So-net無料ブログ作成

◆「得度式」に臨む小さなお坊さんたち! [仏教]

―「得度式」に臨む小さなお坊さんたち―東本願寺


 京都市下京区の真宗大谷派本山・東本願寺で4日、全国から小、中学生らが参加して、僧侶になるための儀式「得度式」が行われた。

 188人が大谷暢顕門首から頭にかみそりを当ててもらう「剃刀の儀」に臨み、墨袈裟と法名を受け、お坊さんの仲間入りをした。

 浄土真宗の宗祖、親鸞が得度した年齢にちなみ、男女ともに9歳から参加できるという。

得度式は1月と12月を除き毎月7日に行われているが、8月は夏休みを利用して参加する児童や生徒が多いため、2回行われる。

 今回は男女188人が式に臨み、9歳の子は72人。

御影堂で大谷暢顕門首から頭にかみそりを当ててもらう剃刀の儀を受けた後、真新しい墨袈裟(けさ)を身につけた。


記念撮影では頭をそったばかりの男の子や髪を後ろにたばねた女の子が並び、日焼け顔をほころばせていた。

◆小、中学生らの得度式


(共同通信記事より)

タグ:得度式
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース