So-net無料ブログ作成
検索選択
臓器移植 ブログトップ

◆客観的な検証が必要 神戸国際フロンティアメディカルセンター [臓器移植]

「移植を中断し、第三者による検証をすべきだ」との声が上がった神戸国際フロンティアメディカルセンター  (ヨミドクターより)

生体肝移植を受けた患者9人中5人が死亡した神戸国際フロンティアメディカルセンター  

神戸市は12日、
安全管理体制が不十分などとして改善を指導

 「アクシデント報告は改善のため必要。それが院内の報告ルートにのっていなかった」と、
この日、記者会見した伊地智昭浩・神戸市保健所長は報告した。

立ち入り検査結果について、
肝胆膵分野の移植外科医は、
「死亡率の高さを考えると、客観的な検証が必要だと思う。
少なくとも改善されるまで移植は中止すべきだ」と話した。

高原史郎・阪大教授(日本移植学会理事長)は、
「これまでの学会の要望と神戸市の指導を重く受け止め、指摘された内容を全て達成されることを強く望む」と述べた。

神戸国際フロンティアメディカルセンター
〒650-0047
神戸市中央区港島南町一丁目5番地1
TEL 078-302-0555
・院長 木内哲也
http://www.kifmec.com/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇外来受付時間
平日
受付時間:午前9時~午後4時30分
診療時間:午前9時30分~12時30分、午後1時30分~午後5時
土曜
受付時間:午前9時~12時
診療時間:午前9時30分~12時30分

◎当院はお待ちいただく時間を少なくする為、完全予約制で診療を行っております。お電話にてご予約下さい。
予約電話:078-302-0555 (月~金:午前9時~午後4時30分)

◆診療科
肝胆膵・移植外科
消化器外科
消化器内科

◇肝胆膵・移植外科
http://www.kifmec.com/01_gairai_kantansui.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎肝臓、胆道、胆嚢、膵臓、脾臓といった臓器の悪性疾患(がん・肉腫)だけでなく、
がんかどうかわからないような腫瘍、良性疾患や先天性異常に対する治療

スタッフ

田中紘一  医師
京都大学大学院医学研究科卒
京都大学医学博士
日本外科学会専門医
日本移植学会移植認定医

木内哲也 院長
京都大学医学部卒
京都大学大学院医学研究科修了
京都大学医学博士
日本移植学会評議員
日本肝移植研究会特別会員
日本外科学会専門医
日本移植学会移植認定医

大江秀典  医師 
京都大学医学部年卒
日本外科学会認定医
日本外科学会専門医
日本移植学会移植認定医
京都大学医学博士

ほか

◇交通アクセス

医療センター駅出口から徒歩約3分
南公園駅出口から徒歩約8分
市民広場駅出口から徒歩約10分



タグ:肝胆膵移植
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

◆6歳未満脳死2例目の臓器移植へ! [臓器移植]

6歳未満脳死2例目臓器移植

判定基準がより厳しい6歳未満の脳死判定は今回2例目だという。

改正臓器移植法は2010年7月に全面施行され、15歳未満の小児から脳死での臓器提供が可能となったが、
今回で6例目になるという。

6歳未満の幼児は脳の回復力が強く、6歳以上では6時間以上と定めている脳死判定の間隔を24時間以上あける厳しい基準が適用されるが、この女児に対しては21、23の両日、2回の脳死判定が行われた。

日本臓器移植ネットワークは23日、順天堂大病院(東京都文京区)に病気で入院し、低酸素脳症になった6歳未満の女児が改正臓器移植法に基づき、脳死と判定されたと発表した。

家族:「他の命救えれば」

家族から臓器提供の申し出があったことから、
日本臓器移植ネットワークネットワークのコーディネーターが4回、計約4時間説明にあたったという。


順天堂大病院で24日午前11時30分頃から臓器の摘出手術が行われるという。

その後、
心臓が大阪大病院で10歳未満男児、
肺が京都大病院で10歳未満男児、
肝臓が京都大病院で10歳代女性、
腎臓が東邦大医療センター大森病院で50歳代男性、
もう一方の腎臓が東京女子医大病院で40歳代女性に、それぞれ移植される予定。


女児の家族は、同ネットワークを通じ、
「娘は進んでお手伝いをしたり、困っている子がいれば寄り添って声をかけてあげるような、とても心の優しい子でした。娘はきっと賛同してくれると信じています。娘が短い人生の最期に他のお子さんの命を救うことになれば、残された私どもにとっても大きな慰めとなります」とコメントを発表した。

- ヨミドクターより引用 -

☆やくだつ市場 医療機関と医師




タグ:臓器移植
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

◆2歳児元気に退院!母の肺「区域」分割し移植 [臓器移植]

世界初、母の肺移植した2歳児元気に退院!


 岡山大病院で8月、母親の左肺を機能する最小単位「区域」に分割して移植する手術を世界で初めて受けた埼玉県の男児(2)が6日、無事退院した。(ヨミドクター)

自発呼吸が困難になる特発性間質性肺炎を発症し(4月)、人工呼吸器を使っても酸欠になる状態となった2歳男児。
8月末、母親の左肺の一部を切り取り、肺として機能する区域単位に分割した上で、左右両方の肺に移植する手術を受けた。

男児は大好きな歌を歌えるまで回復したという。今後は同病院に通いながら、幼稚園入園を目指すという。

「小さな体でよく頑張ってくれた。外で遊べるようになってほしい」と(母親)。

執刀した大藤剛宏(おおとうたかひろ)准教授は、
「従来の肺移植では治療が難しかった幼児に、生きるチャンスを示すことができた」と述べた。

岡山大学病院

〒700-8558
岡山市北区鹿田町二丁目5番1号  
代表電話(086)223-7151
・院長  槇野博史

http://www.hsc.okayama-u.ac.jp/hos/index.html
(※詳細はご確認ください)

◎病院敷地内は全面禁煙となっております。ご協力のほどお願いいたします。
  (ただし、診療の関係上、診療医が急遽変更となる場合がありますが、ご了承ください。)

◆受付時間 8時30分~12時  ※診療開始時間 9時
◎休診日 土曜日 ・ 日曜日 ・ 祝日 ・ 年末年始(12月29日~1月3日) 
◎当院は病院の機能上、他院からの紹介状をお持ちの患者さまの診療を中心に外来診療をしております。      

◇初めて診察を受けられる方へ
紹介状をお持ちの患者さんは原則として紹介医師から事前予約を頂いておりますので,待ち時間の短縮や病状に応じ,医師が紹介,逆紹介することにより,適切な医療機関で,継続性のある的確な医療が受けられます。

なお,本院あての紹介状のない場合でも受診していただくことは可能ですが,長時間お待ちいただく場合があります。(一部受診できない診療科があります。)
さらに「特定療養費(初診時自己負担額)」として,初診料とは別に医科では5,400円,歯科では2,700円 ご負担いただくこととなりますのであらかじめご了承ください。

◆診療科(医科)
総合内科 消化器内科 血液・腫瘍内科 呼吸器・アレルギー内科
腎臓・糖尿病・内分泌内科 リウマチ・膠原病内科 循環器内科 神経内科
感染症内科 消化管外科 肝・胆・膵外科 呼吸器外科
乳腺・内分泌外科 泌尿器科 心臓血管外科 小児外科
整形外科 形成外科 皮膚科 眼科
耳鼻咽喉科 精神科神経科 脳神経外科 麻酔科蘇生科
小児科/小児循環器科 小児神経科 小児血液・腫瘍科 小児麻酔科
小児放射線科 産科婦人科 放射線科 救急科
病理診断科 緩和支持医療科
◆診療科(歯科)
総合歯科 むし歯科 歯周科 クラウンブリッジ補綴科
咬合・義歯補綴科 口腔外科(再建系) 口腔外科(病態系) 歯科放射線・口腔診断科
歯科麻酔科 矯正歯科 予防歯科 小児歯科

◇呼吸器外科
http://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/no2geka.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

肺,縦隔,胸壁などの外科治療を行う診療科です。

スタッフ

☆三好 新一郎  教授  呼吸器外科科長
大阪大学医学部卒
1987年カナダのトロント大学、1988年にはアメリカのワシントン大学留学
・専門
呼吸器外科、乳腺内分泌外科、消化管外科の診療
・資格
日本外科学会指導医、 日本胸部外科学会指導医、日本呼吸器外科学会指導医
日本呼吸器学会指導医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医、日本外科学会外科専門医
呼吸器外科専門医、 日本呼吸器学会呼吸器専門医

☆大藤剛宏(おおとうたかひろ)准教授 岡山大学臓器移植医療センター肺移植チーフ
岡山大学医学部卒
オーストラリアMonash大学Alfred病院心肺移植センターにて肺移植シニアフェロー
・専門
胸部外科、肺移植
・資格
日本外科学会外科専門医
日本呼吸器外科学会呼吸器外科専門医

☆豊岡伸一 教授
岡山大学医学部卒
米国テキサス大学サウスウエスタンメディカルセンター留学
・専門
原発・転移性肺がんに対する内視鏡低侵襲手術および放射線・抗癌剤治療後の拡大手術
・資格
外科専門医、呼吸器外科専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医
米国医師免許試験ECFMG(合格)

☆山根正修(やまねまさおみ)准教授(医学教育リノベーションセンター)
岡山大学医学部卒
カナダ、トロント大学胸部外科研究室留学
・専門
胸部外科、肺移植
・資格
外科専門医、呼吸器外科専門医

☆宗 淳一  講師
岡山大学医学部卒
アメリカ・テキサス大学南西医療センターで肺癌の基礎研究留学
・専門
胸部悪性腫瘍手術(肺癌、縦郭腫瘍、悪性中皮腫など)、胸腔鏡手術
・資格
日本外科学会認定医・専門医、呼吸器外科専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
JASPEN日本静脈経腸栄養学会認定医

ほか多数

◇交通アクセス
■岡山駅バスターミナルから「12」・「22」・「52」系統の岡電バス又は
 「(大学病院経由)新岡山港」行きの両備バスで7分「大学病院前」下車

■岡山駅タクシー乗り場からタクシーで約5~10分

■岡山駅前から「清輝橋」行き路面電車で12分「清輝橋」下車西へ徒歩5~10分

お車での来院について
駐車場スペースに限りがございますので,来院の際はできる限り公共交通機関をご利用くださいますようお願いいたします。
駐車整理料金は,介護者の方の運行・患者の皆さまの安全な乗降に配慮した外来棟への進入路の整備など,お車でお越しの患者の皆さまが安全で快適にご利用いただくための整備に活用させていただきますので,ご理解とご協力をお願いいたします。

<駐車整理料金>

◎ 通院による利用(付添いの方を含む)

入構から30分以内 ・・・・・・・・ 無料
30分超え12時間以内 ・・・・・・・・ 200円
12時間超え1時間毎に ・・・・・・・・ 100円加算

※ 外来ホールに設置の駐車サービス券自動処理機での検印を受けてください。
入退院当日のご家族の付添いの場合は,入院受付窓口にお申し出ください。
本院からの依頼で来院された場合は,スタッフステーションにお申し出ください。

◎ 上記以外の利用

入構から30分以内 ・・・・・・・・ 無料
30分超え1時間以内 ・・・・・・・・ 200円
1時間超え30分毎に ・・・・・・・・ 100円加算(1日上限2,000円)


タグ:肺移植
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

◆体外臓器維持装置を使い日本初、肺移植成功-岡山大学病院 [臓器移植]

体外臓器維持装置を日本で初めて使用し、成功した肺移植チーム=岡山大病院=

臓器提供者から摘出された肺の機能を、移植前に回復させる体外臓器維持装置が、
23日に国内で初めて使われたという岡山大病院ー脳死肺移植


執刀医の大藤剛宏准教授

「提供される臓器が少ない日本で、一つとして無駄に出来ない。提供された全ての肺を使えるよう、技術を磨きたい」と。

肺は、提供者が脳死になるまでに水がたまる肺水腫になったり、たんが詰まったりして状態が悪くなり、他の臓器に比べて移植を断念することが多いという。


装置を使った手術は欧米ではすでに導入されており、


大藤剛宏准教授は、2006年のスウェーデン留学後、ノウハウを蓄積してきたと。


動物実験など研究を重ね、2011年に岡山大学倫理委員会で実施の承認を取り付けた。


今年9月下旬には、手術室で模擬訓練を実施。装置の使用手順など最終の確認をして臓器提供者を待っていたという。


装置は、つないだ肺に血液に似た特殊な液体を循環させながら、必要な抗生物質など薬剤の投与が可能で、摘出した肺だけを装置につないでいることから、高濃度の薬剤を使用しても他の臓器に影響を与えることがなく、肺の中につまった血栓やたんの除去も容易という。


移植(10月23日)は、

午前11時、医師30人態勢で始めたという。


東京都内で前日に脳死と判定された30歳代の女性提供者の肺は、機能が著しく低下していて、装置の使用が必要と判断したのだという。


装置に約1時間半つないだところ、摘出時の2倍にまで機能が回復したという。


両肺のうち、装置で治療効果が見られなかった左下葉を切除し、リンパ脈管筋腫症で呼吸不全の進む四国地方の30歳代女性に移植された。


女性は約10時間かかった手術後まもなく、自発呼吸を始めたという。経過は順調で、早ければ2~3か月で退院できる、と。


岡山大学臓器移植医療センター



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

◆角膜も患者の光に! [臓器移植]

=6歳未満として初めて脳死と判定された男児からの角膜=




脳死男児の両眼球は15日午後に摘出され、富山県アイバンクが角膜を保存していたそうですが、




17日、水ほう性角膜症の50歳代男性に提供されたとのことですね。


移植手術は、金沢大学付属病院で。(左目の角膜移植)


 


右目の角膜は17日に別の医療機関へ搬送され、数日中に移植手術が行われる予定とのこと。






医療機関のご案内は以下


▼           ▼


金沢大学付属病院・眼科

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

◆脳死移植増加、移植施設 [臓器移植]

脳死移植、家族承諾で増加!


・脳死移植、家族承諾で増加しているんですね。

◆改正法1年で55例 とのこと。改正前は年間10例前後だった。


 家族の承諾だけでも脳死臓器提供を認める改正臓器移植法が全面施行されてから、
17日で丸1年になるんですね。

 改正によって認められた15歳未満の子供からの提供は、1例だった。

子供の場合、家族の悲しみが大きいうえ、虐待がなかった証明する必要もあるからなんですね。

 55例のうち、49例は本人の意思を示す書面がなかったという。
このうち1例が今年4月、交通事故後に脳死となった10代前半の少年で、日本で初めて子供から心臓や肺が提供され、移植に役立てられた、と。


■移植施設
http://www.jotnw.or.jp/datafile/offer_brain.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・藤田保健衛生大学病院
・市立旭川病院
・大阪大学医学部附属病院
・京都大学医学部附属病院
・国立病院機構 千葉東病院
・県立広島病院
・三重大学医学部附属病院
・鷹揚郷腎研究所弘前病院
・神戸大学医学部附属病院
・千葉東病院
・岡山大学病院
・東北大学病院
・北海道大学病院
・大阪市立大学医学部附属病院
・埼玉医科大学国際医療センター
・兵庫医科大学病院
・信州大学医学部附属病院
・県立宮崎病院
・沖縄県立中部病院
・東京大学医学部附属病院
・日本赤十字社和歌山医療センター
・社会保険徳山中央病院
・長崎大学病院
・北里大学病院
・九州大学病院
・東京女子医科大学病院
・新潟大学医歯学総合病院
・東海大学医学部付属病院
・名古屋大学医学部附属病院
・琉球大学医学部附属病院
・国立循環器病研究センター
・順天堂大学医学部附属順天堂医院
・獨協医科大学病院
・横浜市立大学附属市民総合医療センター
・熊本大学医学部附属病院
・福島県立医科大学病院
・福井大学医学部附属病院

ほか
http://www.jotnw.or.jp/datafile/offer_brain.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)




以下、 (社) 日本臓器移植ネットワークによる参考資料です。
詳細は、リンク先にてご確認ください。

(社) 日本臓器移植ネットワークによると、
平成23年6月30日現在(http://www.jotnw.or.jp/datafile/offer_brain.html

心臓・肺・肝臓・膵臓・腎臓・小腸の移植を希望して 日本臓器移植ネットワークに登録されている方の状況。

■ 心臓( 177) 肺(150) 肝臓(352) 腎臓( 11,910) 膵臓(186) 小腸( 6)

脳死臓器移植件数(http://www.jotnw.or.jp/datafile/offer_brain.html

今までの脳死臓器提供141例による移植件数

(平成23年7月15日更新)

移植数  生存数の順

心臓     106  102
肺       109  88
心肺同時   1   1
肝臓     118  98
膵臓     16   16
膵腎同時   89  85
腎臓     171  162
小腸      9    8

---------------------------------
合計      619  560



タグ:臓器移植
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

◆家族の承諾だけで初の脳死・臓器移植へ! [臓器移植]

家族の承諾だけで初の脳死・臓器移植へ! (読売新聞記事より)

 日本臓器移植ネットワークは9日、関東甲信越地方の病院に入院していた20代の男性患者が脳死と判定されたと発表した。

 家族の承諾だけで脳死判定と臓器提供ができるとした改正臓器移植法が7月17日に全面施行されて以来、初の適用例。男性は生前に書面での提供意思を示していなかったが、家族が承諾した。脳死での臓器提供は1月下旬を最後に止まっていたが、今回は改正法が施行されて約3週間後の提供申し出となった。

 男性は交通事故に遭い、同病院に搬送された。5日に診断した結果、脳全体の機能が失われた可能性が高いことが判明。主治医や移植コーディネーターの説明を受けた家族が8日夜、臓器提供を承諾した。法的脳死判定は8日午後9時半に始まり、9日午前11時55分に終了した。脳死判定した病院名、所在地などは家族の意向により、発表されていない。

 改正前の臓器移植法は、本人が臓器提供意思表示カードなどで提供意思を示すことが求められるなど、世界で最も厳しい提供条件とされていた。この結果、これまでの脳死臓器提供例は約13年間で86例にとどまっており、改正法が成立した。

 法的脳死判定は1997年の臓器移植法施行後、今回で88例目。臓器提供が今回行われれば87例目となる。

 同ネットワークによると、男性の場合、生前に口頭で両親に臓器提供の意思があると伝えていた。提供を拒否する意思表示は確認されなかったため、家族が話し合い、男性の臓器を提供することを決めたとしている。

 ★臓器の摘出は10日未明から開始された。
心臓は国立循環器病研究センター(大阪府)で20代男性に、肺は岡山大病院で20代男性に提供される予定。 肝臓は東京大病院で60代女性に、腎臓は群馬大病院で10代男性に、もう一つの腎臓と膵臓(すいぞう)は藤田保健衛生大病院(愛知県)で50代女性に提供される見通し。小腸は医学的理由で断念し、眼球の提供先は今後決めるという。

◇それぞれの臓器移植が成功することを祈るばかりです。

◆医療機関案内


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
臓器移植 ブログトップ