So-net無料ブログ作成
食道がん ブログトップ

◆食道がん 治療法 [食道がん]

Q. 食道がんのステージ1、手術は避けたいが 
食道がんが見つかり、ステージ(病期)1と診断されました。食道を失うのには抵抗があるのですが、手術以外の方法でも治るのでしょうか。(63歳男性)


A.化学放射線療法が可能―瀬戸泰之 東大病院胃・食道外科教授(東京都文京区)― 

 食道がんのステージ1の場合、抗がん剤を投与し、並行して放射線を照射する「化学放射線療法」で治療することができます。この方法だと手術で食道を切除しなくて済むので、食事も治療前と同じようにとることができます。治療効果も手術と同等とされています。

 ただ、化学放射線療法は食道を取らないメリットがある反面、放射線の照射で肺や心臓に後遺症が残る可能性があることは知っておいた方がいいでしょう。両方の治療法のメリット、デメリットを医師から十分に聞いたうえで、どの治療法を選ぶか判断してください。

 ステージが2や3に進むと、手術の方が治療効果は高く、標準的には手術になります。手術の前後に抗がん剤を投与することもあります。

(読売・医療相談室記事より)

◇私の父も実兄も食道がんでした。現実問題、深刻です。私のブログを読んで、海外のシモンチーニがんセンターに治療に行き、2ヶ月で帰国した方もいらっしゃいます。この治療は、抗がん剤や放射線治療を受ける前に開始することを強く推奨しています。現実問題、私も悩みます。現実になれば、費用のこともありますから。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

◆食道がん、最新事情 4期の場合! [食道がん]

今回の讀賣、医療ルネサンスでは、人間ドックで食道がんが見つかり、癌研を受診したところ、内視鏡とCT検査の結果、ガンは食道を突き破り、食道から遠いリンパ節にまで転移していた、という患者さんのケースだった。
がんの進み具合を表す病期は、もっとも進んだ4期だったという。

4期では、がんが体のあちこちに転移している可能性が高いため、通常手術は行わないという。

昔のことだが、私の父の場合も、それで手の施しようがないといわれて、開いた部分をふたたび閉じて縫い合わせたという経緯があった。それから半年後ぐらいに父は亡くなった。

医術の進んだ今日のこと。冒頭の、この患者さんは、消化器外科医から、放射線の照射と抗がん剤の点滴を同時に行う「化学放射線療法」を勧められた。

「4期の場合、この治療で3割程度の人のがんが一度は消えるが、再発することもあり、治るかどうかは未知数だと」

この患者さんの場合、1ヵ月後がんは縮小したが、消えてはいなかったという。化学療法の後でがんが残ったり再発した場合、同じ治療法にはもう期待できないという。体力が落ちる上に強力な放射線の照射で組織が硬くなったり、血液の循環が悪化しているからだという。

しかし、食道がんの手術が豊富な医療機関では、化学放射線療法の後でも手術を行うケースが少しずつ増えてきたという。
患者の体力に問題がない場合、残ったがんや、がんが残っている可能性のあるリンパ節など最小限の範囲を身長に切除すれば、治癒や延命につながる例も出てきたからだという。

上記の患者さんの場合、そのことを提案され、完全に治るかどうかは分からないが、手術を受けた。
食道のがんとともに切除したリンパ節55個からは幸いがん細胞は見つからなかった。
以来、検査は4ヶ月に1回。2年以上過ぎた今も再発は見つかっていないという。

化学放射線療法の手術は難しく、手術による死亡率も通常より高い。手術実績のある医療機関で受けることが大切だという。

「進行食道がんでは、抗がん剤も放射線も手術も完全な治療法とは言えない。うまく組み合わせることで、希望をつなげるのです」と、江東区の癌研有明病院の瀬戸医師は言う。

食道がん治療では、経験の豊富さに加え、外科、内科、放射線科の連携が重要なのだ、と。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


◆本と旅の世界


◆化粧・美肌


◆下記サイト◆のあ いちい作品;

☆作家の街:桜色の部屋






◆食道がん 内視鏡検査! [食道がん]

20日の讀賣、医療ルネサンスで、食道がんが取り上げられました。

市内の病院、人間ドックで内視鏡検査を受けたAさんは、食道に気になる病変があるといわれた。
細胞を取って検査に回したら、「悪性腫瘍」だった。

毎年国内で新たに見つかる食道がんの患者数は16000人余りだという。
胃がん、約11万人。
大腸がん、約10万人。
肺がん、約8万人。

に比べると少ないが、転移しやすいので治療が難しく、毎年、11000人以上が亡くなるという。
5対1で、男性が圧倒的に多い。

食べ物を飲み込んだ時、チクチク痛む。大きくなると物がつかえる感じになり、実際つかえてしまう、と。

酒とタバコは、食道がんを引き起こすもっとも大きな危険因子。それぞれ単独でもよくないが、両方の習慣があるとさらに危険性が増す、と。

実は、私の父も、酒とタバコは欠かさない人で、食道がんで亡くなり、兄も同じ食道がんになりましたが、医術の進歩のおかげで生き延びていますが、食道をすべて摘出し、胃を引っ張りあげて喉のあたりでつないだのです。

タバコと酒。特にタバコは禁物ですね。両方たしなんでもならない人はならないですが、危険性が非常に高いと思います。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
★ネットビジネスに興味がある方へ! 以下ブログに立ち寄ってみてください!
◆いちいの窓


タグ:がん
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
食道がん ブログトップ