So-net無料ブログ作成

◆ボサノヴァ 秋のミニコンサート [音楽]

キュービックプラザ新横浜にて ボサノヴァ


KONNODUO
2005年に紺野和幸Gr/Voと紀子Flの二人で結成された夫婦デュオ、それにベースの小木曽保さんが加わって、

KONNODUO with 小木曽保のトリオで、ボサノヴァでした!

18:30~ 1時間です。


matador
フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン、イパニマの娘・・




今度は、同じメンバーで同時間で、11月15日(金)です。

IMG_0207.JPG
たまには、

ボサノヴァ


も良いですね!




タグ:ボサノヴァ

◆ファヨビのデュエット「Hwayobi & Tae Ha -Stay With Me」 [音楽]

この歌が良いよというメールが入ったので聴いてみました。

韓国のボーカル、ふだん聴かないので。

歌っているのは、キム・ボムスの弟子であるテハ(Tae Ha)とナンバーワン女性ボーカルと評価する人もいるパク・ファヨビ(Hwayobi)。

これが、そのデュエット曲「一緒にいてくれ(Stay With Me)」。


Hwayobi & Tae Ha -Stay With Me


ファヨビのデュエット。
テハの声が良いと。若いのに、穏やかに、ここまで抑えて、温かみが表現できるとは、驚愕です、とのことですね。

このシングルアルバム「一緒にいてくれ(Stay With Me)」は、2011年2月発売当初から各種オンラインのリアルタイム音源チャート1位を独占したというから驚きです。


●この、「Hwayobi & Tae Ha -Stay With Me」は、以下の
「テハ(Taeha)/1st Mini Album/Come Back To Me」
に収録されています。

【送料無料】テハ(Taeha)/1st Mini Album/Come Back To Me*国内発送・安心・迅速*^^*


◆演歌といっても-「あさみ ちゆき」 [音楽]

演歌ファンも多いでしょうが、嫌いなひとも多いかもしれません。

しかし、齢を重ね、ふとラジオから流れてきた歌。

泪が溢れてきて、
重なる部分が胸の奥からこみ上げてきます。

親子の情を唄ったら、今、このひとが光りますね。


それは、
あさみ ちゆき/鮨屋で...」

「あさみ ちゆき/鮨屋で...」


人はときとして、思いが共振するときがある。




どんな現実があっても、人は人生をやっていかなくては。
そうでなければ、人類もこの地上から消えてゆくことになります。

役立つネット情報




◆良い曲には 中村紘子&養老孟司! [音楽]

中村紘子さんデビュー50周年の記事を読みました。
養老孟司さんとの対談で。



・実はね、いい演奏には、いい鍵盤の手触りっていうのがあるんです。ある種のセクシュアルな感覚で、陶然とする。そもそもよい作品じゃないと、そうはならないんですが。20世紀後半から作曲と演奏が分離し、作曲分野はドレミで作るのに限界がきた。そこで、頭だけで考えて、触覚の心地よさが抜け落ちた作品がある。そういう曲は結局、聴き手に感動を与えない。多くの現代曲が一回きりの演奏で終わるのは、演奏家に生理的な快感を与える陶酔感がないんです。(中村紘子)



・触った感覚には、リズムっていうものがあると思うんです。分かりにくいんですが、それを一番きれいに表しているのは、指紋のリズム。ウネとミゾ、ものを感じる装置が非常にきれいに並んでいます。(養老孟司)



・ああそうか。だから、意識してないけど、ミゾ感覚で音色が変わるんですね。(中村紘子)



・CDが出始めたころ、人間の可聴域より上の超音波を切ってしまったら、「もの足りない」と不満が続出した。音って共鳴するから、体で聴いている。今の時代、頭で考えたことが、正しいと暗黙のうちに思っているから、体に聞いてみな、ってことをしない。(養老孟司)



この部分のお二人の会話。とても興味深いですね。無意識でいても、良い曲には触覚の快感が背後にあるんですね。音は、共鳴体で聴くものなんですね!





中村紘子 プレイズ ショパン(DVD) ◆20%OFF!