So-net無料ブログ作成
選挙活動 ブログトップ

◆参院選、違法すれすれ? 公示後も各党競ってHP更新! [選挙活動]

各党が参院選でインターネットを使った選挙運動を展開している!

 公職選挙法違反の可能性があるが、各党はネット利用を推進している。

 民主党は菅首相の街頭演説の動画や、党幹部の応援演説の記事をホームページ(HP)で流しているし、自民党も谷垣総裁の選挙第一声の動画などを公開、公明党や社民党などは党幹部の遊説日程を更新している。

 公選法は、選挙期間中に不特定多数への「文書図画」の頒布を禁じている。
総務省はHPの更新も「頒布にあたる可能性がある」との立場だ。
ただ、「候補者への投票を呼びかけるための更新は法に抵触するが、通常の政治活動の範囲内であれば直ちに抵触はしない。線引きは難しい」と。

 ある民主党候補者は、簡易投稿サイト「ツイッター」に、日々の選挙活動の内容を音声で投稿しているという。
 陣営は「音声は規制の対象外。総務省と顧問弁護士にも確認をとった」と。

 与野党は今回の参院選からの適用を前提に、ネット上での選挙運動を解禁する公職選挙法改正案を5月にまとめたが、鳩山前首相の退陣による混乱で国会提出もできずに終わった経緯がある。・・

(読売新聞を読んで)

◆ここでも以前取り上げましたが、公職選挙法改正案を国会に提出していなかったのですね!

◆自由市場


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
選挙活動 ブログトップ