So-net無料ブログ作成
検索選択

◆肺がん治療の今―ラジオ波治療― [肺がん治療]

―肺がん治療の今―

◆小さければラジオ波も

 体の外からがんに電極針を刺して焼く「ラジオ波治療」。
肝臓がんでは保険がきく一般的な治療だが、近年、肺がんに対しても一部で試みられている。

2005年2月。
3.7センチの肺がんが見つかり、岡山大病院で左肺の上半分を切除する手術を受けた男性(69)。
1年半後、経過観察で、左肺の下の方に2.5センチのがんが見つかった。

 このとき、外科の主治医から、手術とラジオ波治療の二つの選択肢を示された。
「ラジオ波治療は大きながんには向かないが、小さければ効果が見込める」と説明を受けた。
ただ、肺がんでは歴史が浅く、効果と安全性を検証する「先進医療」という位置づけで、約15万円の治療費は自己負担になる。

 男性は前年、左肺を半分切っているので、さらに手術となれば、肺は右だけになり、呼吸機能の大幅な低下が予想された。「肺の機能をなるべく維持したい」とラジオ波治療を選んだ。
手術後の傷の痛みを避けたいという思いもあった。
 

肺がんに電極針を刺して行うラジオ波治療 (岡山大病院で) 
ラジオ波治療は、CT(コンピューター断層撮影法)の画像で位置を確認し、体の外から、がんに電極針を刺しラジオ波を流す。男性の治療は1時間ほどで終了し、2日後に退院した。

 退院直後、熱が38度に上がり、たんに黒っぽい血が混じったが、2日後には熱が下がり、血の混じったたんも出なくなった。3か月後の検査で、がんの場所が空洞化したことが確認され、その後、再発もない。

 同病院では2001年から始め、これまでに約450人に行った。
同大放射線科教授の金沢右さんによると、3センチ以下の転移のない肺がんなら、5年生存率は約70%で手術に近い効果が出ている。しかし、3センチ以上だと2年生存率でも50%程度に落ち込む。

 この治療に適した患者として
〈1〉がんの大きさが2センチ以下
〈2〉心臓や太い血管に接していない
〈3〉大腸がんなどの転移の場合は3個まで
 ――などを挙げる。

 副作用としては、針を刺した穴から肺の空気が漏れる気胸が約4割に起こるが、多くは自然にふさがる。治療直後に熱が出たり、焦げた血がたんに混ざったりすることもある。肺炎が起きることもある。

 金沢さんは「体力的に手術が無理な場合、がんの位置などによって放射線治療がやりにくい場合などでラジオ波治療が選択肢になる。再発しても繰り返し治療しやすい利点もある」と。

(読売・医療大全記事より)

◆医療機関案内
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 2

koko

こちらのサイトで紹介された、シモンチーニ ガン センターの海外の治療に行ってきました。
日本のセンターは、なにか、いろいろ迫害に会い、開設がおくれているそうで、待っていたのですが、僕にはがんの進行と戦わなくてはならなかったので、海外での治療を行いました。シモンチーニ先生と連絡を取るまでにも、とても時間がかかって大変でしたが、ボランテイアの方々の協力を頂き、無事、治療をしてきました。膵臓がんだったのですが、きれいに腫瘍は消えてくれました。
2ヶ月間入院していましたが、最初のころは、全く、効果が無く、『やっぱり、駄目だったんだ。』とがっかりしましたが、1週ごとにチェックに来てくれるシモンチーニ先生の、『大丈夫。光太郎。大丈夫だよ。』という言葉に励まされ、4週目で、始めてシモンチーニ先生が、『光太郎、シュリンク(縮んだよ。)!』と言って二カッと白い歯を見せて笑顔を見せてくれたときは、涙が出ました。その後は、あれよあれよという間にがんが消えていくような状態でした。
僕の場合、抗癌剤治療を日本で勧められたのですが、膵臓がんは、5年生存率が僅かであり、僕の場合は、特に難しいといわれていたので拒否しました。

どうせ、死ぬなら、苦しまないで死にたい。というのが、本音でした。そんな時、こちらのブログで、シモンチーニ先生を知りました。

知らなければ、僕は、今頃、どうなっていたのか?と思うと、人間の縁の不思議さを感じます。インターネットのない時代でしたら、僕は、死ぬのを待つ状態だったと思います。

現在、無事に帰国しましたが、一言、いちい様には、お礼を申し上げたく、コメントさせて頂きました。

僕の膵臓がんは、日本では、既に、回復困難な状態でしたので、遺書を書いていたくらいでした。

シモンチーニ先生がいうには、1年間くらいは、定期的に、重炭酸ナトリウムの点滴を続けたほうが良いそうで、
それは、日本の病院で行う事になりました。

本当に、ありがとうございました。

心から、お礼申し上げます。
by koko (2010-08-24 19:23) 

はこちゃん

良かったですね!
お大事になさってください。
私の父は食道がんで亡くなりましたので、少しでも救われる人が出れば良いと思っています。私は何もしていません。神様が導いてくださったのだと思います。

 いちい記
by はこちゃん (2010-08-25 22:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0