So-net無料ブログ作成
耳鼻咽喉科 ブログトップ

◆目が回る 頭位性めまい  [耳鼻咽喉科]

Q.寝返り打つと 目が回る感じ 
寝返りを打つとぐるぐると目が回るようなめまいが起こったり、立った時にふわふわしたような感じがしたりします。どのような病気ですか。(47歳女性)


A. 頭位性めまい 耳石のはがれ原因―小川郁(かおる) 慶応大病院 耳鼻咽喉(いんこう)科教授(東京・信濃町) 

 寝返りを打ったり美容院で洗髪したりと、急に頭の向きを変えた時に起こるめまいを「頭位性めまい」と呼びます。代表的なのが「良性発作性頭位めまい症」です。

 「天井がぐるぐる回る」という訴えが特徴的で、めまいは数十秒で治まります。その後もふらふらする「浮動性めまい」が続くこともあります。

 耳の奥の内耳には、体のバランスを保つ働きのある「半規管」があります。同じ内耳にあって重力を感知する働きがある「耳石」がはがれ落ち、半規管内を浮遊すると、頭の向きを急に変えた時にバランスを感じる神経を刺激し、めまいが生じると考えられています。

 耳石は、頭部外傷による衝撃やほかの耳の病気によってはがれることもありますが、多くの場合、はがれる原因は不明です。高齢者や女性がなりやすく、加齢やホルモンが関与しているとも考えられています。

 診断は、眼球の動きが正常かどうかをみる「眼振検査」で調べます。まれですが、脳の障害によってめまいが起こることもあり、その場合は、頭部の磁気共鳴画像(MRI)検査を行う必要があります。

 治療は、体位や頭の位置を変え、
▽半規管内を浮遊している耳石を元の位置に移動させる▽あえて何度もめまいを起こして慣れさせる――といった方法で症状の改善を図ります。抗不安薬や抗めまい薬を使うこともあります。

 めまいの治療を手がける耳鼻咽喉科を探し、受診するとよいでしょう。

(読売・医療相談室記事より)

◆慶応大病院耳鼻咽喉科と小川郁(かおる)教授



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
耳鼻咽喉科 ブログトップ