So-net無料ブログ作成
検索選択
韓国語 ブログトップ

◆外国籍の先生続々! [韓国語]

1991年に公立学校で日本国籍以外の先生を採用することが認められた。

以来、小中学校や高校で年々増加した。

大阪、兵庫、神奈川、京都など25都道府県で、在日コリアンを中心に少なくとも約200人が指導に当たっているという。

文部科学省の通達では、外国籍の教員は「期限をつけない常勤講師」と定められており、「主任」などの管理職にはなれない。
学級担任になるなど教育上の権限は日本人と同じだという。

在日コリアンの児童も通う大阪市淀川区の市立北中島小学校で開かれた3年生の音楽の授業。子どもたちが韓国の民族楽器チャンゴなどを楽しそうに演奏した。
担任は、在日3世の李知里(31)さん。韓国慶尚南道出身の祖父を持ち、愛知県で生まれ育ったという。

大阪府、大阪市は、1970年代から、独自に外国籍教員を採用していた。
1982年からは、国の通達に沿って日本国籍以外の採用を見送っていたが、国籍条項の撤廃を受けて93年から採用を再開。府内の外国籍教員は今年度で135人になるという。

李知里さんは、大学卒業まで日本名を名乗っていたが、「ほんとうの自分を隠しているようで心が重かった」と。
6年前の採用時、市教員や校長から、「名前を名乗ることが、朝鮮半島にルーツがある子供たちの支えになる」と助言され、本名を名乗る決心がついたという。

現在は、朝鮮半島の文化を伝える機会をつくっているほか、児童や保護者に自分の生い立ちを説明することもあるという。(讀賣新聞を読んで)

こうなるまでに、ずいぶんと時間を要したなあ、と私は思います。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇


大好評!!聞き流すだけの韓国語



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
韓国語 ブログトップ