So-net無料ブログ作成
検索選択
認知症 ブログトップ

◆認知症の所在不明者168人 [認知症]

認知症の所在不明者168人

ヨミドクターによると、
全国の警察に届け出のあった認知症の行方不明者は、
2014年中で1万783人(前年比461人増)


このうち168人の所在が分からなかったことが25日、警察庁のまとめでわかったという。


警察は、
家族などから「行方不明者届」を受理し、認知症の不明者を捜索し、不明者の身体的特徴や着衣などの情報をデータベースに登録している。
男性6130人
女性4653人
都道府県別では大阪が1921人で最多だった。

2014年以前を含めて届け出のあった認知症の行方不明者のうち、
2014年中に所在が確認された人は1万848人。

警察などが発見6427人,帰宅などで確認3610人,死亡429人。
全体の97.2%は1週間以内に所在が確認され、
2年を過ぎていた人も73人いたという。


認知症行方不明者の集計は2012年から実施。
届け出があったのは、
2012年が9607人
2013年1万322人

2014年4月末時点で計258人の所在が分かっていなかったという。


警察庁は昨年から保護された認知症身元不明者については写真付き資料を家族らが警察署などで閲覧できる制度を導入したが、5月末現在で39人分にとどまる。
閲覧は引き渡した自治体側の要請で実施するが、「個人情報保護」を理由に要請しないケースが多いという。

保護されても氏名を言えない認知症の人もおり、同庁は衣服や靴に名前を書くなど身元特定のための工夫を呼び掛けている。

獨協医科大学病院
〒321-0293
栃木県下都賀郡壬生町北小林880 
TEL 0282-86-1111(代表)
認知症疾患医療センター
http://www.dokkyomed.ac.jp/hosp-m/info/69/366.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◆主な対象疾患
アルツハイマー病
レビィー小体病
血管性認知症 
その他の認知症性疾患(若年性認知症など) 
老年性期(血管性)うつ病

◇スタッフ(いずれも兼務)
医師 7名
看護師 4名
臨床心理士 3名
医療ソーシャルワーカー 7名
☆センター長
下田 和孝
☆副センター長
渡邉 由佳

◇電話相談時間
TEL 0282-87-2251
月曜日から金曜日 午後 2:00 ~ 午後 4:00

医療機関と医師




タグ:認知症
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

◆万引き、認知症と診断され、どう生きる [認知症]

56歳で認知症と診断された元茅ヶ崎市職員中村成信さん(64)(神奈川県寒川町)が、
6日、横浜市緑区の緑公会堂で講演会を開いた。(ヨミドクター)

以下、体験をもとに本を出版!   


ぼくが前を向いて歩く理由―事件、ピック病を超えて、いまを生きる

聴衆に笑いを織り交ぜながら経験を語り、
「前向きに生きることが進行を抑える」と訴えた。

中村成信さんは2006年、スーパーで万引きをして逮捕され、懲戒免職になった。
その後、「前頭側頭型認知症」と診断された。
2009年に停職6か月に修正され、同年退職。
現在は、有償ボランティアとして介護施設の草むしりや清掃をする傍ら、全国で講演活動をしている。

講演では、文章を書くことや感情のコントロールが難しいこともあるが、
「認知症になっても一生懸命生きようとしている。写真を始めたことで、生きがいが見つかり、ほとんど進行していません」と。

各地で撮影した風景写真をスライドで紹介し、
「その人に合った生き方を家族も一緒に見つけてほしい」と。

講演後には、前頭側頭型認知症について、
ソフィア横浜クリニックの玉城嘉和院長が、

〈1〉声を出す
〈2〉指を使う
〈3〉足を動かす

ことが予防・進行防止に効果的と。

ソフィア横浜クリニック

※ピック病(Pick's disease)とは、認知症を生じる神経疾患の一つ。
初老期痴呆(45歳~65歳)の代表疾患にアルツハイマー病とピック病があり、
アルツハイマー病の原因は解明されつつあるが、いずれも原因不明の大脳萎縮性疾患。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

◆三大認知症とは [認知症]

横浜市立大医学部名誉教授の小阪憲司さんが、レビー小体型認知症の発見者だということは聞いていますが、日本国内に推計で約50万人いるとしているんですね。

認知症と言っても、3つあると言われていて、他の病気と重なる場合もあるので、専門家でないと薬の処方が正確に対応できないと思われます。かえって悪くすることもあるとのこと。


その三大認知症には、

脳の一部が萎縮し記憶障害などが特徴的なアルツハイマー型認知症、

脳こうそくなどが原因の脳血管性認知症、

それに、
小阪憲司さんが発見した、脳内に「レビー小体」という物質が多数現れるレビー小体型認知症

レビー小体型認知症は、
存在しない人や物が見える幻視があったり、見えているものを別のものと見間違ったり、体がこわばったり、歩行が小刻みになったりする「パーキンソン症状」、睡眠中に叫んだり暴れたりする「レム睡眠行動障害」なども特徴的な症状だということです。

パーキンソン症状の場合、
アルツハイマーの治療薬やパーキンソン病の治療薬を通常量で投与することは逆に症状の悪化を招くことが多いというので、専門医にしっかり薬剤の処方をお願いしないといけませんね。

医療機関と医師

タグ:三大認知症
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

◆アルツハイマー型認知症治療薬 2種類追加承認! [認知症]

◆12月24日のニュース

厚生労働省の薬事・食品衛生審議会薬事分科会が、アルツハイマー型認知症の治療薬として、新たに2種類の承認を決めたというニュースが入りました。


 追加されたのは
「レミニール」(成分名ガランタミン)と「メマリー」(成分名メマンチン)  

☆軽度~中等度の患者向けとして⇒「レミニール」(成分名ガランタミン)

☆中等度以上の患者向けとして⇒「メマリー」(成分名メマンチン)


※国内にはエーザイの「アリセプト」(成分名ドネペジル)しかなく、患者や医療機関から早期導入の要望が出されていたという。

◆早ければ来春にも使用できる見通しということですが、早いほど良いですね。日本では、公式導入に時間がかかりますから。
 もちろん、弊害のあるなしのデータ確認が必要であることは言うまでもありませんが。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

◆認知症 薬で過敏反応招く型も! [認知症]

◆あきらめない認知症  

 認知症の原因で多いのは、脳に萎縮などがみられ患者のほぼ半数を占める「アルツハイマー型」、脳梗塞などによる「脳血管性」のほか、脳の表面にレビー小体というたんぱく質がたまる「レビー小体型」だという。

 レビー小体型認知症は、薬に対して過敏な反応が起きやすい。副作用で症状を悪化させてしまうこともあり、注意が必要だ。

千葉県の女性(70)は2007年11月、近所の精神科医で認知症と診断され、症状の進行を遅らせる薬(商品名アリセプト)を処方された。

 ところが飲んだ翌日、デイサービスの施設で暴れ、いすを投げて窓ガラスを割った。もともと怒りっぽい性格はあったが、こんなに暴れたことはそれまでない。「薬のせいではないか」と疑った娘(54)の判断で薬を中止。その後、原因はわからないまま病院を転々とした。

 レビー小体型認知症は、物忘れのほか、実際にないものが見える、小またで歩いたりつまずいたりする、睡眠時に大きな声で寝言を言う、奇声を上げる、怒る、暴れる――などの症状が出やすいのが特徴だ。この女性にもこれらの症状があり、10年5月、専門医でようやく診断がついたという。

 この病気を約30年前に発見した横浜ほうゆう病院長の小阪憲司さんによると、アルツハイマー型の治療薬であるアリセプトをレビー小体型の患者に使うと、強く効き過ぎることが多い。この女性の場合も、薬の副作用のために興奮状態を招いたとみられた。

 このため治療では、少量のアリセプトを使ったり、漢方薬や抗精神病薬、抗うつ薬を用いたりするが、適した量や効き目、副作用は個人差が大きい。「専門医とよく相談して使うことが大切」と小阪さんは注意を促す。

 小阪さんが顧問を務める「レビー小体型認知症家族を支える会」では、毎月1回、横浜市青葉区の「メディカルケアコートクリニック」で交流会を開いている。患者家族からの質問に、専門医がアドバイスする。

 また、支える会のホームページでは専門医の一覧も紹介しているという。
「アルツハイマー型などと間違われやすいが、疑わしければ相談を」と。

【レビー小体型認知症家族を支える会】
電話:045・914・7087
ファクス:045・914・7028
ホームページ:
http://www.dlbf.jp/

(読売・医療大全より)

◆医療機関案内ページ


タグ:認知症の薬
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
認知症 ブログトップ