分間に「約100回」だったのが「少なくとも100回」に変更された。

―倒れている人の胸の真ん中(乳頭と乳頭を結ぶ線の真ん中)に手のかかとの部分を重ねてのせ、肘を伸ばしたまま真上から強く(胸が4~5センチ程度沈むまで)押す。―


 最近の研究で、一般市民では、胸骨圧迫だけでも患者の回復度合いに差はないことがわかったという。
このため新指針では、手順を簡略化する代わりに積極的に行ってもらう方が効果的と判断された。

  子供(1歳~中学生程度)の場合は、おぼれたり物をのどにつまらせたりして心停止に至ることが多く、人工呼吸が非常に有効だという。保護者や保育士、教員などは、医療従事者と同様に、胸骨圧迫と人工呼吸を組み合わせた心肺蘇生法を学ぶように勧めている。

 ※指針は救急の専門家による「国際蘇生連絡委員会」の勧告に従い、日本救急医療財団と日本蘇生協議会による委員会が作成し、10月に公表された。


 最近の研究では、心臓マッサージと人工呼吸の両方を行った場合の救命率よりも、心臓マッサージだけを行ったときの救命率のほうが高いことや、心臓マッサージによって心室の細胞が元気になり、AEDが効きやすくなることなども明らかにされているそうです。

◆AED⇒Automated External Defibrillatorの頭文字をとったもの(自動体外式除細動器)
小型の器械で、裸の胸の上に貼った電極のついたパッドから自動的に心臓の状態を判断する。
もし心室細動という不整脈(心臓が細かくブルブルふるえていて、血液を全身に送ることができない状態)を起こしていれば、強い電流を一瞬流して心臓にショックを与えること(電気ショック)で、心臓の状態を正常に戻す機能を持っている。

器械の電源を入れれば音声が使い方を順に指示してくれるので、誰でもこの器械を使って救命することができるというから、便利ですね。

 ※スポーツを行う場所や人の集まる場所などにはAEDの備えがあることが望ましいと言われます。
 胸にボールが当たったときなど、健康な人でも心室細動が突然起こることがあるそうです。

◇心室細動:
心臓を動かしている電気系統=心臓の筋肉の一部から発信された微量の電気が伝わるしくみ、が何らかの原因で混乱すると、リズミカルな収縮が行えなくなる(不整脈)。その不整脈の中でも、とくに心臓の血液を全身に送り出す場所(心室)がブルブル震えて血液を送り出せなくなった状態(心停止状態)を心室細動とよぶ。



タグ:心肺蘇生法
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
救命措置 ブログトップ