So-net無料ブログ作成
電子マネー ブログトップ

◆サーバー型電子マネーの行方! [電子マネー]

利用者保護へ安全網 ! ネット上の支払い専用マネー!


 ―高い利便性で急速に普及が進む電子マネー。中でも、インターネット上だけで決済可能な「サーバー型」と呼ばれるタイプは、飛躍的に市場規模が膨らんでいるという。
 だが、本人認証を必要とせずに入出金ができることから、不当利得の資金洗浄(マネーロンダリング)や振り込め詐欺への悪用が指摘されていた。
 捜査当局は「金融犯罪の温床となりかねない」と警戒を強めるが、膨張を続ける仮想世界に、法制度が追いつかない現状だった。―

 そこで、金融庁は今秋までに、規制の網の外にいたネットマネーの運営業者を監督対象としたうえで、利用者を保護するための安全網整備に乗り出すという。

 主にインターネット上での商品やサービスの購入専用に使う「ネットマネー」(サーバー型電子マネー)の市場規模が拡大しているという。
 ネットでの通信販売などの利用増加を背景に、2010年度の発行額は前年度の1.5倍の7千億円に膨らむ見通しだと。


 《ネットマネーはネット内でのみ使える通貨》

 利用者が保有しているネットマネーの金額情報をサイトの運営業者などが管理し、利用者はその金額の範囲内で買い物をする。
「スイカ」や「エディ」などカードのICチップ内に金額データが記録され財布代わりに持ち歩ける通常の電子マネーとは違った仮想マネーだ。

◇この方面はますます拡大していく方向でしょうか? 利用者の保護が現状に追いつくようにして欲しいですね。

◇◇◇◇◇
◆日記帳
◇◇◇◇◇
◇◇◇◇◇◇◇◇
◆のあ いちいHP
◆海外・国内旅行
◇◇◇◇◇◇◇◇

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
電子マネー ブログトップ