So-net無料ブログ作成
検索選択
胃がん ブログトップ

◆胃がんの原因・ピロリ菌除菌、慢性胃炎にも保険適応 [胃がん]

「ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)」





日本国内では年間5万人が死亡すると言われる胃がんの主原因といわれるピロリ菌。




公的医療保険を使ったピロリ菌の除菌治療は、胃潰瘍などに限られていたが、


2013年2月に慢性胃炎も適応になりましたね。




内視鏡検査で慢性胃炎と診断された患者も保険適用になったが、対象は2回目の除菌までだという。




 ―ピロリ菌とはー岡山大病院専門外来・岡田裕之教授(消化器内科)ー




5歳位までの子どもが感染しやすく、井戸水や感染者の母親からの食事の口移しなどにより感染するという。






 ―感染するとどうなるのかー



胃の粘膜表面で増殖し、数ヵ月以内に慢性胃炎となるという。現在、胃がんの発症者数は年間11万人とされるが、そのほとんどはピロリ菌が原因だと。




 ―除菌治療の方法はー



2種類の抗生剤と胃酸の分泌を抑制する薬の計3種類を1週間服用。


尿素を含んだ液体を飲んだ後に行う呼気試験で除菌できたかを判断し、患者の7、8割は成功するという。失敗した人の菌は抗生剤への耐性があるため、抗生剤1種類を変更して2回目を実施。


これで除菌できないのは3%ほどとのこと。





岡山大病院では11年から専門外来を設けているが、

慢性胃炎や3次除菌を希望する保険適用外の人に、費用を全額負担してもらう自由診療で行ってきたという。費用は、1万5千円ほどだという。ー3回以上は自由診療(自費)です。ー



 ―治療を受けた人が気を付けることはー



治療後に必ず判定検査を受けること。また除菌に成功しても、胃がんのもとが既にあれば、がんになることもあるので、毎年検診を受け続けてほしい、と。


ー岡山大病院専門外来・岡田裕之教授(消化器内科)ー


ピロリ菌専門外来





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

◆ ピロリ菌 内視鏡 [胃がん]

 私の場合は3人の叔父が胃がん(父は食道がん)でしたから、ピロリ菌については、やはり気になりますね。
 実際には、ピロリ菌がいる人の方が多いようですが。
 

 ピロリ菌の血液検査というのがあり、これはピロリ菌そのものではなく、ピロリ菌に対して作られる血液中の抗体の量を調べるそうですね。なんでも、ピロリ菌に感染している人だけでなく、過去に感染したことのある人でも陽性と出るとのこと。

 実際にピロリ菌がいるかどうかは、内視鏡検査で胃粘膜を少し取って調べないと分からないんですね。
 
 一方、
 「ペプシノゲン検査」というのがあり、血液中のペプシノゲンという物質の量が少なければ、胃がんになりやすい胃だと分かるそうです。

 ガンにも頭から足まで各種あるので心配ですね。

 さらに詳しいピロリ菌検査については、以下の専門家の意見を聞いてみてください。

こちら

医療機関案内

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
胃がん ブログトップ