So-net無料ブログ作成
米軍基地 ブログトップ

◆米軍普天間飛行場、県内移設反対、県外といっても・・ [米軍基地]

朝・毎・読・日経、こぞって一面で、県内移設反対記事で!

 米軍普天間飛行場の沖縄県内への移設に反対する県民大会が25日、同県読谷村運動広場で開かれた。

 主催者発表によると約9万人が参加した。普天間問題をめぐる県民大会としては過去最大規模。
 仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事のほか、県内41市町村長も代理の2人を含め全員が出席した。「県内移設を断念し、国外・県外へ移設するよう強く求める」との決議を採択した。

 大会は民主、自民、公明、共産、社民、沖縄社会大衆の県内各党と市民団体、経済団体など281団体による実行委員会が主催。
 県内移設反対が県民の「総意」として示されたことで、鹿児島県徳之島へのヘリコプター部隊の移設と併せて沖縄県のキャンプ・シュワブ陸上部へのヘリポート建設を検討している鳩山政権は、いっそう厳しい立場に追い込まれた。
 
 鳩山由紀夫首相は25日夕、大会について、記者団に「まだ(詳細が)わからないから」と述べた。

 ◇県外といっても、いざ自らの生活の場へ基地が来ることには、多くの住民が反対するでしょう。騒音を始めとしてさまざまな問題が起こるでしょうから。
 結局、基地はないほうが良いわけですよね。生きていくための生活を脅かすのは、同じ人間ですね。人間の愚かさ以外の何ものでもありません。これを原罪というのでしょう。
 基地や核のない世界の実現は、理想論でしかない現実の前に立たされ、何をどう決めていったらよいのか、誰が総理になっても難題です!

◇◇◇◇◇◇◇
◆病院案内ページ
◆のあ いちいHP
◇◇◇◇◇◇◇

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

◆政府、米側に苦肉の策 辺野古浅瀬案 [米軍基地]

=辺野古修正案=

 米軍普天間飛行場移設問題で、政府が米軍キャンプ・シュワブ(名護市辺野古)の南方沖の浅瀬に滑走路を建設する「浅瀬案」を検討、米側に提案する方向であるとのこと。

 政府が検討してきたシュワブ陸上案と鹿児島県・徳之島を組み合わせる移設案は、米政府や地元自治体が難色。米側の理解を得られそうな浅瀬案での事態打開を模索しているが社民党の賛成も得られるかも難しく、与党内調整は難航しそうですね。

 浅瀬案は、辺野古沖の浅瀬を埋め立てて1500メートル規模の滑走路を建設する案で、以前、米側の主張をもとに日米両政府で検討したが、断念した経緯があります。
 これは米側が容認する可能性が高く、現行案などに比べ工費が安価だとされます。
 ヘリコプターが住宅地の上空を飛ばないし、騒音問題や危険性を回避できる点で利点があります。
 
 浅瀬案は苦肉の策だろうが、鳩山政権はこれまで「少なくとも県外移設」と訴えて来ただけに、首相の責任を問う声が上がるのは確実ですね。
 政府・与党は、浅瀬案に加え、これまでの県側の要望も踏まえ、現在の環境影響評価の許容範囲内で現行案を沖合移動させる修正案の可否も検討。2本のV字形滑走路を建設する現行案を滑走路1本に縮小する新たな修正案も浮上しているという。

 ◇基地のない平和な日本が望まれますが、愚かな人間は核による抑止を現実と捉えざるを得ない現状ですね。世界の人間同士がそのために膨大なお金を使っているわけです。人類の歴史が続く限り、世界から戦争を無くすことは出来ないのでしょう。毎日のようにテロによる死傷者が出たというニュースを聴くにつけ、何ともいえない悲しい気持ちになります。
 (産経新聞を読んで)

◇◇◇◇◇◇◇◇
◆のあ いちいHP
◆海外・国内旅行
◇◇◇◇◇◇◇◇

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

◆普天間移設 ホワイトビーチ沖合案が浮上! [米軍基地]

沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設問題で、鳩山首相は4日、3月中の意見集約に向けて調整を加速させる方針を表明した。
 しかし、政府・与党で浮上している案は、地元と米国の合意形成が困難視されるものばかり。

そうした中、ホワイトビーチ沖合案が浮上した!

鳩山由紀夫首相は4日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「できるだけ早く決めたい。当然、3月中のいずれかの時点では政府の考え方をまとめなければならない」と語り、月内に移設先の政府案をまとめる考えを示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。


米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、政府内で米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)から沖合の津堅(つけん)島までの間を埋め立てて滑走路を建設する案が浮上していることが4日、明らかになった。

キャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)への移設案に加え、有力案となる可能性がある。
 ホワイトビーチ沖合への移設は、1996年12月の日米特別行動委員会(SACO)の最終報告前にも政府内で検討されたが、地元の反発などで頓挫した経緯がある。

同地区の水深は浅く、埋め立てがしやすいとの指摘が政府内にはあるが、海上(公有水面)の埋め立てには県知事の同意が必要で、沖縄県側の反発も予想される。
 一方、平野博文官房長官は4日夕、上京している仲井真弘多沖縄県知事と電話で会談した。仲井真知事がシュワブ陸上部への移設案の検討状況を尋ねたのに対し、平野氏は「何も検討はしていない」と否定。普天間移設問題を巡って2日夜、ルース駐日米大使と会談したことを報告した。

今まで長いこと沖縄県民に犠牲を強いてきた米軍普天間飛行場問題。総合的に判断して、ベストな場所とは?
皆さんは、どんなお考えでしょうか?
沖縄県に限らず、自分の住んでいる地へ移設すると聞いたら、当然反対する人が多いでしょう。

◆ホワイトビーチ沖合


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◆暮らしえらび
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◆居ながらにして社交ダンスを学ぶ
◆居ながらにしてピアノレッスン
◆ゴルフ指南
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
米軍基地 ブログトップ