So-net無料ブログ作成
検索選択
小説賞 ブログトップ

◆島田荘司推理小説賞 台湾 [小説賞]

◇島田荘司推理小説賞。

◇9月4日。タイペイで発表! 授賞式は2009年9月4日に行われる予定。


◇この賞は、日本の推理作家・島田荘司の支持を受けて台湾の出版社・皇冠文化出版が主催し、日本の文藝春秋、中国の当代世界出版社・青馬文化有限公司、タイの南美出版社が協力する推理小説の賞。
大賞作品は台湾だけでなく中国・日本・タイでも刊行されるという、スケールの大きい企画。

◇字数は8万~15万字。応募者の国籍や居住地は問わないが、中国語での創作であること。
島田荘司の※「本格」の定義に合致する未発表の長編推理小説を募集している。
賞金はないが、規定の印税が支払われる。
最終選考まで残った応募者には楯、それ以外の2次選考まで残った応募者には賞状が贈られる。

◇主催する出版社が1次選考で10作品を選出し、2次選考では台湾のミステリ評論家詹宏志(zh)や景翔らが3作品を選出する。
最終選考は島田荘司氏が行い、大賞作品を決定する。応募は2009年2月28日必着。

※「本格」:本格であるためには解決の論理性だけではなく手がかりが全て示されること、地の文に虚偽を書かないことが要求される。(事件の手がかりをすべてフェアな形で作品中で示し、それと同じ情報をもとに登場人物《広義の探偵》が真相を導き出す形のもの)


◇作品の刊行
大賞受賞作 - 台湾(3000部以上)・中国(2万部以上)・日本・タイで刊行 。
その他の最終選考作 : 台湾(3000部以上)・中国(2万部以上)で刊行 。
最終選考まで残らなくても、優秀作は『皇冠雜誌』に掲載される場合がある。その場合は雑誌の既定の原稿料が支払われる。

さて、誰がこの賞を射止めるか!?


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◆◇のあ いちい 新作SFファンタジー◇【居そうなヒト】◆は、下記サイトへ!

☆『猫の親子』は、無料で読めますので、ちらっと立ち寄ってみて下さい。以下です。

★作家の街:桜色の部屋

新作SFファンタジー◇【居そうなヒト】◆は、同じ「桜色の部屋」のなかに居ますが、有料=200円です。無料にしたいところですが、時間と労力をかけ、神経を削りました! 私が、200円いただけるわけではありませんが。
★作家の街:桜色の部屋


小説賞 ブログトップ