So-net無料ブログ作成
検索選択
代理出産 ブログトップ

◆タイでの代理出産 [代理出産]

タイでの代理出産は、禁止する法律がなく、夫婦いずれかの血縁にあるものとの間のみ認められているものの明確な法律がない。

ということに加えて、費用がアメリカより安くできることから日本人も利用者がいるわけですね。

このところニュースで取りあがられている、オーストラリア人夫婦の依頼で双子の男女が誕生したが、障害がある子が引き取られなかった問題。依頼者は、障害が見つかった段階で堕胎を要請したが、代理母は命の尊厳から拒否したという。

また、
その直後に持ち上がった日本人男性のケースでは、マンションから保護した乳幼児9人が生まれたクリニック(無資格診療)から、13人の子供の医療記録を押収。この記録が正しいとすると、この男性の子供は15人になるという。 Global News Asia(8月11日)

タイで日本人男性が代理出産させたとみられる問題で、実際に出産した女性の夫がJNNの取材に応じ、夫は、「妻は家計を助けるために行った」と。(TBS系(JNN))

実際、中国や香港、オーストラリアを中心に医療ツアーを組む専門のエージェントもあり、無認可のクリニックで施術が行なわれているケースもあるという。

警察は人身売買など犯罪性がないか調べている。司法・行政当局は、違法な代理出産を請け負う医療機関はないか調査を始め「代理出産や体外受精で生まれた子供を守るため」の法整備に動き出したという。

倫理上の問題を多く含む事だが、現実に不妊に悩む人々への最先端医療として需要があるのだから、
日本では、長野県の諏訪マタニティークリニック 院長・根津八紘さんなどのアッピールしていることを、正面から受け止めてほしいですね。根津八紘さんは、依頼され、子供がほしいという願いをかなえるためにやっているわけですから前向きな議論をしてほしいものです。

こうした中、自民党のプロジェクトチーム(PT、座長・古川俊治参院議員)が今年4月、「特定生殖補助医療法案」をまとめ、子宮がない、または病気で失った女性に限って代理出産を容認した。

古川座長は「(代理出産などを)海外で行う人が多く、必要な治療を国内で安全に受けられるようにしたい」と説明する。
PTは秋の臨時国会への法案提出を目指すが、PTの議論でも障害児の引き取り拒否の問題が指摘され、そもそも出産のリスクを他人に負わせることへの批判も根強い。

この問題は、
禁止したからと言って、代理母を求めてタイやインドやアメリカへ行く人を増やすだけではさらに問題が深刻化します。
どのような子が生れても、その子の養育を引き受けて行くことが前提だと思いますね。

諏訪マタニティークリニック 院長・根津八紘



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

◆代理出産 実母が産んだ私の子! [代理出産]

=実母が産んだ私の子=

以前、子宮を失った女性(27)が、実母(53)による代理出産で赤ちゃんをもうけたことに触れました。

―母と娘がどう考えたすえに代理出産を選んだか―医療ルネサンス(讀賣)

女性は1歳のときに子宮に大きな腫瘍が見つかり、子宮を切除する手術を受けた。
(人間て生まれてから死ぬまでに、いつ何が起きるか分かりませんねーブログ主ー)

母は、「命が助かっただけでも良かった」と思う一方で、
「私は子どもを持てて幸せだった。娘はそれができない。こんな手術はなかったことにしたかった」との思いにさいなまれた。

思春期を過ぎても生理がない。「おかしい」と思いつつも、母に理由を聞けなかったし、母も言えなかった。

22歳のとき、「自分の体について知りたい」と母に手紙を書いた。その返事で初めて事情を知った。

結婚が決まった時、「子供は産めない」と涙ながらに相手の男性に告白した。
「そうなの。二人で暮らしていこう」と彼。夫婦二人の人生を歩む気持ちを固めたと言う。

ところが結婚後、「長野県の諏訪マタニティークリニック(根津八紘院長)が代理出産を手がけている。私に産ませてほしい」と、母から意外なことを言われた。

「子供を持たない幸せもある。それでも私は、娘に代われるものなら代わってやりたかった」
実母はそう心境をかたる。

「やっぱり、夫と私の子がほしい」「母の体を痛めてまで子供を持つ必要があるのか」
気持ちがゆれ、1年ほど悩んだ末、根津八紘院長にメールを送った。

「ここでだめなら、あきらめられる」根津院長に会い、代理出産を試みる決心をした。

夫婦の対外受精卵を実母の子宮に移植して妊娠。2009年5月、帝王切開で、体重2600g余の男の子が生まれた。

「この子が生まれる前は、愛情を注げるだろうか、かわいいと思えなかったらどうしよう」と不安だったという。わずかでも母乳を与えたいと薬を飲み、「」おっぱいを吸わせ、おむつを替えるうちに、親としての実感がわいてきた」と。

わが子が成長した時、「おばあちゃんが産んでくれたんだよと、事実を話そうと思います」と。

ブログ主は過去に、『月の砂漠の歌』という障害をテーマにした小説を書いていますが、
ああ、これは、実に思いテーマです。。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆化粧・美肌
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◆文芸(のあいちいHP)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



タグ:代理出産
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

◆代理出産 法整備を! [代理出産]

子宮を失った女性(27)の受精卵で代理出産した実母(53)が、25日記者会見しましたね。

「代理出産を求めている人たちのために、法整備をして欲しい!」と。

病気で子宮を切除することはありうることで、そのままだと子孫が絶えてしまう事になります。
何とか子供が産めないものかと願うのは、人としておかしいことではないと思います。

長野県の諏訪マタニティークリニック(根津八紘院長)で、夫との受精卵を実母の子宮に移植、今春男児が生まれた。

「すくすく成長し、よく笑ってくれる」と女性は語った。
代理出産の法整備が進まない現状に、実母は、「私たちのような患者がいることを忘れないでほしい」と。

根津八紘院長は会見に出席し、法制化を目指し、患者、弁護士らと「生殖補助医療の支援を求める会」を近く発足させることを明らかにした。

今回のようなケースの場合、親としては出来れば子供に授かりたいと願うものだと思います。
法制化が早く実現するといいですね!


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◆文芸(のあいちいHP)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◆各種資格取得案内


タグ:代理出産
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
代理出産 ブログトップ