So-net無料ブログ作成
性生活 ブログトップ

◆性生活ー逆行性射精(精液の膀胱内への逆流) [性生活]

ラジオを聴いていて、

射精感はあるが、精液が尿道から出ないってことがあるんですね。
 
逆行性射精(精液逆流症)とか薬の副作用も考えられるとか。

先ず、精液は約3分の1が前立腺液で、約3分の2が精嚢(せいのう)液、
そして、この他に精巣から精子を含んだ液などで、6種類で構成されているそうです。

性的興奮が最高潮に達すると、先ず膀胱のすぐ下の前立腺から前立腺液が尿道に分泌される。
と同時に、膀胱の出口部分がしっかりと閉じて精液の膀胱内への逆流を防止するそうです。

少し遅れて精嚢からの精嚢液と精巣からの精子を含んだ液が前立腺部分の尿道に放出される。
そして、女性との性交の刺激で精液が勢よく外尿道口より射出されてオーガズムを感じるのだそうです。

 これらは、反射的に起こって、射精とオーガズムは連続して起こるのがふつうなのですが、
射精があってもオーガズムがなかったり、オーガズムがあっても射精がなかったりすることがまれにあるそうです。

これは、膀胱の出口部分がしっかりと閉じられないために、精液が膀胱内へ逆流することが考えられる、とか。

原因としては、膀胱の出口部分の開閉をコントロールする自律神経の損傷とか、前立腺肥大症で経尿道的に前立腺を切除した場合によく起こるというのです。

とくに手術も受けていない場合は、閉める作用を弱めるような薬(高血圧症の降圧薬など)の副作用も考えられるそうです。

また、男性ホルモンの作用により分泌がキープされているので、加齢により男性ホルモンが減り、精液量が少なくなっていることもあるそうです。

この逆行性射精は、若い男性では不妊の原因になるので治療する必要があるとのことです。
これから子供をもうける必要がない場合は、本人は不満かもしれないが、膀胱内に精液が逆流しても何の害もないとのことです。

私は大分むかし、親しい医師に、すでに子どもがいれば、そんなの役に立たなくなったって良いんだよ!
と言われたことがあります。
そのドクターは、俺は子どもが出来ない体だ、と言っていましたね。・・



タグ:性生活
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

◆高齢者の性、若くてもセックスレス夫婦 [性生活]

高齢者の性(読者の反響)心の渇き/ ネットで語らい

 《読売新聞欄から》

 2009年8月に連載した「高齢者の性」(全7回)には100件以上の反響があり、10月の「反響編」(2回)に対しても30件以上の感想が寄せられたそうです。

 大半が自身の悩みを切々と訴える内容で、「誰にも相談できない」と思い詰めて書かれた様子があった。夫婦の心のすれ違いなど共通する悩みも多く、同じ立場にいる人の共感やアドバイスを欲している人が多いと。

 だが、紙面では掲載できる分量や内容に限りがあるし、読者同士の意見交換も難しい。それなら、「安心して悩みを語り合える場を」と、

読売新聞の医療情報サイト「ヨミドクター」に11月、ブログ「高齢者の性」を開設した。

 記者が、週に1、2度、読者の声などを基にコラムを書き、それを読んだ人が、自由に意見を投稿できる仕組みだ。

 「男性がポルノで学んだセックス、女性はうんざり」というテーマで書いた際には、「男性の思いこみのために、たくさん恐怖体験をした」「性が心に直結するものであることを、もっと子供に教えるべきではないか」などの投稿が届いた。

 12月には、ヨミウリオンラインの掲示板「発言小町」に、セックスレス問題について質問を投げかけてみた。
 連載やブログに、この問題に悩む男女の声が数多く寄せられていたからだ。

 ブログでは、記者の書いた内容に読者が感想を寄せる形が多いが、「発言小町」では、読者の投稿に別の読者から意見が投げかけられ、やりとりは、より活発になった。

 議論が盛り上がるにつれ、長年パートナーに拒否され、恋人を作って心の渇きを癒やしているとの意見も相次いだ。
「不倫は絶対だめだ」という批判の声、「そもそも夫は触れようともしないのに嫉妬心など持ち合わせているのか」という声など、1月20日に投稿を締め切るまで400件以上の意見が寄せられた。・・

 一方、ブログは今も継続中だ。最近は、一度も性体験のない30歳代後半の独身女性や、不妊治療の過程で妻と距離ができた男性など、若い世代の投稿も増えた。
 同じ立場の人からの励ましの声、それを読んで「少し元気がわきました」という返信もあり、温かな交流も生まれている。

 性の悩みは、面と向かっては語りづらい。希望者が、匿名で自由に発言できるインターネットの利点を今後も活用したい、と。・・

 ということで、「発言小町」「夫婦仲の悪い方」

 関心がおありの方は、以下のリンク先に立ち寄ってみてください。さまざまなコメントが寄せられています!


◆夫婦仲の悪い方

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◆暮らしえらび・京都西陣、東山編


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
性生活 ブログトップ