So-net無料ブログ作成
検索選択
肝臓移植 ブログトップ

◆心臓移植65歳未満に [肝臓移植]

日本のように、一律の年齢制限は国際的にも例がないという心臓移植。

日本循環器学会は、心臓移植を受ける患者の年齢上限を、65歳未満とする提案をまとめ、厚生労働省が検討を始めたという。社会の高齢化や65歳まで雇用継続の動きなどを踏まえ現行より5歳引き上げた。


従来、「60歳未満が望ましい」との基準により、60歳を超えて発病した患者が心臓移植を望んでも待機リストに登録されるのが非常に難しかったという。

提供数が少ない心臓を、社会復帰が望める勤労世代に回すための措置だったが、60歳代の患者は事実上、移植の扉が閉ざされていたのだ。


欧米では、心臓移植が始まった80年代には60歳以上の移植患者は約10%だったが、手術技術の進歩などで、この10年で約25%に上昇したという。

米国では、チェイニー前副大統領が71歳で心臓移植手術を受けたが、
約30%が60歳以上ということだ。

日本循環器学会は、見直し案として、心臓提供があった場合、まず60歳未満の待機患者を対象とするが、提供者が高齢過ぎるなどの理由で患者が移植見送りを申し出たなどの場合、60歳以上の患者を対象とする、としている。

 現在の年齢制限は、昨年保険適用された埋め込み型補助人工心臓の治療でも、問題を生じさせているという。
小型で外出も可能で、1年後生存率は8割以上と高い有力な治療法だが、保険の適用は「心臓移植を待つ患者」に限られ、移植の対象にならない60歳以上の患者は治療を受けることが難しい、と。

 同学会の提案を受け、厚労省の専門作業班は、年齢基準の引き上げと移植待機順位案の是非などを検討しているという。

 同学会の提案を取りまとめた東京医科歯科大循環器内科の磯部光章教授は、人工心臓は高価であり、重症度によって対象を絞る必要がある、としていますね。

 日本臓器移植ネットワークによると、1997年の臓器移植法施行後、移植を受けた60歳代のひとは6人いるという。


タグ:心臓移植
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

◆生体肝移植:的確な判断欠いたチーム [肝臓移植]

◆的確な判断を欠いたチーム
 
 昨年12月、東京都内で、生体肝移植を受けた多くの患者が亡くなったことを受けて記者会見した東京医大八王子医療センター長の高沢謙二さんは、
「患者の期待に応えられなかったことについて申し訳なかったと思っています」
と、謝罪した。

 同センターが行った生体肝移植手術52例(2000~07年。以降、移植は中止)のうち、20人の患者が退院することなく亡くなった。加えて3人も移植後1年以内に亡くなっており、患者の1年生存率は56%。日本肝移植研究会による全国平均の約80%に比べて著しく劣っている。

 ―同センターの問題は、どこにあったのか。

 同大がまとめた調査報告書によると、同センター第5外科(移植担当)准教授(当時)が実務責任者となり、生体肝移植の経験が多い京都大病院関係者らの協力を得て手術にあたった。
 移植を受けた患者52人のうち、肝動脈の合併症が起きたのは13人(25%)で、うち9人が死亡した。

・肝動脈合併症は血管が詰まったり、出血したりするなどの問題が起きること。
・成人患者で肝動脈の合併症が起きる割合は、東京大や九州大が3%台なので、8倍ほど高い。調査報告書も第一に、手術の技量に問題があったと指摘する。
 移植医の問題だけでなく、内科医、薬剤師、看護師らが連携する「肝臓移植チーム」全体の力不足もあった。

 移植後は、縫い合わせた血管からの出血、細菌やウイルスの感染など注意すべき点が多い。
 医療スタッフは患者が退院する2、3か月後まで目が離せない。

 京都大時代から日本の肝移植治療を牽引してきた前先端医療センター長(神戸市)の田中紘一さんは八王子医療センターの医師が手術する際、傍らで指導するなど体制作りを支えた。

 田中さんは「移植チームは患者の異変を見つけ、再手術の決断をするなど、的確な判断ができていなかった。(指導者として)責任を感じている」と。

 肝臓移植を多く手がける東京大病院(東京・文京区)肝胆膵外科教授の國土典宏さんは「我々も、患者の状態が悪くなって悩むことがあるが、その経験を生かし、技術を磨いていく。その努力なしに、治療成績を上げることはできない」と話す。

 日本では脳死移植がなかなか普及しないため、生体肝移植に頼らざるをえない。肝臓移植を行ったことがある施設は全国に60施設以上あるが、数例の実績しかない病院もある。

 「移植経験が乏しい病院の治療成績はやはり、良くないだろう。移植を行う施設を集中させるべきだ」
日本移植学会元理事長で、肝移植施設の拡大路線を進めてきた田中さん自ら、方針転換の必要性を訴えた。
                     (読売新聞を読んで)

◆生体肝移植とは?
健康な人の肝臓の一部を血管を付けて切除、摘出し、重い肝臓病の人の悪い肝臓と取り替える(移植する)治療法。
・健康な人(ドナー)にメスを入れることの是非の問題がある。


◎生体肝移植:
 日本移植学会や日本肝移植研究会によると、2008年1年間に行われた肝移植は476件で、うち463件(全体の97%)が生体肝移植だ。残りは脳死肝移植。
 一方、米国では1年間に6318件の肝移植が行われた。うち生体肝移植は249件で、全体に占める割合が4%ほどに過ぎない。日米では、脳死肝移植と生体肝移植の割合が、まったく逆になっている。

 日本で脳死移植が進んでいないことが、これだけの差を生んだ原因だ。日本は健康な人から肝臓の一部を提供してもらう「生体肝移植」に頼らなくてはならないのが現状である。

 生体肝移植を受ける患者の病気は、18歳未満では、肝臓と十二指腸を結ぶ胆道が生まれつき閉じており、胆汁が肝臓外に排出されないために肝不全を起こす「先天性胆道閉鎖症」が最も多いという。
 一方、18歳以上の患者では、C型やB型の肝炎ウイルス感染による肝臓がんや肝硬変などが多い。

 移植を受けた患者は、個人差はあるが、1週間ほどで集中治療室(ICU)を出て一般病室に移ることが多い。肝機能が安定し、体力が回復してくると退院できるが、2か月ほどかかる。

生体肝移植を受けた18歳以上の患者の1年生存率は80・7%、3年生存率は75・1%、5年生存率は72・1%。
 
 患者に肝臓の一部を提供する臓器提供者(ドナー)は、ほとんどが母親または父親で、両親合わせると全体の95%を占めるという。

 生体肝移植では、健康なドナーの体にメスを入れることの是非が問題になる。
日本肝移植研究会が2005年12月までに国内で行われた生体肝移植を解析した。
(1)生死にかかわる可能性がある。
(2)再手術を要した――など5つの問題に該当する症例を「重い合併症」と見なして調べたところ、
105人(3・5%)が該当した。

◇内訳は、
・肝臓を切った部分から「胆汁が漏れる」:45人
・「2リットル以上の出血」:24人
・「感染症」:8人
・再び開腹手術を受けた:46人

◆国内では、2002年に京都大で手術を受けたドナーが肝不全で翌年死亡した。2005年には群馬大の手術でドナーが大量出血し、下半身不随になったという症例がある。


◇◇◇◇◇◇◇◇
◆のあ いちいHP
◇◇◇◇◇◇◇◇
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◆糖尿病ブログを書く
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
肝臓移植 ブログトップ