So-net無料ブログ作成
検索選択

◆黄斑変性症のこと [眼科]

昨今日本でも、


黄斑変性症


という目の病気が増えているということで、


杏林大学医学部附属病院の


平形 明人(ひらかた あきと)教授が話しているのを早朝ラジオで聴きました。


黄斑変性症とは、アメリカで失明率No.1の目の病気なのですが、


社会の高齢化と生活の欧米化により日本では、失明原因の第4位となっているそうです。


黄斑とは:

網膜はカメラのフィルムに相当していて、外からの光が瞳、レンズ(水晶体)や目の中央部(硝子体)を通り、網膜に当たり光を感じるんですね。


黄斑とは網膜の中心にある直径1.5 mm~2 mm程度の小さな部分の名称で、そこが障害されるとそれ以外に網膜に異常がなくても視力が著しく低下してしまうのだそうです。




治療法には、レーザー治療とかさまざまあるそうですが、元の状態には戻らないことも多いので、見たい部分が歪んだり欠けたりとか、 少しでもおかしいと感じたら、早い段階で眼科を受診した方が良いですね。


活性酸素が黄斑変性症の大きな原因とされているそうですが、糖尿病からくるものもありますし、異変を感じたら、専門医の診断を仰ぐのが一番ですね。




平形 明人(ひらかた あきと)教授は、


予防として、

緑黄野菜や青魚を食べることを勧めていました。


※参考に、以下を挙げておきます。




◆黄斑変性症の医療機関と医師

●日本眼科学会
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/momaku_karei.jsp





◆飛蚊症(ひぶんしょう)って? [眼科]

ぼんやりと部屋の壁やふすまや天井を見ていた時、


視界に糸くずみたいなものや黒い影、それに蚊のようなものが見え、


視点を変えるにつれ、それが動き回るように感じることが、ありました。


そうそう、


明るい場所で空を見た時にもよく見えたことがあります。


なんだろう、心の病かな? などと思ったものでした。


これが、


飛蚊症(ひぶんしょう)


というのだったんですね。


多くの場合加齢により自然発生するそうです。


飛蚊症自体は目の機能に問題はないが、


網膜剥離の初期症状や糖尿病網膜症の症状として現れることもあるので、眼科の受診が必要とのこと。


飛蚊症は硝子体を手術で切除することにより消失するそうですが。




海外には、


FOV(floater only vitrectomy)という飛蚊症除去のための硝子体手術が行なわれている国もあるが、


日本では、飛蚊症除去の目的では硝子体手術のリスクは高過ぎると考えられているため、


FOVが行われることは殆どないとのこと。


しかし、昨今、


硝子体手術の安全性が向上しているため、


飛蚊症に対する硝子体手術も安全な手術であるとの見解が日本でも現れているとのこと。




※まったく病気が無い状態で出現する飛蚊症を生理的飛蚊症と呼ぶのだそうです。


後部硝子体剥離は年齢的な変化にともなう現象で、元来はゼリー状の硝子体が年齢とともに液状に変化して網膜面から離れる現象で、これによって生じた飛蚊症は特に治療の必要はないとのこと。


近視が強い人ほど後部硝子体剥離は起こりやすくなるそうです。


ただ、前述しましたように、


網膜剥離の初期症状や糖尿病網膜症の症状として現れることもあるので、眼科の受診が必要とのこと。


心当たりがあり、心配なひとは、専門医に相談してくださいね。


やくだつ市場 旅行案内 うまいもん





◆ドライアイー新目薬ージクアホソルナトリウム [眼科]

この季節、花粉の影響もあって、目の調子が良くないですね。私の場合、

花粉症は鼻と目が大変。鼻は点鼻薬のインタール、目は、リザベン点眼薬です。
しかし、ここに至るまでには、20年ほどかかったでしょうか?
自分に、合った治療薬を見つけるのは、大変ですね。内服薬は、胃腸が弱いので駄目なんですね。


しかし、こう乾燥する日がつづくと、目も乾燥しますね。
ドライアイです。

ドライアイ… 新目薬 涙の水分を増やす

 目が頻繁に乾き、ゴロゴロする。痛みを感じることもあるのがドライアイ。
寒くて乾燥する冬場になりやすいんですね。


目の乾きなどの自覚症状や涙の不足。角膜の傷などによってドライアイと診断するようです。

「涙液減少型」は、涙の分泌量が少ないもの。

「蒸発亢進型」は、涙の蒸発が速い人。

 涙液減少型は、女性の閉経後のホルモン分泌の変化、目や口内などが乾く病気、糖尿病、近視のレーシック手術を受けた人などに起きやすいという。
抗コリン作用のある薬(抗ヒスタミン薬や睡眠導入薬、抗不安薬、抗うつ薬、尿失禁の薬)や緑内障の目薬を常用している人で起きることもあるという。

 蒸発亢進型は、長時間のパソコン作業によるまばたきの減少、エアコンによる空気の乾燥や、コンタクトレンズの使用で涙が角膜の表面に広がらないことなどが原因となるという。コンタクトレンズ使用者の半数に、ドライアイの自覚症状があるとのメーカーの調査もあると聞く。

私の場合、蒸発亢進型に当てはまりますね。


 治療には、涙に似た成分の人工涙液の目薬を使うという。
目の炎症を抑える目薬を使ったり、涙の出口をシリコン製の栓などで塞ぐ治療法を行ったりすることもある。
パソコンの長時間使用や薬の副作用などの原因対策も大切ですね。


 一方、涙の分泌量は正常なのに、角膜の表面から急速に失われるため乾燥を招くものが最近注目されているという。「BUT(涙液層破壊時間)短縮型」というむずかしい病名だ。

 このタイプは、涙を角膜の表面にとどめるムチンという成分の働きが悪いために起こるという。
涙が急激になくなってしまうのですね。目の痛みも出るようです。

治療には、2010年12月に登場した「ジクアホソルナトリウム」という目薬が期待されるというが、医師が処方する薬なので、ドラッグストアでは買うことが出来ない。

やはり、専門医に診てもらい、マッチした処方をしてもらうことが大切ですね!

◆ドライアイ(眼科)



◆眼内腫瘍 [眼科]

Q.33歳の息子が 「眼内腫瘍」 に

 33歳の息子が「眼内腫瘍(しゅよう)」と診断されました。「脈絡膜血管腫」か「脈絡膜悪性黒色腫」のいずれかではないかと言われており、心配です。(66歳女性)


A.早期なら 視力残すことも可能― 溝田淳 帝京大病院眼科教授(東京・板橋区)―

 眼内腫瘍は比較的まれな病気です。小児では未熟な網膜に発生する「網膜芽(が)細胞腫」、成人では網膜の後ろにあり、栄養分を供給する脈絡膜に発生する「脈絡膜悪性黒色腫」や「脈絡膜血管腫」が代表的なものです。息子さんは33歳という年齢から、網膜芽細胞腫の可能性はないと思います。

 脈絡膜悪性黒色腫は、国内で年間30人程度の症例しかありません。腫瘍が大きいほど視力が低下します。他の臓器に転移して、死にいたることもあります。

 一方、脈絡膜血管腫は、視力低下はありますが、基本的に良性で生死にかかわることはまずありません。ただ、両者の判別は難しく、経過をみてやっと診断できる場合もあります。

 脈絡膜悪性黒色腫の場合、従来、眼球を摘出する手術が行われていましたが、現在は腫瘍に放射線を当てる「炭素イオン線(重粒子線)」や「ガンマナイフ」といった治療を行っている施設もあります。重粒子線治療の場合、腫瘍の増大を防げる割合は95%程度と、治療成績もよくなっています。他臓器への転移率は、眼球摘出手術と重粒子線治療でほとんど差はありません。

 一方、脈絡膜血管腫は、レーザーで血管を固める治療が行われます。

 質問者の場合のように診断が難しいというのなら、まだ腫瘍が小さいと思われます。早期に診断がつけば重粒子線を使うなどして、ある程度、視力を残すこともできると思います。

 眼内腫瘍の治療経験がある医師を受診するのが望ましいです。

(読売・医療相談室記事より)

帝京大学病院と眼科 関連リンク


タグ:眼内腫瘍

◆がん患者が支える―家族会の情報―眼球守る [眼科]

「網膜芽細胞腫」

 2001年3月、熊本市のMさん(44)は出産後1か月で、長男、K君(9)が自分と同じ病気と知った。
1万5000人に1人とまれな子どもの目のがんだ。親が患者だと確率は高まる。
10年間悩んだ末の出産だった。美保さんは、幼児期に両目を摘出している。

 国立がん研究センター中央病院(東京・築地)を拠点に活動する網膜芽細胞腫の子どもをもつ家族の会「すくすく」を友人から紹介されて相談すると、「少しでも早く東京の専門医に」と強く勧められた。

 眼球摘出と思い込んでいたが、上京して受診した同病院の医師は「まだ大丈夫」と予想外の診断。抗がん剤や放射線でがんをたたく眼球温存療法を受けた。

 そして小学4年生の現在の視力は、右1・2、左0・04。近所の小学校に通い、キャッチボールが大好きな少年に育った。父親のHさん(42)は「あの時、相談しなければ、地元で眼球摘出をしていたかもしれない。情報交換がいかに大切かを実感しました」と振り返る。

 会では同病院で毎月定例会を開く。気軽に話ができる場で、会員でなくても参加できる。年1度の勉強会には、全国から130人以上の親子が集まる。専門医の講演に加え、テーマごとに患者や親が語り合う分科会を設ける充実ぶりだ。

 国内での発症は年80人という珍しい病気だけに、孤立してしまいがちな地方の家族にとって貴重な情報交換の機会になっている。

 代表の池田小霧さん(40)は「子育てや日常生活の悩みは、医師には聞けない問題。会員同士で体験を話し合って悩みの答えを探したり、話を聞いてもらって救われたりする場になればうれしい」と話す。


◇がんの親を持つ子どもを支える活動もある。08年に発足した「Hope Tree~パパやママががんになったら~」。子どもに自分の病気をどう伝えるか悩む親に、ウェブサイト(http://www.hope-tree.jp/)や講演会を通じ助言している。

 日本では、子どもの心への影響を気遣い、がんを知らせるかどうか、どう伝えるかにとまどう親も多い。また、子どもの口から周囲にどう伝わるかも気になる。

 代表の大沢かおりさん(43)は「発達段階に応じた適切な伝え方があると知ってもらうことで、子どもとよいコミュニケーションをとるお手伝いができれば」と話している。

(読売・医療大全記事より)

◆ガンにもさまざまありますが、とても貴重な情報を読ませていただきました。