So-net無料ブログ作成
出産、育児 ブログトップ

◆大阪の44歳凍結保存の卵子で出産! [出産、育児]

健康な女性、凍結保存の卵子で出産…大阪の44歳

昨春、自らの卵子を凍結保存していた大阪府内の40歳代の女性が、

その卵子で女児を出産したことがわかった。

がんなどの治療を受ける女性が卵子を凍結し、妊娠・出産した例はあるが、
健康な女性が出産したケースが公になるのは例がないという。

卵子を凍結したクリニック「オーク住吉産婦人科」(大阪市)によると、
女性は現在44歳。
独身だった40歳の時から同クリニックを受診し、41歳で卵子を8個凍結した。

結婚後、夫の理解を得て、解凍した卵子と夫の精子で顕微授精を複数回行い、昨春に別の医療機関で出産したという。

オーク住吉産婦人科クリニックでは、
2008年から、がんなどの女性を対象に卵子の凍結保存を行い、
10年からは健康な女性でも始めたという。

昨年末までに凍結保存した健康な女性は計229人に上り、うち17人が顕微授精したが、
出産を確認したのは今回の女性だけという。

卵子の凍結保存は、主にがんなどの病気を発症した女性に行われているが、
最近は働く女性の晩婚化などを背景に、
健康な若い女性が将来の結婚に備え自分の卵子を凍結保存するケースも増えているとみられる。

日本生殖医学会は13年、卵子の凍結保存に関する指針を作成。
健康な女性の場合、対象は成人とし、40歳以上での採卵や、45歳以上で使用することは、
高齢出産のリスクを避けるため、推奨できないとしている。

女性を診察した
オーク住吉産婦人科の船曳美也子医師(55)は、
「積極的に勧めているわけではないが、仕事などで出産の機会に恵まれなかった女性の選択肢を広げるにはやむを得ない」と。

未婚女性の卵子凍結保存に関する指針作成の中心となった、
日本生殖医学会前理事長の吉村泰典・慶応大名誉教授は、
「同様の事例はあるとは思うが、公になったのは初めてではないか。凍結卵子に対する、働く女性らのニーズはあるが、仕事と育児が両立できる社会にすることが重要だ」と。

ヨミドクターを読んで

病気と病医院



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

◆イギリスの親が3人になる取り決めどう思う? [出産、育児]

卵子の核移植を英が世界で初めての合法化、

というニュースをヨミドクターで知りました。

=遺伝病防止、慎重論も=

英下院は、重い遺伝病を持つ母親の卵子の核を他の女性の卵子に移植することを認める、
「ヒトの受精と胎生学法」の改正案を賛成多数で可決したという。

法案は、
上院で可決・成立すれば、英国が世界で初めて卵子の核移植を合法化する国になるとみられる。

母親の卵子から核だけを取り出し、核を取り除いた健康な女性の卵子に移植する。

卵子の核以外の部分の異常が起こす難病「ミトコンドリア病」の防止などに有効な手段となるという。

英国内には、この病気の子どもを産む可能性のある人が約2500人いるという。

ミトコンドリアにも遺伝子があるため、この技術で誕生する赤ちゃんは、
父母と卵子の提供者という「3人の親」の遺伝情報を受け継ぐことになる。

英国国教会などキリスト教団体からは、
「この技術は安全とはいえず、倫理上おかしい」との反対意見が出ているという。

人権団体の中からは、
「美しく、知性が高く、病気にかからない、
『理想的な赤ちゃん』を遺伝子操作で作る動きにつながる」
と批判する声も出ているという。

成功した場合、親が3人になることで、 複雑な問題も出て来るのではないかと思いますね。

みなさんは、どう思われますか?

★バレンタイン&グルメ



タグ:人工出産
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

◆出産時の会陰切開と性機能 [出産、育児]

出産時の会陰切開、性機能に影響? (ヨミドクター)

産婦人科医で性科学者の宋 美玄(そん・みひょん) さんが、ご自分の体験も交えて、
ヨミドクターで書かれていることに重みを感じます。

医師でない一般人が、もっと以下のことを認識し広めて行くことが大切だと思いましたね。

私の場合、もう、孫も小学校へ入学する年齢ですが。
むかしは、やはり、そうしたことを考える余裕も知識もなかったですからね。

宋 美玄(そん・みひょん) さんは、
今、川崎医科大学の大学院4年生で、今年の3月に博士(医学)を授与される予定とのこと。

研究テーマは産後6か月の母親の健康についてで、その一部が論文になったとのことで、
こちらで内容を紹介したいとのメッセージ。以下。

事前に検査に同意してもらった産後6か月の女性にお産の時の様子とSFQ28という自己回答式の女性性機能質問票を郵送し、郵便で返送してもらい、解析可能な435人について解析。

経膣分娩ぶんべんグループ、吸引・鉗子かんし分娩グループ、帝王切開グループに分けたところ、

性機能についてはほとんど差はなかった(パートナーシップという少し異色な項目のみ、統計学上意味のある差がありました)と。

会陰に傷なしグループ、会陰切開グループ、会陰裂傷(肛門の筋肉に達しないものまで)グループ、帝王切開グループに分けたところ、

性的な感度という項目で、傷なしグループよりも会陰切開グループの方が悪いという結果になった。
(裂傷グループと帝王切開グループは傷なしグループと比べて差はなかった)

また、
産後6か月の時点で、夫が立ち会い出産をしたグループとしなかったグループでセックスレス(4週間以内にセックスをしていない)率に差はなかった。

お決まりの作業としての切開、やめた方がいいのでは… 

会陰切開について:
色々な目的で行われることがある。
赤ちゃんが苦しんでいると思われる際に少しでも早く出してあげたい場合に行ったり、そのままだと会陰が裂けて肛門まで傷が達してしまいそうな場合にも肛門と違った方向に切開したり、などが代表的。

皮膚が伸びやすかったり、お産がちょうどいいスピードで進行したり、取り上げる者の技術が高かったりすると裂けずに産めることもあるが、妊娠中にオイルでマッサージをしたり助産院で分娩すれば裂けずに産めるというものではない。

会陰切開も裂けることも、そうなることは仕方がないということが多い。

ただ、
宋 美玄(そん・みひょん) さんの体験から、
「私が医師になってすぐのころに上司たちから「会陰が伸びきってしまうと性機能や排尿機能に影響するから、伸びる前に会陰切開をした方がいい」と言われたので、そのように思っている医師も結構いるのではないかなと思う、と。

今回の研究の結果はそれとは逆になったが、他の文献を見ても私と同様のものが多かった、ということです。

今は昔と違い、お決まりの作業として全例で会陰切開をするというところはずいぶん減っていると思うが、
やめた方がいいのではないかと思う、と。

また、夫が分娩に立ち会うとセックスレスになると言われているのを聞かれた方もいらっしゃるかと思うが、今回の研究結果によるとあまり関係ないようだ、と。


コミック版 女医が教える本当に気持ちのいいセックス2

☆宋美玄(そん・みひょん) 産婦人科医、性科学者
1976年、神戸市生まれ
川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。
・主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

◆卵子凍結保存 独身女性にも容認! [出産、育児]

日本生殖医学会は、

不妊治療をする夫婦などに限るべきだとされている卵子の凍結保存について、40歳以上は推奨できないとしたうえで、健康な独身女性にも認めることを決定しましたね。
これは23日夕方開かれた、日本生殖医学会の倫理委員会で決まりました。

日本生殖医学会の倫理委員会の委員長で、埼玉医科大学教授の石原理医師は、

卵子凍結は、女性の晩婚化が進むなか、妊娠の可能性が高い、若い時の卵子を保存したいという独身女性の要望に応じて不妊治療のクリニックで急速に広がっているとみられるため、
学会では「ガイドラインを整えることで無秩序に広がるのを防ぎたい」と話していますね。


卵子凍結は、女性の体内から卵子を採取して液体窒素などで凍結保存し、その後、解凍して体外受精に使う不妊治療の技術です。

法律による規制はありませんが、関連する学会は、倫理的な問題から広く行うべきではないとして、不妊治療をしている夫婦とがんの放射線治療で卵子に影響が出るおそれがある患者などに限るべきだとしてきましたね。

ところが、晩婚化が進むなか、卵子の老化による将来の不妊を心配する独身女性が増え、不妊治療のクリニックでは、数年前から妊娠する可能性が高い、若い時の卵子を保存したいという女性の要望に応じて卵子凍結が急速に広がっているとみられています。

この中には、妊娠の可能性が低い40代後半の女性の卵子を凍結したり、高額な費用を請求したりする問題のあるケースもあると指摘されています。

そうしたことから、日本生殖医学会は無秩序に広がるのを防ごうとガイドラインをまとめたのですね。

先ず、
「年齢などが原因で不妊になる可能性が懸念される場合、卵子を凍結できる」として健康な独身女性の卵子の凍結を認めました。

そのうえで、
卵子凍結をするのは40歳以上は推奨できないとしたほか、
凍結した卵子で不妊治療を行うのは、45歳以上は推奨できないとしています。

このほか、
保存や治療について女性に十分説明すること。
女性が死亡した場合は廃棄するなどとしています。

学会では、ホームページでこのガイドラインを公表し、一般から意見を募ったうえで、国内のクリニックに周知したいとしています。


学会の理事長で慶応大学の吉村泰典教授は、
「不妊治療を受けずに自然に妊娠するのが最も良く、決して勧めるものではない。卵子凍結を行っても妊娠できる保証はないのに、妊娠を後回しにすると、結果として子どもを授かれない場合も出てくるので、無秩序に広がるのを防ぐ必要がある。慎重に考えたうえで最後の選択肢としてほしい」と話していますね。

一般人の私が、考えてももっともなことだと思います。
やはり、広く一般から意見を募り、さまざまなケースについて検討するべきだと思いますね。

吉村泰典教授、石原理教授




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

◆年の差婚 [出産、育児]

ヒトは何歳まで子供をつくることができるのか?


69歳の加藤茶さんが46歳年下(23歳女性)とご結婚されたというニュースがありましたね。


奥様が「子供が二人欲しい」と。


ヒトは何歳まで子供をつくることができるのか?




近年の晩婚化により、より高齢になっても妊娠を希望されるカップルが増えてきているんですね。


ただ、ヒトは年を取れば取るほど妊娠しづらくなってきているということが明らかになっているそうです。


女性に関しては、
35歳以上の女性は急激に妊娠する可能性が低くなるとのこと。
卵子の老化によるものと考えられているとのこと。


そして、精子も老化するとのこと。
精子の数や運動率は20歳前後をピークにじょじょに低下していき、年齢が上がるに従って受精しづらくなるそうです。


私は、父45歳、母41歳のときの子で、母は私を産んですっかり体を弱くしてしまったようです。それで、私が5歳の時に脳出血で倒れて寝たきりの植物状態になり、49歳で亡くなりました。

戦後の悲しい現実です。


ところで、

精子も卵子も同じ染色体の入れ物であり、それがさまざまなストレスにより傷つき老化していくと考えられているそうです。


ということで、

妊娠するには適齢期

というものがあるので、両親が若くて元気なうちに子供を産むのが理想ですね・・

医療機関と医師




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

◆「こうのとりゆりかご」(赤ちゃんポスト) 51人! [出産、育児]

「赤ちゃんポスト 51人」

の記事を読みました。
親が子を養育できない子を匿名で託す慈恵病院は熊本市にあります。その名は、
「こうのとりゆりかご」(赤ちゃんポスト)

この「赤ちゃんポスト」の利用状況や課題を検証する会議が、熊本県で開かれ、座長=柏女霊峰・淑徳大教授が、最終報告を公表。

2007年5月の運用開始から今年までに預けられた子供は51人(男児28人、女児23人)だった。
報告では、子供の遺棄防止に一定の効果を認める一方、
「親が匿名で預ける仕組みは倫理観の低下を招く恐れがある」と指摘。
慈恵病院に匿名性の排除を求め、国に対しては「県境を越えた母子支援が必要」と提言した。

報告によると、預けられた51人のうち親が判明した39人は、親が住む地域の児童相談所に引継ぎ、7人が家庭に戻ったという。

判明した親の居住地はすべて熊本県外で、九州13人、関東11人、中部6人、近畿、中国など4人。
親の年齢は、20~30歳代が約8割を占め、7割が未婚、離婚者だった。
預け入れた理由は、「戸籍に入れたくない」(8人)、「生活困窮」(7人)「不倫」(5人)「世間体が悪い」「未婚なので」(各3人)など。

児童福祉や法律、精神医療の専門家8人で構成する会議は、「51人もの子供が預けられたのは、今の社会に必要とされていたということ」とゆりかごの意義を肯定。

助産師による電話相談と一体的な運用について、

①子供が捨てられるのを防ぎ、一時的に保護する機能を果たした。

②出産や養育に悩む母親の緊急避難となった。

として認めた。

反面、預けられた子供に障害児や受け入れ対象の新生児以外の幼児が複数いたり、人数は明らかにされなかったが、親に福祉・教育関係者がいたことも明らかになった。

柏女座長は、「倫理観の低下を招いている」と指摘。
「匿名性を担保に、親の身勝手で相談もせず、赤ちゃんを置いていくことは認められない。安易な預け入れは子どもの利益を最大限に守るという児童福祉の観点から、決して許されるものではない」と力を込めたという。

確かに、親の倫理というか、大人も倫理観が薄れてきているので、人としてのあり方を見直す機会を社会の中で増やしていくことが必要だと私も思いました。宗教とか、道徳とか、背景に強いモラルが必要な時代になっているように思われます。

皆さんはどう思われるでしょうか?

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


◆文芸(のあいちいHP)


◆本と旅の世界 ◆どうしよう


◆美肌・ダイエット・化粧


◆下記サイト◆のあ いちい作品;ミステリー短篇【どうしよう】は、
「作家の街・桜色の部屋」へ発表しました!

☆作家の街:桜色の部屋



∽∽∽∽∽∽∽∽∽



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
出産、育児 ブログトップ