So-net無料ブログ作成

◆日独憲法 戦後 [憲法]

日本国憲法が1946年11月3日に公布され、63年が経過した。
第2次世界大戦で敗れ、戦後復興を遂げた日本とドイツ。
だが、憲法を巡る歴史と環境は対照的な姿を見せている。

・連邦憲法裁判所
日本が通常の裁判所に違憲審査を一元化しているのに対し、ドイツは一般の裁判所とは別に、
憲法問題のみを扱う連邦憲法裁判所を置いている。裁判員は16人で、連邦議会(下院)と連邦参議院(上院)の推薦によって半数ずつ選ばれる。人気は12年で再選不可。

・ドイツ基本法(憲法)
第2次世界大戦後、当時英米仏3国の占領下にあった西ドイツ各州の代表を集めた憲法制定会議による審議を経て、1949年、5月8日に制定、24日に施行された。
同様に敗戦を経験した日本に比べ、占領国の影響は少ないとされる。
憲法としなかったのは、東西ドイツの分断が、固定化するのを怖れた為で、東西統一までの暫定的なものとして「基本法」と呼ばれた。90年の統一後も新たな憲法は制定していない。
ナチスへの反省から、自由で民主的な基本秩序の擁護を徹底しているのが特徴。
下院と上院でそれぞれ3分の2以上の同意が必要。日本のような国民投票は必要としない。

・日本の違憲審査
憲法81条は、最高裁判所を「一切の法律、命令、規則、または処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である」と定め、違憲審査の権限を与えている。
ただ最高裁は、外交・防衛上の基本方針など高度に政治的な問題は、審査の範囲外とする「統治行為論」を打ち出して憲法判断を回避するなど、違憲審査権の行使を控える姿勢をとり、「司法消極主義」とも呼ばれる。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◆美肌 ダイエット 化粧
◆高血糖には
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◆文芸(のあいちいHP)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇