So-net無料ブログ作成
カンジダ菌 ブログトップ

◆シモンチーニ がんセンター日本語ページ [カンジダ菌]

Dr. Tullio Simoncini was born in Tuscany Italy in 1953. He is a surgeon specialising in oncology, diabetology and metabolic disorders. Following his degree in medicine he studied Physics and Philosophy in order to better understand the rational presuppositions upon which medical thought is founded, obtaining a degree in Philosophy at the University of Rome.



★シモンチーニは、細胞増殖が激しくなったと主流医学が信じていたもの、すなわち「ガン腫瘍」が、実はカンジダの攻撃から体を守るために細胞を生成している免疫系であることに気がついた。


・体内の他の部位へのガンの転移は、発生源から広がる「悪性腫瘍」の細胞群に起因するとされているが、シモンチーニは、これはまったく正しくないと主張する。ガンの転移は、真の原因であるカンジダ菌が発生源から広がるために引き起こされるのである。

私が著書で長年にわたって主張しているように、ガンの発生を許しているのは弱体化された免疫系である。免疫系が効率的に機能していれば、免疫系は手に負えなくなる前に問題を処理する。この場合は、カンジダを抑制することである。
(※シモンチーニ がんセンターHPより)




★シモンチーニ がんセンター



★シモンチーニ がんセンター日本語ページ




◆現状を見極めましょう!





◆日本国内医療機関案内



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
カンジダ菌 ブログトップ