So-net無料ブログ作成
検索選択

◆脳死移植の緊迫感 映画で [映画]

「孤高のメス」 脳死移植の緊迫感 映画で  
                              
                    ―読売医療大全を読んでのご案内

 本人の意思が不明な場合、家族の同意があれば脳死下の臓器提供が可能になることなどを定めた改正臓器移植法が、7月17日施行される。
公開中の映画「孤高のメス」で、脳死肝移植に挑む主役の外科医を演じたのは、堤真一さん、看護師役は、夏川結衣さん。・・

【 映画 「孤高のメス」 】 医師の大鐘稔彦さんの同名小説が原作。全国で公開中。 1989年、アメリカ帰りの外科医、当麻鉄彦(堤真一さん)が、地方の病院に赴任した。患者優先の姿勢は、大学病院の顔色を気にする医師から反発を受ける一方、看護師の中村浪子(夏川結衣さん)らスタッフの意識を変えていく。ある日、肝臓移植でしか助からない患者が運ばれてきた。当麻は、当時、法律で認められていなかった脳死移植を行う決断をする。


◆「孤高のメス」移植医療の関心高めたい

川崎誠治教授 脳死肝移植をテーマとした映画「孤高のメス」(公開中)で、医療監修を担当した順天堂大病院(東京・文京区)肝胆膵外科教授の川崎誠治さんに移植医療の現状などを聞いた。

Q.映画の監修で最も注意した点は何ですか

 医療には、100%成功ということはありません。外科医は緊張を強いられつつ、冷静に手術をしています。そんな緊張感が観客に伝わってほしい、と思いました。血管縫合の仕方など、現実に近いものになるように監修しました。

Q.時代設定の1989年は、移植医療にとって節目の年ですね

 その前年に、世界で初の生体肝移植がブラジルで行われました。89年には日本でも子どもの患者に対して行われ、93年には大人の患者で初めて成功しました。

Q.川崎さんは、国内初の脳死肝移植を執刀した経験をお持ちですね

 脳死移植を可能とする臓器移植法が施行されたのは、ようやく97年になってからでした。脳死移植の盛んな米国では、生体肝移植のドナー(臓器提供者)は500人に1人の割合で亡くなる危険性が指摘され、生体肝移植は減少傾向にあります。

 一方、日本では脳死肝移植が年間6、7件と米国の1000分の1ほどしかないため、生体移植に頼らざるを得ない状況にあります。ただし、米国ほど多くはありませんが、日本での生体肝移植ドナーの死亡は5000例以上行って1例あります。

 
☆7月17日に改正臓器移植法が施行されます!
 ・主な改正点は、
〈1〉本人の意思がわからない場合には家族の承諾で脳死での提供が可能になったこと
〈2〉臓器提供の年齢制限(15歳以上)が撤廃され、子供への心臓移植への道が開かれたことです。

 ただし、法改正でドナーが大幅に増えるかどうかは不明です。
臓器提供意思表示カードの所持率は8.4%(2008年)と低い状況があり、まずは移植医療への関心を高めることが必要だと思います。

◇映画「孤高のメス」 全国で公開中。
詳しくは公式サイト: http://www.kokouno-mes.com/


◆医療機関案内ページ

タグ:脳死移植
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

◆高樹のぶ子の世界 アニメーション映画誕生! [映画]

◆芥川賞作家・高樹のぶ子の世界!

「マイマイ新子と千年の魔法」が今週末から全国で公開になります!
(*^_^*)楽しくて、切なくて、ちょっとだけ勇気が湧く。
そんな心に残るアニメーション映画が誕生しました。

◆マイマイ新子と千年の魔法

◇以下、SIAブログより:

SIA韓国編で、パク・ワンソさんの作品「親切な福姫さん」でも、韓国の田舎で、
鶏を殺す新妻の話が出てきます。鶏を殺す(さばく)ように言われて、
やってみたものの上手く行かず、首をぶら下げた鶏が、走り出して、新妻は
卒倒しそうになるのです。
そんな光景は、良くあることで・・
上手な人は、コキっと首を折ってしまうのです。
私も一度だけですが、鶏を殺したことがあります。一度だけですが・・


◆高樹のぶ子:
作家であり九州大学特任教授である高樹のぶ子氏が、九州大学アジア総合政策センターを拠点として、アジアの文学作品とその作家、地域に生きるさまざまな人々との交流を通じて、まさに「アジアに浸る(soaked in)」ことにより、高樹のぶ子氏自身が感じた「アジア」を、さまざまなメディアを通じて世界に発信するマルチイベントです。
アジアに生きる人々が何を望み、何を愛し、何を憎しみ、何を守りたいと感じているのか。文学を芸術や娯楽としてだけでなく、「心の情報」として捉え、作家高樹のぶ子氏の柔らかな感性を通してみなさまにお伝えしていきます。

◆高樹のぶ子のSIAブログ

◇私「のあ いちい」もコメントしています。お気軽に立ち寄ってみてください!

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
アフィリエイト無料DVD「アフィリエイト講座」の
申し込みはこちらから


◆アフィリエイト講座 無料DVD


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◆文芸(のあいちいHP)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◆各種資格取得案内



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

◆おくりびと [映画]

「おくりびと」が、アカデミー賞を受賞した!

確かに従来の世界というか日本では考えられなかった。
納棺師という資格があるわけではなく、最近使われだした言葉だという。
私の子供の頃は、親族が中心になってやったことだと思う。
私も、8歳の時に母を脳出血で亡くしているので、鼻に白い詰め物をしてお棺の中で仰向けになったままの物言わぬ母の姿が浮かんでくる。

この作品が、アカデミー外国語映画賞を受賞したのは、チェロ奏者の主人公がベートーヴェンの第九の演奏で始まるということ。これはもう、私などが子供の頃の日本ではないということである。
そして、日本人の「死」が、葬儀会社の手で執り行われる今日的状況が、日本人の若者たちにも違和感なく受け入れられている日常を見るにつけ、「おくりびと」の世界は、日本のことだという実感が希薄になっていることへの着眼である。

今、世界と日本の文化が融合し、新たな価値観が生まれていると言えるのではないだろうか。
時代はそんなにも変化し、世界の人たちは、原点である「死」を、かつての日本の風習を、厳粛な思いで見つめているのだと思う。やがて、なんびとにも平等にやって来るこの世への分かれの日のことを思い。


◇∞◇∞◇◇∞◇∞◇◇∞◇
◆芥川賞作家・高樹のぶ子氏の「SIAブログ」に、あなたも参加してみませんか!!
あなたにも共通の話題があると思います!
◇高樹のぶ子のS I Aブログ

юююююююююююююююю
☆のあ いちい 新作短編;
◆◇『愛人契約』◇◆は、下記サイトへ!
★作家の街:桜色の部屋

◆∞◇∞◇◇∞◇∞◇◇∞◆
◆本と旅の世界

◆∞◇∞◇◇∞◇∞◇◇∞◆
 
★今一番売れている男子シューズ!
◆∞◇∞◇◇∞◇∞◇◇∞◆